ゲームが原作の映画」タグアーカイブ

【バイオハザード ザ・ファイナル】

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。

そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。

アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。

シネマトゥデイより。

【バイオハザード】シリーズ完結となる本作。

アリスやレッド・クイーンの正体や、アンブレラ社の目的が明かされます。

前作のラストでファンタジー世界みたいになってしまいましたが、世界は完全にゾンビやクリーチャーが支配している状態。

アリスも脱出した仲間たちと一緒にいるかと思ったら、また一人旅をしていました。

怪物に襲われ、建物に入ったアリスの前にレッドクイーンが出現。

現在、人類は4000人程度になっていて、48時間後にはゾンビたちがシェルターを襲い、人類は絶滅すると告げてきます。

そこまで減ったら文明の維持なんて出来なさそうなものですが、散布用ワクチンを使えば、T-ウイルスに感染した生物は死亡するため、人類を救えるらしい。

ワクチンはハイブにあり、原点回帰とばかりに1作目の舞台となったハイブへと向かいます。

アンブレラに追われながらも、ハイブに近づいたアリスは砦のようになっている高層ビル群でクレアと再会。

アンブレラとゾンビ群と戦った後、そのグループを仕切っていたドクたちとハイブに向かうことに。

このグループの中にローラがいるんですが、必要なキャラだったかは微妙な感じ。あっさり死んじゃうし。

日本製のゲームが原作なので、サービスみたいなものかなという印象でした。

ローラの方もいつものおバカキャラではなく、普通に演技していたので、全然気にならなかったです。

クリーチャーやトラップで仲間たちを失いながらもハイブを進むアリスたち。

1作目の大変さはなんだったんだろうという感じであっさりたどり着きます。

いつものビームによる防衛システムも健在ですが、建物自体はわりとボロくなってました。

ウェスカーや、すべての元凶であるアイザックス博士との決着というか、落としどころは不満な人も多いようですが、案外納得できるんじゃないかと思います。

【バイオハザード3】に登場したアイザックスがクローンだったとかいうのは、後付けにしか思えませんけどね。

自分はシリーズを通して観ているので、

シリーズを補完しつつ、結末を見る

という楽しさがありますが、この作品だけを初見で見たらわけがわからないし、つまらないかもしれません。まともなバトルアクション少ないし。

観るならシリーズを観てからをおすすめします。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(シリーズの結末としては面白いけど、この作品だけ観ると、最終回だけ見るようなもの。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


バイオハザード:ザ・ファイナル (初回生産限定) [Blu-ray]

【屍病汚染 DEAD RISING】

全世界を恐怖に落とし込んだ、あの“ウィラメッテ事件”後、ゾンビ化=屍病汚染は世界各地へと飛び火した。

アウトブレイクが起こった地域に対し、各国政府は厳しい対応を実施。該当エリアの住民を隔離する策を取る。

閉じ込められた人々は、脱出を図ろうとする者、建物に閉じ籠もる者、いずれも自分の存在をかけて戦うことになる。

そう、ここ日本でも…

シンとジョージの兄弟は、不幸にも隔離された地域に取り残された住民であった。

物語は、二人がこの閉鎖されたエリアから脱出を試みるところから始まる。

限りなく不可能に近い脱出行。ゾンビがさまよう街から、二人が身を守る為に逃げ込んだのは、とある倉庫街だった…。

公式より。

ゾンビゲームの【デッドライジング2】の発売に合わせてプロモーションとして作られた動画。

8話構成として無料でWEB公開されてましたが、メディア版では追加映像があるようです。

監督はゲームの総合プロデューサーなんですが、本当に出来が悪い。これ、なんでこれ、メディア化したのかというレベル。

無料公開だけで良かったんじゃないかと思います。

そういうレベルの映画というか、動画なので、今回はネタバレ有りです。

展開を簡単に説明すると、車椅子の少年シンが主人公で、ゾンビウイルスのパンデミックが起きた地域に住んでいたため、隔離されてしまう。

シンは兄のジョージと脱出を図るんですが、失敗して近くの倉庫に隠れるんですが、そこはいわゆるDQNのアジトだった。

結局、ジョージは死んで、やってきた看護婦と一緒にDQNと戦うというもの。

ただ、文章で書くと主人公が可哀想な子に見えますが、実際はかなり不快な印象を受けるので、危ない目から助かっても良かったと感じないんですよね。

まあ、どちらにせよ、主人公も看護婦もゾンビに噛まれているので、いずれはゾンビになるんですが。

WEBで描かれたラストでは、ゾンビ化の進行を抑える薬『ゾンブレックス』を大量に見つけて笑顔で終わるんですが、1日に1本打たないといけないので、どう考えても長くない。

メディア版ではその後が描かれているんですが、そうなるだろうなっていうオチ。

しかも、シンは車椅子のはずなのに、なぜか立って歩くという意味の分からない演出まで。歩けたんだったら、いままでの話はなんだったのかという話だし。

無料の動画を見た人が金返せと言いたい

と書いてましたが、本当に良いところを見つけるのが難しい作品でした。

この作品を見ていたので、洋画で製作された【デッドライジング ウォッチタワー】も疑心暗鬼になり観るのを躊躇したんですが、そちらは面白かったです。

オススメ度(10段階)……★★
(やっぱり邦画はゾンビ映画に向かない気がします)

《関連リンク》
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


屍病汚染 DEAD RISING [DVD]

【デッドライジング ウォッチタワー】

ジャーナリスト、チェイス・カーター、彼の相棒の女性カメラマン、ジョーダンは、オレゴン州のゾンビパンデミックにより、政府機関、FEZA(ゾンビオーソリティ)によって、壁に囲まれたエリアの取材を試みる。

そこでは抗ゾンビウィルス薬<ゾンブレックス>によって、ゾンビウィルスの治療が試みられていたが、その薬の投薬は失敗、逆効果となってしまい,街中にゾンビウィルスが広がってしまった。

チェイス、ジョーダン、そして彼らとであった子供を探す母親のマギーそして謎の女性クリスタルは、政府がゾンビを消滅させるための空爆作戦の前に、この街からの脱出を図る。

公式より。

カプコンの人気ゾンビゲームの【デッドライジング】の実写映画化。

基本的にはゲームの【デッドライジング2】の世界観のようですが、主人公はゲームの1作目の主人公であるフランクと同様、ジャーナリストのチェイス・カーターに。

そのフランク自身もスタジオでインタビューを受けている形で登場しています。

ストーリーはゾンビが発生した世界で、ゾンビに噛まれても進行を抑制する薬『ゾンブレックス』を投与することで、隔離されつつも人間として生活をしている状況。

しかし、薬を投与しているにも関わらず、ゾンビ化する人間が発生してしまう。

そこからは一気に感染が広がり、ウイルスは空気感染するという情報を受け、隔離エリアは完全に封鎖。唯一の出入り口であるゲートでは、軍が近付く者たちを銃で退けていた。

チェイスは相棒のカメラマンとはぐれてしまい、隔離エリアにとり残されることに。

彼はなんとか外に出たジョーダンと連絡をとりながら、インタビューをしていた女性クリスタル、娘がゾンビ化してしまった母親マギーとともに、『ゾンブレックス』を探しつつ、隔離エリアからの脱出を目指すという展開。

なんとなくはゲームの雰囲気はつかめると思うし、ゾンビ映画としてはそれなりのクオリティだと思います。

パンデミック以降、隔離エリア内が無法地帯になり、バイオレンスな奴らが出てくる辺りも、いかにも【デッドライジング】らしいと思うんですよね。

ただ、【デッドライジング】のサイコパス化した人たちの正体が、元々サイコパスなのではなく、どちらかというと善人で、状況のせいで

サイコパス化してしまったというのがない

のが残念。

ゲームの方だとピエロとか帰還兵とかかなり悲しいエピソードなんですが、この作品ではピエロがゾンビとして出てくるぐらいの扱いになっています。

二転三転する陰謀の真相のおかげで飽きにくい展開になってはいるので、以前に作られた邦画というか、動画に比べたら全然楽しめるし、ゲームをプレイするきっかけになると思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(バトルが面白ければ、もっとおすすめ出来たと思う作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


デッドライジング ウォッチタワー [Blu-ray]

【コープスパーティー アンリミテッド】


コープスパーティー アンリミテッド版(スペシャルエディション) [Blu-ray]

直美(生駒里奈)は幼なじみの哲志(池岡亮介)や級友たちと共に、文化祭の後片付けに追われていた。

そして怪談マニアの委員長あゆみ(前田希美)の提案で、その場所に集う全員がずっと友達でいられるおまじない“幸せのサチコさん”を実行。

その結果、彼らは閉鎖された異空間に放り込まれ……。

シネマトゥデイより。

【青鬼】同様、ネットのフリーホラーゲーム好きなら誰でも知っている作品【コープスパーティー】の実写映画化作品。

原作のゲームはバリエーションがあるんですが、ニューチャプターと呼ばれる携帯版か、ブラッドカバーを基にしている様子。

巷では俳優陣の演技に否定的な感想が多いですが、あんまりそこは大事じゃない気がします。

重厚なドラマで大人たちが棒読みとかだと萎えると思いますが、元々が高校生たちが主要な登場人物のホラーなので、変に芝居がかった言動をとられるよりはいいんじゃないかと。

ただ、異世界に閉じ込められて、精神がおかしくなっていく様は、もう少しなんとかした方が怖かったかもしれません。

もっとも、前田希美に関しては、ホラー映画慣れしてきてるのか、演技がうまい印象を受けました。かわいいし。

ストーリー展開も尺の都合か、展開が早いし、カットされているシーンが結構あるものの、

原作ゲームにかなり忠実

で面白い。

OVAの方が面白かったですが、実写だと表現しづらい演出や、使いづらいシーンがあるのでしょうがないんでしょうね。

さすがに女子中学生の失禁とか、売出し中の子役にさせられないでしょうし。(追記:見落としたらしく、失禁シーンはあったみたいです。)

劇場版では規制されたグロ演出も、メディア版はアンレイテッドバージョンになっているので、耐性がない人にはかなり不快なシーンもあると思います。

個人的にはOVAに登場した刻命とか出てきて欲しかったとか、ゲームの方では七星というキャラクターがいるんですが、彼女と『幸せのサチコさん』のくだりを描いて欲しかった。

なので、続編に期待したりもしています。キャストは変わってしまうかもしれませんが。

すごいどうでもいい情報として、主題歌を声優の今井麻美が歌っているんですが、PSPのゲーム版とOVAであゆみを演じていたりします。

OVAには負けるものの、コープスパーティー好きなら楽しめる作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(邦画で、原作つきで、アイドルホラーと呼んでいいと考えたら、かなりの良作。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
【コープスパーティー】シリーズ
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


コープスパーティー アンリミテッド版(スペシャルエディション) [Blu-ray]

【青鬼 ver.2.0】

ひろし(中川大志)と杏奈(平祐奈)は、いじめが原因で不登校を続ける同級生シュンの家を訪ねることにする。

だが、二人はその途中で不思議な模様のチョウに誘われるように、怪物が出現するといううわさの“ジェイルハウス”に引き寄せられる。

同じころ、シュンの不登校の元凶である卓郎(松島庄汰)たち三人も肝試しの実況動画制作のため屋敷に入っていく。

シネマトゥデイより。

探索系ホラーゲームの【青鬼】を元に作られた映画【青鬼】の第2弾。第2弾と言っても、続編ではないので、話につながりはありません。

というか、バージョンアップという名のリブート作品と思った方が納得しやすいと思います。

そのため、同名のキャラクターも、基本設定はだいたい同じですが、キャストも別人で、流れも当然違うので注意。

結論から言うと、前作より面白いと思う反面、多分それはゲームを知っているか、前作を見ているからという印象。

見てないと説明がほとんどなく状況が始まるので、わけがわからないかもしれません。

まあ、現実にある家と、ゲームの中の家がリンクして、中に入った人物が謎の生物に追いかけられるだけなので、意味がわからなくても問題ないんですけどね。

今回はファンにはおなじみの

『ハンペン』こと『フワッティー』が登場

するし、ひろしが相変わらず変態に興味津々なので、ゲーム中に起こるある人物の変身シーンに期待したんですが、ありませんでした。

あれがないと、青鬼の正体が想像も出来ないので、本当にただの謎な生物なんですけどね。

また、大きく違う部分として、キャストの順番からすると、前作の主人公がシュンだったのに対し、本作はあまり目立たなかったひろしが主人公らしい。

あんまりそんな感じがしませんでしたが、シュンはひきこもり化して杏奈とイチャイチャしているだけで、『ジェイルハウス』に来ないのでそんなものなのかもしれません。

他のキャストもフルチェンジしたため、卓郎はノベライズばりのイケメンになった代わりに根が良い奴に、美香は完全に空気、たけしは何か嫌な奴になってました。

全体的にノベライズ版のキャラクターに近づいていると思います。

結局、リブートした結果、シュンと仲が良いため、ゲームをプレイしたことのあるひろしと、相変わらずいじめっ子の卓郎がふたりで脱出を目指すことに。

よく美香を見捨てた卓郎と一緒に協力する気になれるよなって思いますが、現実がゲームとリンクしていることを案外あっさりと受け入れられるゲーム脳なふたりなので、普通なことなのかもしれませんね。

今回は明確に笑いをとりにきているシーンもあることで、展開に幅があるんですが、逆に怖さは半減以下。

全体的にネット大好きな人たち向けに作られた作品という気がしなくもないです。

ただのホラー好きだと正直面白くないように思います。CGは悪くないのに、チープ感が半端ないし。それが売りでもあるんですけどね。

【青鬼】ファンなら『フワッティー』のくだりのためだけに見るのもいいかも。

ネタバレになるので書けないツッコミどころが多い作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(悪くはないんですが、勧めるかと言ったら微妙。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
【青鬼】シリーズ
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


青鬼 ver.2.0 スペシャル・エディション [Blu-ray]