ハッピー・デス・デイ」タグアーカイブ

【ハッピー・デス・デイ 2U】


ハッピー・デス・デイ 2U ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

何者かに殺される誕生日を繰り返すタイムループから抜け出したツリー(ジェシカ・ロース)は、恋人のカーター(イズラエル・ブルサード)と楽しく過ごすつもりだった。

ところが彼のルームメイトのライアン(ファイ・ヴ)が殺人鬼に狙われるタイムループに陥り、理工学部で学ぶライアンたちが開発した量子冷却装置(SISSY)が原因だと判明する。

彼らは研究室に行き、そこで装置から放たれたビームをツリーが浴びてしまう。

シネマトゥデイより。

殺される度にループを繰り返すサスペンスホラーの続編。

今回はややネタバレあります。

前作で毎朝ツリーをお持ち帰りして、自分のベッドを奪われたライアンが主役と思わせるオープニング。

普通の作品なら上映時期に合わせて1年とか経過してるものですが、なんと翌日。

ループのことを知らないライアンは殺されては目が覚める状況に戸惑うハメに。

カーターとツリーに相談するんですが、ツリーの時と違って、経験済みのツリーは協力的です。

しかし、前作のベイビーフェイスをつけた犯人は捕まっているし、動機を考えると、ライアンを殺す意味がわかりません。

また、その話の過程で、ループが起こった原因が、どうやらライアンたちの実験にあるらしいことに気づきます。

なんとかライアンを守り、ベイビーフェイスを捕らえた3人は、ライアンたちの研究室でマスクを剥がすんですが、その正体はあまりにも予想外の人物でした。

その人物の目的もループを閉じることでしたが、導き出した方法がライアンを殺すことだったらしい。

死にたくないライアンがマシンを起動すると、その場にいた人々を衝撃波で吹き飛ばします。

そして、ツリーが目覚めると、そこは抜け出したはずの昨日だった……という展開。

主人公変わったのかなと思わせておいて、やっぱりツリーが主人公っていうのは新鮮味があって面白い。

そこから先の展開も、前作の繰り返しと思わせておいて、実は状況が違うというのが良い。

いわゆるツリーが飛ばされた上にループしているのはパラレルワールドなんですが、

人間関係まで変わっています。

いるはずの場所にいない人物や、付きあっている相手が変わっていたり、前作の犯人が殺しに来ないとか。

過去にも【ひぐらしのなく頃に】とか、ループごとに人間関係がリセットされる作品がないわけじゃないですが、犯人がわかりづらくなって予想のしがいがありました。

しかも、タイムスリップものにありがちな選択を迫られる展開にもなっていて、その辺りもどちらを選ぶのかハラハラします。

他にも前作で起きた現象の理由が本作でわかったりするのも良かったですね。

一部、前作ではやってないんだから、それ起きないんじゃっていうのもありますが、そこはご愛嬌なんでしょう。

前作のようなサスペンス的な意外性は少ないですが、SFのような要素が加わり、飽きずに見れると思います。

ただ、ある人物がなぜあんなに必死だったのかだけは、ミスリード用みたいになっているので、理由付けみたいなものが欲しかったかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(前作のネタバレ前提なので、まず前作を見た方がいいです)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハッピー・デス・デイ 2U ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

【ハッピー・デス・デイ】


ハッピー・デス・デイ ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

毎晩飲んだくれながら、さまざまな男性と関係を持つ大学生のツリー(ジェシカ・ロース)は、誕生日を迎えた朝にカーター(イズラエル・ブルサード)のベッドで目を覚ますが、1日の出来事をすでに経験したような違和感を抱く。

そして1日が終わるとき、マスクをかぶった何者かに殺されてしまう。

しかし目を覚ますと、ツリーは再びカーターの部屋で誕生日の朝を迎えていた。

シネマトゥデイより。

ビッチな女子大生ツリーが誕生日に何度も殺されるという死のループもの。

ホラー映画やサスペンス映画って基本的に主人公が女性の場合、清楚だったり、正義感が強い女性だと思うんですよね。

この作品の場合、どちらかというと早めに殺されるタイプが主人公です。

友達の彼を奪ったり、大学の講師と不倫をしたりと割とメチャクチャな様子。

まあ、何度も殺されるくらいなので、早めに殺されるタイプの方が正しいのかもしれません。

個人的には突き抜けていて、ループ中の行動も面白いので好きですが。

パーティーに向かう途中で殺されて、わけがわからないまま、また殺されてはカーターの部屋で目覚めるの繰り返し。

この殺人鬼がマスクというか、お面をしてるんですが、そのデザインが本当にイラっとします。

ジャケットのベビーマスクなんですが、こんな腹立つ顔が大学のマスコットなんだそう。

こんなのに殺されるんだから本当にたまりません。

ちなみに死ぬ瞬間は基本的に映らないようになっているので、グロが苦手な人も安心して見れます。

自分以外はリセットされているため、何度も説明をするんですが、いきついたのは容疑者リストを作って調べるくらい。

ただ、その真犯人がわかるまで、何度も殺されなければいけない上、前述のような人生を送っているので恨まれまくり。

容疑者なんて絞り切れません。

それでも思いついた容疑者を調べるんですが、タイムリミットが1日らしく、何をしても殺されます。

途中からツリーも死ぬのに慣れてしまって、雑になったり、好き勝手するようになるんですけどね。

こうなるともう犯人って超人なんじゃないかと思ってしまいそうです。

見ている側としては、思わず、まさかループする度に違う奴が殺してるとかじゃないよなって疑ってしまいました。

ちょっと面白いと思ったのが殺されるリミット以外に、何度も死んでいるうちに身体が弱っていき、死んだままになるかもしれないという設定。

諦めかけた頃、突然ひょんな事から犯人に思い当たり、犯人と対峙することになるんですが、そこから先は予測不可能でした。

それおかしくないかという展開から、納得させられる真相で、よく出来てるなと。

続編込みで良い作品でした。

特典でアナザーエンディングが収録されているんですが、そちらのラストだったら評価されなかったと思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(先に続編を見るとネタバレ過ぎて、つまらなくなります)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハッピー・デス・デイ ブルーレイ+DVD [Blu-ray]