黒い乙女」タグアーカイブ

【黒い乙女 A】


黒い乙女A [DVD]

身寄りのない芽衣(浅川梨奈)は、裕福な宇田夫妻(和田聰宏、三津谷葉子)の養子になったが裏切りに遭い、同じく養子のラナ(北香那)と一緒に夫妻を殺してしまう。

ところが一連の出来事は、ラナが仕組んだわなだった。

とらわれの身となった芽衣に、仮面をかぶった少女の亡霊やゾンビなどさまざまな恐怖が襲い掛かる。

シネマトゥデイより。

タイトルからお察しいただける通り、

【黒い乙女 Q】の答え合わせ

です。

そのため、今回は前作のネタバレが含まれています。

それにしても、短期間の上映だったので、後編の公開に合わせて、前編を出したのかと思っていたら、もう後編がリリース。

これなら、上映時に物販で販売しても良かったんじゃというスケジュールです。

ストーリーは前作の答え合わせと、前作のラスト以降の部分が描かれています。

答え合わせの部分は、前作が芽衣の視点だったのに対し、ラナや宇田夫妻の視点。

前作のクライマックスで黒幕だと判明するラナも、酷い人生を歩んできたことが描かれます。

施設から引き取られたと思ったら、引き取ったのがエロ親父で、抵抗したら蔵に閉じ込められたリ。

閉じ込められた蔵で巻物を見つけ、『お多福さま』の力に目覚めます。

そして、エロ親父の遺産を手に入れ、後の宇田夫妻となるふたりを手下に。

前作の宇田夫妻があまりにもわざとらしい言動だったのは、ラナに命じられて、演技をしていたためだったわけですね。

まあ、松葉杖が壊された時の壊れたレコーダー振りや、ラナが宇田夫妻の企みを芽衣に聞かせるシーンなんて、どう考えてもラナと宇田夫妻がグルにしか見えないんですけどね。

特に企みを聞かせるシーンなんて、なんで扉開けてる状態で、ふたりが来たタイミングで話を始めるんだよと。

しかも、どう考えても見えるだろうに。

もし、これが宇田夫妻だけの企みだったら、さすがにポンコツ過ぎて、元々事業に成功なんて出来ません。

まあ、事業なんて嘘なんですけどね。

一方、芽衣は芽衣で、本作のオープニングで、とんでもない過去が明かされます。

というか、前作のラストでラナが黒幕だと判明して終わるんですが、芽衣の描写があまりにも普通過ぎて違和感を感じます。

施設のシスターの評価として、芽衣は壊れているようなことを言っているのですが、ちょっと変わってはいるけど、普通の子なんですよね。

ラナが黒幕だったことで騙されたって思った人たちは、本作で再び騙されると思います。

もっとも、クライマックスの決着方法があまりにも陳腐なので、その直前に起きるスケールの大きな出来事とのギャップに戸惑うかもしれませんが。

前作のレビューでも触れませんでしたが、宇田夫妻とグルなのは他にもいて、昔懐かしの引越しおばさんみたいな人が地味に印象的。

ある役割のために雇われているんですが、役割と関係ないシーンにも出てくる等、行動が意味不明過ぎて、結局あの人はなんなんだろうとなりました。、

主演の浅川梨奈は元SUPER☆GiRLSで、グラビアアイドルですが、結構映画にも出ている女優だし、北香那も事務所との契約が解消したものの、女優活動を続けるなら期待したい印象。

北香那の方は、ちょっと越えや喋り方が吉高由里子みたいなので、好みが分かれるかもしれませんが。

浅川梨奈にいたっては、ホラーやったり、コメディやったり、そのキャラクターも多種多様で、演技の幅が広い様子。

【血まみれ助版チェーンソーRED】で、一瞬ですが乳首を出してて驚きました。

ちゃんと調べたら、ふたりとも20歳越えてて、女子高生役だったんですね。

作品として、【黒い乙女 Q】、【黒い乙女 A】と2本見ないといけないという問題はありますが、そんなに悪い作品ではないと思います。

逆に言えば、【黒い乙女 Q】を見て、面白いと思ったら、【黒い乙女 A】を見ればいいので。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(キャスト調べてたら、笹野鈴々音の名前があったけど、お多福さまだったのかな。可愛いのにホラーの印象が強い。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
黒い乙女 Q&A
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


黒い乙女A [DVD]

【黒い乙女 Q】


黒い乙女Q [DVD]

養護施設で暮らす身寄りのいない芽衣(浅川梨奈)は、裕福で優しい宇田夫婦(和田聰宏、三津谷葉子)に引き取られる。

芽衣は同じ年齢の養女ラナ(北香那)と親しくなるが、宇田家の家業が失敗し、芽衣かラナが養護施設に戻らなければならなくなる。

シネマトゥデイより。

後編の【黒い乙女 A】と対になっているハイパーリバーサルホラーの前編。

予告や前情報ですべてがひっくり返るという振りはやめた方がいいという典型的な作品でした。

ストーリーは、施設で暮らしていた芽衣を宇田夫婦が引き取り、足が悪いらしいラナと4人での生活を始めます。

好みや誕生日が同じだったことから芽衣とラナですが、宇田の事業が失敗したことでひとりは施設に戻るハメに。

すると、車に傷がつけられたり、ラナの松葉杖が折られたりと不審な出来事が起こり始め、登校中の芽衣が車道に突き飛ばされるまでに。

お互いを疑う芽衣とラナでしたが、宇田の企みを知り、夫婦を殺すことを計画するという展開。

宇田夫婦、特に言動があまりにもうさんくさいというか、芝居がかっている上、すごくわざとらしく、もう裏があるのは初めからわかるんですけどね。

むしろ、B級映画っぽいから下手くそな俳優なのかと思うレベルなんですが、和田聰宏、三津谷葉子ともにベテランです。

どう考えても、わざとそういう雰囲気出してるんだろうなと思ってしまうんですよね。

他にも、あんまりにもポンコツなシーンが多く、不自然過ぎるため、困惑してしまいます。

もっとも、それらが

あえてそういう演出になっている

というのが面白い。

問題は本作品だけ見て、出演俳優を知らなかったり、真相を理解する前だと、ただのダメ映画と思われるリスクがついて回ること。

ただ、理解したと思った真相が真実とは限らないので、面白いと思ったら、答え合わせになっている【黒い乙女 A】を見て欲しい。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(ゴミ映画の皮を被った良作。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
黒い乙女 Q&A
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


黒い乙女Q [DVD]