ゲームが原作の映画」タグアーカイブ

【劇場版 零~ゼロ~】

アヤ(中条あやみ)は山間部の町にある、ミッション系女子高校の学生寮で生活していた。

ある日、彼女はまるで自分の死を予告するような鮮やかなビジョンを見て以来、部屋に引きこもるようになる。

それと同時にあちこちで少女の幽霊が現れるようになり、目撃者たちが次々と姿を消す中、寮住まいのミチ(森川葵)も、自分の目前で親友を見失い……。

シネマトゥデイより。

ホラーアクションアドベンチャーゲーム【零】の世界観を映画化。

実際には大塚英志がノベライズした作品の映画化のようなので、大元であるゲームのファンには微妙かも。

特に個人的な印象ですが、大塚英志の作品は、自分のものにしろ、原作にしろ、話自体は面白いんですが、広げた風呂敷が回収されないまま、作品自体が終わってしまうという印象。

終わらないにしても、どうなったのかわからないとか。必ずしも作品が未完なのは、大塚英志のせいではないんですけどね。

そして、いわゆるスターシステムが好きなのか、他の作品のキャラクターが出てくるのもファン以外には微妙なんじゃないかなと思います。

さて、そんな【零】の映画ですが、全然ゲームとは似ても似つかない内容。なんとなく世界観として共有していて、サイドストーリーのような展開。

学園のアイドルのようなアヤという生徒が引きこもり、それ以来、アヤそっくりの少女の幻覚を見る生徒たちが現われ始める。

やがて、その生徒たちが忽然と姿を消すという状況に陥るんですが、どうやらそれには学園に伝わる恋のおまじないが関連している様子。

真夜中の0時、今日でも明日でもない時間に、好きな相手の写真にキスをすると思いが叶うというものなんですが、過去には悲しい出来事もあったらしい。

昔は現代と違って、同性同士の恋愛は認められておらず、この学校でも親に無理やり引き離されることは普通にあったんだとか。

その中の一組の片方が死にきれず、もう片方の霊に悩まされたという噂まであった様子。

姿を消した同級生たちは死体となって現われるんですが、ひとりだけ死なずに発見されます。

発見した男女は、【零】シリーズのファンには意味がわからないでしょうが、大塚英志原作のコミック【黒鷺死体宅配便】の唐津と槙野です。

大塚ファンならニヤリとするところでしょうが、【零】ファンだと何で自分の作品のキャラ出したと疑問に思うところです。

唐津のイタコの能力で、消えた少女たちがどうなっているのかを聞き、話が進むことにはなるんですが、そうじゃない感が強いんですよね。

ゲーム中で武器となる『射影機』も中越典子が演じている濃いキャラクター『メリーさん』の息子が使っていて、単なる霊が映るカメラとして登場するだけ。

まあ、あってもなくてもいい雰囲気作りな感じですね。

そんなわけで雰囲気自体はなんとなく怖い感じではあるし、アヤそっくりの幽霊はどこか不安な気持ちになるので、それなりにホラー映画らしくはなってます。

うさん臭い人物や、明らかに過去にあった何かを知っている人物、ラストまでわからない真相等、ジャパニーズホラーとしては良作だと思います。

ただ、それ以上に

百合百合しい雰囲気が圧倒

しているため、怖さよりもそちらの方が印象強く残るのが残念です。

【リング】みたいに時間になるとショッキングなものを見て死ぬというわけではないし、ゴアムービーでもないので、ホラー系少女マンガくらいの怖さなら大丈夫という人たちでも安心して見れると思います。

実際、ジャンルとしてはホラーというよりサスペンスに近い気がするし。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(死体のある場所を考えたら、とてもじゃないけど、その学校にはいられないと思う。)

《関連リンク》
【零】シリーズ
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


劇場版 零~ゼロ~ スペシャル・エディション [Blu-ray]

【青鬼】


青鬼 スペシャル・エディション [Blu-ray]

転校生のシュン(須賀健太)はクラスに溶け込むことができずにいたが、ある日、化け物が出ると評判のジェイルハウスの前で同級生と会い、その不思議な洋館に入ってしまう。

窓からのぞき込む不気味な目玉など異様な光景に恐怖を感じた彼女らは玄関から外に出ようとするものの、扉は開かない。そして、巨大な青い影が彼女たちに迫っており……。

シネマトゥデイより。

フリーゲームの【青鬼】を実写映画化した作品ですが、設定が結構違っています。

元々、RPGツクールで作られたゲームだったので、そのままの設定じゃないのは当たり前なんですが、入る屋敷が化物屋敷ではなく、卓郎の親の所有物。

遊んでいた杏奈と別れたシュンは、卓郎に絡まれて連れてこられるんですが、絵面が凄く不自然で、なんとなく何かがおかしいんですよね。

何がおかしいのかは真相でわかるので置いといて、待ち合わせをしていたタケシと美香が合流。

不法侵入をしているのを見つかり、何をしているのか聞かれているのに、生物の変態について熱く語り出す変わり者ヒロシと話していると、突然建物の扉が開きます。

ですが、卓郎は普通に台車を押して入っていき、美香だけを連れて、奥へと進みます。

何かが割れるような音がして、ヒロシも勝手に探索に。怖がりなタケシは愚痴をこぼしながら、中に入っていき、シュンはその後に続きます。

その頃、何かを感じ取っていて後をつけてきていた杏奈が建物に入り込むと、扉が閉まり、開かなくなるというベタな展開。

タケシがわめきながら逃げ惑うんですが、さすがに見ていてうざいです。ただ、残念なことにこれがゲーム版のタケシに忠実だったりします。

ちなみに卓郎と美香はわりとゲーム版の設定に近く、ヒロシは本来の主人公の名前で、シリーズが進むとエセインテリに。

シュンと杏奈はオリジナルですが、ゲーム版にはカズヤといういじめられっ子の存在があるので、シュンはその代わりなんだと思います。

杏奈はキャストと同名なので、そのまんまなんでしょう。一応、直樹の姉ということになってるようです。

作品中に名前だけ出てくる直樹については、ゲームにも登場する名前なんですが、続編に登場するかもしれないので、調べない方がいいかもしれません。

とりあえず、タケシのせいで自分は違和感の正体に気づいてしまうんですが、まだ別の可能性にかけたい気持ちです。

逃げていったタケシとすれ違った杏奈とシュンが合流して、一緒に脱出することに。

その間、何かを見る前から逃げ回るタケシはタンスのような何かの中に。まさかゲームの名シーンである動いてるタンスを開けたらタケシが見れるとは思いませんでした。

時間が半分を超えた辺りからブルーベリーマンこと『青鬼』が襲いかかり始めます。フォルムの歪みっぷりがなかなか不安感を誘う良いデザインです。

ただ、ゲーム版のイメージだとかなり大きいイメージでしたが、大きいというよりもガタイがいいという方が近い印象でした。

やられる方法は基本的に食うというシンプルな方法なんですが、予想外にグロくて驚きます。全身で映らないのでホラー好きなら免疫があるとは思いますが、聞いたことあると思って借りるとドンヨリするかもしれません。

ある人物が被害にあったのを見て、シュンは

自分が作ったゲームとそっくりだと言い出し、

実際その通りに行動すると、アイテムが出没する始末。

そこから先は話が次々に展開していき、かなり忙しくなっていきます。

そして、ある真実がわかるんですが、大抵の人はここで驚くと思います。

ただ、結局『青鬼』とはなんなのかは描かれなかったので、ゲームの内容を知らないと、勘違いをして理解する人もいるかもしれません。

続編の製作が決定しているようですが、その辺りを描いてくれるんですかね?

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(ネットでは評価低いですが、旧作料金のディスクで見るか、ケーブルテレビ等で見る分には充分な出来)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
【青鬼】シリーズ
ホラーゲームが原作のホラー映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


青鬼 スペシャル・エディション [Blu-ray]

【お姉チャンバラ THE MOVIE vorteX】

前作無視の続編。かと言って、ゲーム設定になったのかというと、そうでもないのでパラレルストーリーのようです。ちなみに前作で死んだはずの〇〇〇さんはクローンなので、矛盾はありません(苦笑)。

無数のゾンビが街中にあふれ返っている世界で、『忌血』の一族の末裔である『最強のお姉ちゃん』彩と、前作では斬りあった妹の咲が旅を続けていると、謎の少女ミザリーが現れる。

彼女は彩と咲を探していたと言い、ある組織の長で、自らも『忌血』の一族である『卑魅虚』がふたりを狙っているのだと言う。

『忌血』をひくふたりの少女は、刀をとり、再び戦いの世界へと戻っていくのだった。

ゲームをプレイしていませんが、ややゲーム設定を生かした感じがします。ふたりいたオリジナルキャラはいらなかった気がしますが、ちょっと恋愛要素を入れたかったのかもしれませんね。

個人的にはB級感たっぷりのグダグダな映画ですが、それでも頑張った方じゃないかという印象。映像的にも役者的にも。

ただ、展開が雑なのと、オリジナルキャラの男優が大根にもほどがあるので、B級映画のグダグダさが好きという方でないと視聴すらオススメできません。だいたいにして、

主人公の女性がほぼ水着でチャンバラする映画

ですからねえ。男優の変な悲鳴は聞く価値あるかもしれませんが。いまどき、悲鳴で「ひゃぁっ!」みたいなのを聞くとは思わなかったですよ。

シュールさがが売りの原作ゲームが好きなら、観てもいいんじゃない? くらいの作品でした。撮り方面白いし、技術の無駄使いがおかしくてたまらない。

オススメ度(10段階)……★★★
(個人的には好きですが、一般受けはしないと思います)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


お姉チャンバラ THE MOVIE vorteX デラックス版 [DVD]

【お姉チャンバラ】

謎の科学者によって造られた無数のゾンビが街中にあふれ返っている戦乱の世、“最強のお姉ちゃん”彩(乙黒えり)や娘を殺されたレイコ(橋本愛実)たちが、群を成して襲ってくるゾンビと激しいバトルを繰り広げていた。

そんな彼女たちの前に、彩の腹違いの妹だという“最強の女子高生”咲(中村知世)が突然現われて……。

シネマトゥデイより。

タイトルから考えると、セクシーアクションで、お色気たっぷりのような印象を受ける映画ですが、そんなことはありません。

ホラーアクションゲーム原作の作品で、お姉ちゃんが何故か水着ということを除けば、本当にアクションメイン。

エロさとかまったくありません。こういう作品にありがちなオッパイ要員もひとりで、必要はないけど、なんとか入れておきました的な感じ。

なので、

エロを期待して観ると、間違いなく期待はずれ

になることでしょう。

逆にホラーアクションと考えると、邦画のB級作品にしてはかなり頑張っていると思います。

メインの登場人物が少ないにも関わらず、キャラクターの掘り下げはほとんどないという展開なんですが、その分、笑ってしまうくらいアクションシーンに時間が割かれてます。

もしかしたら、収録時間の3分の1以上はアクションシーンかも。

そんなアクションシーンでは、水着にウエスタンっぽい衣装という出で立ちのお姉ちゃん彩が、なかなか激しく動き回ってくれます。

しかも、何故かウエスタンな衣装を脱いで水着だけになると、パワーアップして必殺技みたいのを出したりも。

その必殺技のエフェクトが凄く、ゲーム原作らしく、斬った相手が塵化なんだか、木端微塵なんだかよくわからない殲滅振りを発揮。たまに普通に斬れて、死体が残ったりするんですけどね。

あまりの激しさに首がポンポン飛んだりして、ちょっと笑いたくなってくるかもしれません。

他にもどういう構造なのか謎のショットガンを連射するレイコや、一般人だったはずなのに鉄球を振り回す女子高生ゾンビ、彩の妹で女子高生剣士咲とか大暴れです。

相手も相手で、B級アクションな割にメイクをしたゾンビが意外に多く、数十人単位で出てくるシーンもあるくらい。

オープニングでかなりの数のゾンビをあっさり倒すお姉ちゃんなんですが、敵の本拠地では次々と順番に襲いかかるゾンビたちに軽くへこたれます。

もっとも、ゾンビたちも知能があるんだかないんだかよくわからず、本能で集団で襲ってくるかと思えば、何故か順番待ったりして統一感がありません。

まともなストーリーもなく、お姉ちゃんたちのチャンバラと、お姉ちゃんの相棒役として登場する勝春という偉そうな熱血ヘタレデブのコメディパートを楽しむだけの作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(カオスな原作ゲームを知らない人には面白さが伝わらないネタ映画)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


お姉チャンバラ THE MOVIE デラックス版 [DVD]

【弟切草】

ゲーム会社でバイトをしている菊島奈美(奥菜恵)は、突然現れた弁護士から、本当の父親が別にいて、その父が亡くなり遺産を受け取ることになることを告げられる。

奈美は自分のルーツを知るため、元恋人のゲーム会社社長の松平公平(斉藤陽一郎)と共に亡父の屋敷へと向かう。

そこは、深い山中うっそうと茂った弟切草に覆われた洋館。そこでふたりが見たものは……。

allcinema ONLINEより。

いまから約20年前の1992年に発売されたSFC用ソフトで、選んだ選択肢やプレイ回数等によって展開が変わるサウンドノベルゲームを映画化。

と、思われがちですが、実は

ノベライズの映画化

だったりします。基本的にはゲームと一緒ですが、超常現象は一切削られています。

そのため、ホラーというよりはサスペンス的な要素の方が色濃く出ています。

前半は時代を先取りしすぎたPOVのように撮られていますが、いつの間にか普通の視点にもどっていたりと、作りがちょっと雑な感じ。

そして、結末もいきなり出てきた〇〇が説明的なセリフを言って、無茶振りする始末。

全体的に雰囲気はあって面白いんですが、最後にすべて放り投げちゃってます。

本当に【SHINOBI】と同じ監督とは思えません。

また、エンディングがちょっと独特な作りになっていて、どんでん返しに驚く人と、意味がわからなくなる人にわかれてしまい、一般的な評価が分かれる原因になっています。

オススメ度(10段階)……★★★
(雰囲気だけは良い。でも、作品としては駄作)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


弟切草 特別編 インタラクティブエディション [DVD]