人狼ゲーム」タグアーカイブ

【人狼ゲーム マッドランド】

気を失った小池萌(浅川梨奈)は、9人の高校生たちと一緒にバンに乗せられ、ある場所に連れて行かれる。

そして、殺し合いの勝者に1億円が与えられる「人狼ゲーム」が始まる。

参加者は、村人が用心棒と予言者の2人、人狼が1人に、狂人が7人という“狂人村”。

狂人の生存条件は人狼の勝利で、村人が生き残るには多数決の投票だけが頼りだった。

シネマトゥデイより。

【人狼ゲーム】の第6作。いつも通り、目が覚めたら謎の施設で強制的にリアルで人狼ゲームをさせられます。

ただ、基本的な役職は出そろっているため、条件を変更する形で新鮮さを演出。

厳密にはハンターの特性がリアルには向いてないので、まだ登場してなかったり、役職には同じ特性の別名があったりするので、まだまだ続くかも。

サービス終了してしまいましたが、【人狼オンライン】のように善人と悪人のようなグループに分かれての戦いや、【人狼パーティー】のように役職が増えていく可能性もありますし。

そんなわけで今回は、【マッドランド】とある通り、狂人村という設定。

9人中、人狼がひとりというのは優しいですが、まともな村人が用心棒と予言者のみ。あとは

全員狂人

です。これにより通常のゲームとは展開が激変。通常は投票で人狼を吊るせばゲーム終了ですが、狂人の勝利条件は人狼の勝利なので、吊るすわけにはいきません。

そのため、通常では正体を隠す人狼が名乗り出ての王様ゲーム化。逆にまともな村人が正体を隠す必要が出てきます。

そうなると、村人2人殺せば人狼が勝つから狂人は楽に見えますが、もうひとつの勝利条件がネックになるんですよね。

狂人の勝利条件は人狼の勝利ですが、人狼の勝利条件は人狼と村人が同数になること。

狂人はあくまでも狂っているだけの人なので、結局生き残れるのはひとりだけ。

そのルールがある以上、狂人同士が完全に結託することがないのがこの映画のネックになっている気がします。

本作を見てもらえればわかりますが、見ている人には

村人が誰なのか見ている人間には序盤で明かされてしまう

ため、そこからはグダグダ。

特にある人物が初日で選択肢をほぼ無くしてしまうというやらかし展開なのがいただけない。

エンドロールまで誰がどの役職だったか考えるのが楽しい映画なのに、推理小説読み始めたら第2章の始めで犯人明かされるようなものです。

設定的には面白いので、シリーズを見続けている人は見てもいいと思いますが、シリーズが気になるからとこの作品から見るのはやめた方がいいでしょうね。

オススメ度(10段階)……★★★★
(どちらかというと、役職が狂人というより、参加者自身の言動が狂ってる)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


人狼ゲーム マッドランド [DVD]

【人狼ゲーム ラヴァーズ】

高野蘭子(古畑星夏)は家族を借金から解放するため、もう一回だけ命懸けの人狼ゲームに参加することを決意する。

一方、吉原虎之介(池田純矢)や海老原一香(佐生雪)をはじめとする参加者たちも一様に、殺りくゲームでサバイバルしてきたつわものたちだった。

そして今回は新たに“キューピッド”と“恋人”のルールが設けられ、現場はカオスと化す。

シネマトゥデイより。

リアルでの人狼ゲームを強制されるシリーズ第5作。

今回は通常のゲームでは聞いたことのないキューピッドと恋人が追加され、かなりカオスな状況に。

キューピッドが指名したふたりは本来の役職の他に恋人という役職を得ます。

恋人になることにはメリットがなく、逆にパートナーが死んだら自分も死ぬというデメリットのみ。

その上、キューピッドと恋人の勝利条件は、人狼、または村人が勝利条件を満たした段階で恋人が生き残ってることという難度が高い条件。

ちなみにキューピッドが指名する段階では、そのふたりが人狼か村人かもわかりません。

とんでもなく不利な第3勢力です。

しかも、途中で判明するんですが、今回の参加者は2度目の参加者ばかりなので、だからこそ成り立つ追加役職のような気もします。

また、元運営側というか、ゲームを見て賭けてた側の人物も参加していて、一部の参加者がなぜ参加させられているのかが語られていました。

そういった背景的な部分の面白さはあるんですが、ゲームの進行はいまいち。

ひとり、意識高い系バカみたいなのがひっかき回すんですが、それに駆け引き的な意味がなかったり。

というか、村人陣営が無能過ぎて、終始人狼とキューピッド陣営にご都合な展開に。

映画なのでしょうがないとはいえ、ご都合感はんぱないです。

特に恋人が生き残らないとストーリーが終わってしまうのが酷い制約に。

キューピッドは村人にカウントされるため、恋人が村人同士で狼を全滅させるか、人狼同志で村人ひとりとキューピッドだけにするか、村人と人狼のカップルで人狼ひとりとキューピッドだけにするしかありません。

キューピッドが死んでも恋人は勝てるので、キューピッドを切り捨てれば、代わりに村人でもいいんですけどね。

逆に恋人が死ぬとキューピッドは勝利条件を満たせないので、ただの生殺し。

そんな制約を受けてしまうため、

恋人が指定された段階で展開がかなり限定されてしまう

んですよね。

そのせいもあってか、本作は展開を楽しむというより、人狼ゲームの参加者はどうやって集められているかや、賭けはどうやって行われているのかの説明に重点が置かれている印象。

珍しく登場人物のゲームに関係ない部分の掘り下げや、人間関係も描かれてましたし。

そういった意味では駆け引きは少ないですが、シリーズを見るなら押さえておきたい作品。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(地味ですが、シリーズでは演技がうまい印象を受けました。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


人狼ゲーム ラヴァーズ [DVD]

【人狼ゲーム プリズン・ブレイク】

何者かに拉致された乾朱莉(小島梨里杏)は、拉致・監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生還すれば1億円がもらえる人狼ゲームに、強制的に参加させられる。

生き残るためには殺し合うしかないのかと、誰もが疑問を抱きながらも究極の探り合いが展開。

そんな中、朱莉は死のゲームからの脱出を考え続け……。

シネマトゥデイより。

謎の施設でリアルに人狼ゲームをさせられるシリーズ第4作。

タイトルからわかる通り、ゲームを行っている施設から逃げようとする展開。

こういう

サバイバルゲームものとしては、根幹から覆す

展開です。

もっとも主催者側も脱走防止策として、処刑用の首輪をつけさせているし、監視カメラも設置しているので簡単には逃げられません。

ただ、ゲームと同時進行な上、12人の参加者のうちの3人が人狼なので、投票で運よく人狼を吊れないとタイムリミットまですぐです。

そんな状況の中で脱出を試みるのは主人公の朱莉と、幼稚園から小学3年まで一緒だったいじめられっ子の相馬。

脱出方法がなかなかザルなのが笑えます。なにしろ、監視カメラに見つからないようにワイヤーを切るだけですから。

逆にゲームの方は思った以上に難解で、誰がどの役職なのか最後の方までわかりませんでした。

一部、状況を考えるとあやしい人物も出てきますが、確信はできません。

こういう作品では意外と少ない気がしますが、男女に分かれて派閥争いという状況も投票や役職の推測にも影響を与えています。

最後の人狼をあぶりだす流れもそう来るのかと思わされ、結構楽しめるんじゃないかと。

また、シリーズ中、招待された人間がこのゲームで賭けをしていること、賞金は実際に支払われることが参加者のひとりによって言及された作品でもあります。

でも、シリーズの他の作品を見ても、賞金が支払われるようには見えないんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(高校生たちの駆け引きものとしてはリアルでいいんじゃないかと。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


人狼ゲーム プリズン・ブレイク [DVD]

【人狼ゲーム クレイジーフォックス】

生死を懸けた「人狼ゲーム」に否応なく参加することになったわたし(高月彩良)は、狐のカードを引き当てる。

その札はゲーム終了の時点で生き残るか、人狼と村人が同じ人数になった時点で彼女の勝利となるものだった。

逆に狐は、予言者の占いの対象になると死亡するという。

そんな状況の中、彼女はある少年(柾木玲弥)に好意を抱く。

シネマトゥデイより。

【人狼ゲーム】シリーズ3作目。なんだかんだで地味に面白いシリーズになってます。

今回は再びルール変更があり、『共有者』がなくなり、『霊媒師』と『予言者』、タイトルにもなっている『狐』が加わりました。

相変わらず、目が覚めたら謎の施設でゲームスタート。オープニングから多喜川陽介にひとめ惚れする森井あやか。

ひよこのインプリンティング並の刷り込みです。

普通なら恋愛展開になるところですが、森井あやかが『狐』なため、どうがんばったところで負けて死ぬか、ひとりで生き残るしかないんですよね。

そうなると、当然『狐』のあやかはひとめ惚れした多喜川を生き残らせるために画策。

見ていて共感できないので気持ちが悪いです。

実際、ゲームに参加させられるのが2度目のプレイヤーも多く、個性派が多いにもかかわらず、その中でも異彩を放っています。

なにしろ、同じように拉致られた同級生はともかく、以前に同じゲームを生き残った橘有希にすら何を考えてるかわからないと言われる始末。

あやかと有希のように2度目のプレイヤーが半数近くいるんですが、相手がどの役割なのかわからないので、前のゲームを一緒に生き残ったという事実が結構な影響を与えます。

その心情を利用するという初回にはない駆け引きとか、なかなか面白いです。

もっともこの作品の場合、

『狐』が頭の回るメンヘラ

というやっかいな存在なため、ゲームの難度を跳ね上げてるんですけどね。

正直、この『狐』ひとりに引っ掻き回されてる感も否めないし。

ちなみに作品中で役割がわからない人物の正体がエンドロールでわかるんですが、おまえだったのかよとなるくらいにカオスなので、普段こういう作品で犯人を見つける人でも全員当てるのは難しいかも。

シリーズ通してやってることは一緒なんですが、これが意外と飽きない不思議。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(個性派俳優集め過ぎ。)

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


人狼ゲーム クレイジーフォックス [DVD]

【人狼ゲーム ビーストサイド】

横山由佳(土屋太鳳)は、総勢10名の拉致された高校生たちが競い合う人狼ゲームで人狼のカードを与えられる。

彼女に課せられた使命は、気付かれることなくほかの村人役の男女の命を一人ずつ奪っていくことだった。

狂気の沙汰としか思えない状況下で、由佳は内心で笑いながら自分の役柄を全うする。

シネマトゥデイより。

一応、前作【人狼ゲーム】とは別施設で行われていますが、主催者は同一らしいゲームを描いた作品。

前作では人狼が誰だかわからないまま、ゲームが進んでいくというサバイバルサスペンスでしたが、本作は人狼側に焦点を当てて描いたスリラーになっています。

そのため、人狼が誰なのかを推理しながら楽しむという見方は出来ません。

ただ、逆に人狼が誰なのかわかっているのに、意味不明な言動をとるプレイヤーがいるので、わけがわからなくなりますけどね。

今回からゲームの要素に、前回の途中から加わった占い師の他に、用心棒と共有者が加わっています。

占い師は1日に1回、対象のプレイヤーが人狼か村人かを占え、用心棒は自分以外の誰かひとりを人狼の襲撃から守ることが出来るというもの。

共有者はお互いが村人だとわかっている人たちです。

実際のゲームには、他にも妖狐や狂人等がいて、さらにゲームを難解にしているんですが、この映画の状況には向いていないので、あえて入れなかったんでしょうね。

とりあえず、前作の【人狼ゲーム】と本作【人狼ゲーム ビーストサイド】を見れば、ゲームの流れは理解出来ると思うので、オンラインでゲームをする前に見る入門としてはいいんじゃないでしょうか。

いわゆるアイドルホラーのようなイメージを受けた上での鑑賞になるので、意外と真面目な作りで驚くんですが、それでもB級の域を出ないでしょう。

というか、

土屋太鳳のロッケンローラー振りがすべてをぶち壊してくれます。

ラストも予想できるので、正直言って驚きはないですし、こんなものかなという印象。

【人狼ゲーム】と続けて観た方が楽しめると思います。。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(個人的には美海役の森川葵を推したいです。)

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


人狼ゲーム ビーストサイド プレミアム・エディション [DVD]