死霊館」タグアーカイブ

【死霊館のシスター】


死霊館のシスター ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

1952年、ルーマニアの修道院で一人のシスターが不審な死を遂げる。

教会は、この事件の調査のためにバーク神父(デミアン・ビチル)と見習いシスターのアイリーン(タイッサ・ファーミガ)を修道院に派遣する。

二人は調査を進めていくうちに、修道院の恐るべき秘密にたどり着く。

シネマトゥデイより。

【死霊館】サーガのスピンオフで、【死霊館 エンフィールド事件】の前日譚にあたり、悪魔の尼僧『ヴァラク』について描かれています。

【死霊館】サーガの始まりを描いたと言われてますが、このシリーズ、どんどん遡っていくので、初期と言った方がいいのかもしれません。

実際、時系列的には【アナベル 死霊人形の誕生】で人形が作られる方が古いようですし。

修道院で起きた変死事件の調査に訪れた神父と、同行を命じられたシスター見習いが現地を訪れるんですが、明らかに様子がおかしい環境。

配達のために訪れるフレンチ以外は修道院と接点がなく、フレンチが配達に来なければ入口に吊り下げられていたシスターの変死体も見つからなかったかもしれないくらい。

一見、墓地に見える周囲に立てられている十字架も、まるで修道院を封じているかのように見え、違和感だらけ。

フレンチと別れたバークとアイリーンは、それぞれで修道院を調べることになるんですが、その土地にまつわる真実を知ることになるという展開。

修道院とはいえ、シスターになってすらいない

見習いをひとりで様子がおかしく、自分の目の届かない場所を調べさせる神父

の人でなし振りがすごい。

そんなことをしているので、自分も酷い目にあうんだと思います。

とはいえ、痛さを売りにした作品ではなく、今回はアナベルの話ではないので、さほどビックリ系の演出もなし。

どちらかというと、ゴシック系のオカルトホラー色が強い作品に仕上がっています。

いままでの【死霊館】サーガとも雰囲気が違うため、一連のシリーズが好みの人には合わないかもしれません。

逆に昨今主流のスプラッターや、ビックリ演出が好きではないけど、ゴシックホラーが好きという人にはおすすめ。

グロ表現がまったくないわけではないので、注意が必要ですが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(【ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館】とか好きならおすすめだけど、好みが本当に分かれる作品)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


死霊館のシスター ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

【死霊館 エンフィールド事件】

ロンドン北部に位置するエンフィールドで、4人の子供とシングルマザーの家族は、正体不明の音やひとりでに動く家具が襲ってくるなど説明のつかない数々の現象に悩まされていた。

助けを求められた心霊研究家のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)は、一家を苦しめる恐怖の元凶を探るため彼らの家に向かう。

幾多の事件を解決に導いた夫妻ですら、その家の邪悪な闇に危機感を抱き……。

シネマトゥデイより。

ゾンビ作品が流行っている中、オカルトホラーで人気を得ている【死霊館】の続編。スピンオフの【アナベル 死霊館の人形】を合わせると3作目です。

シングルマザーのペギーと、4人の子供たちは、新しい生活を始めるため、ある家へと越してきます。

養育費も滞り、公共の援助も受けられず、経済的に困窮はしていたが、なんとか暮らしていこうとしたところ、おかしなことが起こり始める。

はじめは娘のイタズラや、気のせいだと思ったものの、家具が動く等ありえないことを目の当たりにして、近隣の家族や警察に助けを求めることに。

懐疑的な警察も、自分たちの目の前で家具が動くのを見て、自分たちの管轄外だと及び腰。

心霊研究家のウォーレン夫妻に助けを求めるんですが、夫妻の話はインチキという風潮に辟易とさせられている状況で、教会の力を借りるのが難しくなっています。

それでも困っているなら助けようと、ペギー一家の言っていることが真実なのか、援助をもらうための嘘なのかを調査することに。

もっとも、嘘だとしたら警官ふたりの前で起きているわけで、すごいスキルですけどね。

ストーリーのメインはウォーレン夫妻による調査ということになるんですが、作品的にはペギーの娘ジャネットの周囲で起こる現象がメイン。

日本だとオカルトでエクソシストものというと、悪魔や霊と戦って倒すイメージが強いですが、洋画の場合は調査がメインなパターンが多いと思います。

そのため、洋画ホラーにありがちな化け物が出てきて、人を殺しまくるということもなく、主人公たちが強力な武器や能力で戦うということもありません。

一応、妻のロレイン・ウォーレンは霊能力を持ってはいますが、戦うような能力ではないので。

当然ながら激しい惨殺シーンもないんですが、そこは精神的な怖さに定評のあるジェームズ・ワン。見事にゾッとさせられます。

最近のホラーの怖さに慣れてしまっている人たちには共感しづらいかもしれませんが、

古典的なオカルト的手法に現在の技術が加わった

と言ってもいいレベルです。

特に音響効果の使い方が上手いので、油断しているとビクッとさせられたりします。

推理もののように謎解きやミスリード、どんでん返しのような要素もあるので、淡々とした展開のせいでダレるということも少ないんじゃないかと。

ただ、本当に楽しむなら、【死霊館】、【アナベル 死霊館の人形】を観てからの方がより楽しめるでしょう。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(今回もアナベル人形はカメオのように出演しています。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


死霊館 エンフィールド事件 ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

【アナベル 死霊館の人形】

出産が近いミア(アナベル・ウォーリス)は、真っ白なウエディングドレスを着た美しいビンテージ人形を夫ジョン(ウォード・ホートン)からプレゼントされる。

ある夜、二人はカルト集団の男女の襲撃を受け辛くも命は取り留めるが、人形に恐ろしい呪いがかけられてしまう。

やがて、待望の子供が生まれ二人は新生活をスタートさせるが、人形をめぐり次々と不可解な現象が起こり……。

シネマトゥデイより。

【死霊館】に登場する『アナベルの人形』について描く前日譚。

【死霊館】では重要なアイテムでありながら、特に直接は何もしていない人形なんですが、何故この人形に悪霊が憑いているのかという話。

人形が好きな妊婦ミアに夫がプレゼントとして送ったのが例の人形。

【チャイルド・プレイ】の『グッド・ガイ人形』もそうですが、なんでこうアメリカの人形って可愛くないんですかね。

別に日本のアニメっぽい人形が絶対に良いとも言いませんが、リアルだからといって頬がこけてたり、そばかすだらけにしなくてもいいんじゃないかと思います。

結局のところ、この

人形の外見が怖いかどうか

というだけの話になっちゃってるんですけどね。

一応、人形には恋人と一緒に両親を殺したカルト信者のアナベルの霊が憑いてはいます。

両親殺害後、隣家のミアにも襲いかかってきたアナベルですが、何故かミアがもらった人形を手に自殺。アナベルの血が人形に流れ込んだことで憑りついたらしい。

その後、捨てたはずの人形が引っ越した先で荷物を開けていたら出てきたり、子供たちが描いたような絵の通りにベビーカーがはねられたりと、おかしなことが起こります。

書店のおせっかいなおばさんエブリンや、ペレズ神父の協力を得ながらなんとか赤ん坊のリアを守ろうとするという展開。

ちょくちょく怖がらせようとしているシーンはあるんですが、ためて、ためて、ガツンではなく、コツンみたいな感じなので、あんまり怖くないんですよね。

予告編でも流れている女の子が家の中にいて、一瞬扉が閉まりかけた後にアナベルになって飛び込んでくるシーンとか、ホラーが苦手な友人ですら必死過ぎると笑ってました。

ただ、ミアが人形をボコボコにして放り捨てたら……というシーンはちょっと怖かったです。

最初から最後まで、どちらかというとアジアのB級ホラーにありがちな感じなので、アジアホラーが好きな人にはいいかもしれません。

個人的には2015年に予定されている【インシディアス3】と、2016年予定の【死霊館2】の期待度が1ランク下がった感が否めませんけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(主人公のミアの役者の名前がアナベルでちょっと笑う。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


アナベル 死霊館の人形 ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

【死霊館】

1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。

しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)に解決してほしいと依頼する。

夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。

シネマトゥデイより。

世間的には【SAW】シリーズで知られているジェームズ・ワン監督作品。このジェームズ・ワン、【インシディアス】や、あまり知られていない良作【デッド・サイレンス】のようなホラーも撮っています。

【SAW】シリーズでは毎回衝撃的な展開や、グロい映像で観客や視聴者を驚かせてくれましたが、ホラーはまた一味違う印象。

欧米のホラー映画は精神的な恐怖より、スプラッターな映像や、お化け屋敷的な音と映像でビックリさせる手法が多数派。

ホラーハウスものについては、どっちかというと何も出てこないで、現象だけという作品も少なくありません。

しかし、この作品の場合、手法はビックリ系の手法も使われてますが、どちらかというと日本のような精神的に追いつめられていく展開です。

実際、観ていて欧米のホラー映画より、

日本のホラー映画に近い印象

を受けました。

登場人物の超常現象研究家のウォーレン夫婦は実在の人物で、アメリカでは超有名。お祓いが出来る稲川淳二をイメージするとわかりやすいかもしれません。わかりやすい例として挙げただけで、稲川淳二のような怪談士ではないですけどね。

すっかり忘れてしまいましたが、最近、別の作品でも彼らをモデルにしたホラー作品を観た気がします。

この作品も実話を基にしているんですが、いつも通り、そういう宣伝だろうと事実を疑う人たちのために、実際に恐怖体験をしたペロン一家を予告編に登場させるという演出までしています。

さすがワーナーはやることが違います。もっとも、その人たちが実際に恐怖体験をしたという証拠があるわけではないので、疑ってたらきりがないんですけどね。

ただ、ジャケットイメージを見る限りでは、人形メインのドールホラーか、少女の霊がどうこうといった作品に見えますが、まったくそんなことはないので注意が必要です。

ちなみにジャケットにも出ていて、作品中でも不気味なアナベル人形。事実ではあんな不気味な人形ではなく、本物はもっとファンシーなぬいぐるみです。そこは完全に演出のようですね。

もっとも、ホラー映画にそぐわないレベルのファンシーさなので、仕方がないと思います。

それにしても、こういう『事故物件』を購入してしまったけど、お金がなくて出ていくに出ていけないとか、現実にありそうで嫌ですよね。

庶民が家を買って、それを売れないのにまたすぐ引越なんて事になったら、霊よりも前に経済的にやられてしまって、お父さん【シャイニング】みたいに荒れ狂いそうでたまりません。

いろんな意味で怖い【死霊館】。なかなかおすすめなので、ぜひどうぞ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(例の木が【フッテージ】の木に見えて仕方ありません。)