デッドライジング」タグアーカイブ

【屍病汚染 DEAD RISING】

全世界を恐怖に落とし込んだ、あの“ウィラメッテ事件”後、ゾンビ化=屍病汚染は世界各地へと飛び火した。

アウトブレイクが起こった地域に対し、各国政府は厳しい対応を実施。該当エリアの住民を隔離する策を取る。

閉じ込められた人々は、脱出を図ろうとする者、建物に閉じ籠もる者、いずれも自分の存在をかけて戦うことになる。

そう、ここ日本でも…

シンとジョージの兄弟は、不幸にも隔離された地域に取り残された住民であった。

物語は、二人がこの閉鎖されたエリアから脱出を試みるところから始まる。

限りなく不可能に近い脱出行。ゾンビがさまよう街から、二人が身を守る為に逃げ込んだのは、とある倉庫街だった…。

公式より。

ゾンビゲームの【デッドライジング2】の発売に合わせてプロモーションとして作られた動画。

8話構成として無料でWEB公開されてましたが、メディア版では追加映像があるようです。

監督はゲームの総合プロデューサーなんですが、本当に出来が悪い。これ、なんでこれ、メディア化したのかというレベル。

無料公開だけで良かったんじゃないかと思います。

そういうレベルの映画というか、動画なので、今回はネタバレ有りです。

展開を簡単に説明すると、車椅子の少年シンが主人公で、ゾンビウイルスのパンデミックが起きた地域に住んでいたため、隔離されてしまう。

シンは兄のジョージと脱出を図るんですが、失敗して近くの倉庫に隠れるんですが、そこはいわゆるDQNのアジトだった。

結局、ジョージは死んで、やってきた看護婦と一緒にDQNと戦うというもの。

ただ、文章で書くと主人公が可哀想な子に見えますが、実際はかなり不快な印象を受けるので、危ない目から助かっても良かったと感じないんですよね。

まあ、どちらにせよ、主人公も看護婦もゾンビに噛まれているので、いずれはゾンビになるんですが。

WEBで描かれたラストでは、ゾンビ化の進行を抑える薬『ゾンブレックス』を大量に見つけて笑顔で終わるんですが、1日に1本打たないといけないので、どう考えても長くない。

メディア版ではその後が描かれているんですが、そうなるだろうなっていうオチ。

しかも、シンは車椅子のはずなのに、なぜか立って歩くという意味の分からない演出まで。歩けたんだったら、いままでの話はなんだったのかという話だし。

無料の動画を見た人が金返せと言いたい

と書いてましたが、本当に良いところを見つけるのが難しい作品でした。

この作品を見ていたので、洋画で製作された【デッドライジング ウォッチタワー】も疑心暗鬼になり観るのを躊躇したんですが、そちらは面白かったです。

オススメ度(10段階)……★★
(やっぱり邦画はゾンビ映画に向かない気がします)

《関連リンク》
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


屍病汚染 DEAD RISING [DVD]

【デッドライジング ウォッチタワー】

ジャーナリスト、チェイス・カーター、彼の相棒の女性カメラマン、ジョーダンは、オレゴン州のゾンビパンデミックにより、政府機関、FEZA(ゾンビオーソリティ)によって、壁に囲まれたエリアの取材を試みる。

そこでは抗ゾンビウィルス薬<ゾンブレックス>によって、ゾンビウィルスの治療が試みられていたが、その薬の投薬は失敗、逆効果となってしまい,街中にゾンビウィルスが広がってしまった。

チェイス、ジョーダン、そして彼らとであった子供を探す母親のマギーそして謎の女性クリスタルは、政府がゾンビを消滅させるための空爆作戦の前に、この街からの脱出を図る。

公式より。

カプコンの人気ゾンビゲームの【デッドライジング】の実写映画化。

基本的にはゲームの【デッドライジング2】の世界観のようですが、主人公はゲームの1作目の主人公であるフランクと同様、ジャーナリストのチェイス・カーターに。

そのフランク自身もスタジオでインタビューを受けている形で登場しています。

ストーリーはゾンビが発生した世界で、ゾンビに噛まれても進行を抑制する薬『ゾンブレックス』を投与することで、隔離されつつも人間として生活をしている状況。

しかし、薬を投与しているにも関わらず、ゾンビ化する人間が発生してしまう。

そこからは一気に感染が広がり、ウイルスは空気感染するという情報を受け、隔離エリアは完全に封鎖。唯一の出入り口であるゲートでは、軍が近付く者たちを銃で退けていた。

チェイスは相棒のカメラマンとはぐれてしまい、隔離エリアにとり残されることに。

彼はなんとか外に出たジョーダンと連絡をとりながら、インタビューをしていた女性クリスタル、娘がゾンビ化してしまった母親マギーとともに、『ゾンブレックス』を探しつつ、隔離エリアからの脱出を目指すという展開。

なんとなくはゲームの雰囲気はつかめると思うし、ゾンビ映画としてはそれなりのクオリティだと思います。

パンデミック以降、隔離エリア内が無法地帯になり、バイオレンスな奴らが出てくる辺りも、いかにも【デッドライジング】らしいと思うんですよね。

ただ、【デッドライジング】のサイコパス化した人たちの正体が、元々サイコパスなのではなく、どちらかというと善人で、状況のせいで

サイコパス化してしまったというのがない

のが残念。

ゲームの方だとピエロとか帰還兵とかかなり悲しいエピソードなんですが、この作品ではピエロがゾンビとして出てくるぐらいの扱いになっています。

二転三転する陰謀の真相のおかげで飽きにくい展開になってはいるので、以前に作られた邦画というか、動画に比べたら全然楽しめるし、ゲームをプレイするきっかけになると思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(バトルが面白ければ、もっとおすすめ出来たと思う作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


デッドライジング ウォッチタワー [Blu-ray]