インシディアス」タグアーカイブ

【インシディアス 最後の鍵】


インシディアス 最後の鍵 ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

超常現象の専門家として活動するエリーズのもとに仕事の依頼がやってきた。

それは、かつて幼少期にエリーズが暮らしていた家に現在住んでいるという男が、引っ越してきてから不可解な現象が続くため、助けてほしいという内容だった。

迷ったあげくに仕事を引き受けたエリーズだが、思わぬ事態に遭遇する…。

公式より。

悪霊と対峙することになるものの、どちらかと言えばハウスホラーな【インシディアス】シリーズの4作目。

前作【インシディアス 序章】はビギニングものとして、過去を描いていましたが、今回は

エリーズのルーツ

を描いています。

結局、【インシディアス】シリーズって、霊能者のエリーズの物語でしたね。

ちなみに時間軸としては、前作【インシディアス 序章】と第1作【インシディアス】の間です。

ある人物から仕事の依頼があり、住所がなんと、自分が子供の頃住んでいた家。

刑務官の父、母、弟とともに4人で暮らしていたんですが、ある出来事から母親が死に、父の暴力的な躾を止めるものがいなくなってしまいます。

やがて、耐えきれなくなったエレーズは家出をしたまま、現在にいたるという状況。

依頼のあった家に行くことになるんですが、さすがに父親は死んでおり、弟のクリスチャンにはふたりの娘が産まれていました。

しかし、再会した弟はエレーズが自分を置いて逃げ出したことを怨みに思っていることを思い知らされます。

気分が晴れないまま、現在は依頼人のテッドの家である元エリーズの家の調査を始めるんですが、ある秘密が隠されていたという展開。

エリーズが悪いわけではないとはいえ、母親が死ぬ流れはなかなかエグいと思います。

映像的にはグロくもなんともないですが、幼少期にこんなことがあれば、普通はトラウマになるでしょうね。

エリーズを恐れた父親もわかるし、その暴力に耐えられなかったエリーズもわかるし、置いていかれた結果、自分が酷い目にあわされたクリスチャンがエリーズを恨むのもわかる。

誰も悪くないとは言いづらいけど、悲惨な家庭です。

テッドの依頼に関しては、結構あっさり終わってしまうというか、隠されていた秘密はともかく、それで終わるのかとなります。

本作はエリーズの過去と、クリスチャンとふたりの娘に関するストーリーに時間を割いているので、ドッキリシーンに期待している人たちには物足りないかも。

とはいえ、テッドの依頼である調査後にも色々あるので、ストーリー自体は普通に面白かったですよ。

ただ、普通に考えて、過去もルーツも描いてしまったので、【インシディアス】シリーズはこれで終了ですかね。

スピンオフでエリーズの協力をしているふたりのスピンオフを見てみたいけど、コメディになっちゃうだろうし。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(シリーズを通して見ている前提。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


インシディアス 最後の鍵 ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

【インシディアス 序章】

高校卒業を控えたクインは、亡くなったばかりの母の死から立ち直れずにいた。

そして、あの世の母との交信を求めて霊能者のエリーズを訪ねる。

しかしエリーズは、この仕事から足を洗ったからと一旦は依頼を断るが、最終的にはクインに同情して亡き母との交信を試みる。

ところが、クインが母親ではなく邪悪な霊に取り憑かれていることに気づき、交信を中断してしまう。

allcinema ONLINEより。

【インシディアス】、【インシディアス 第2章】の前日譚に当たるストーリー。

ある事情から霊能者としての仕事を引退していたエリーズが復帰した経緯を描いています。

基本的にジェームズ・ワンの監督作品って洋画にしては珍しく、精神的にゾッとする演出が多いんですが、本作はそれほど怖くない気がします。

怖いと言えば怖いんですが、

エリーズの言動がコントみたい

なので、そちらの印象の方が強いんですよね。

遠くから訪ねてきたクインを不憫に思ったのか、話を聞いてるうちに霊と会話をすることにしたり。

そのクインが襲われて父親が来た際も、もう無理と言いつつ、娘と話だけでもと言われて承諾。結局、あちらの世界に行くことになったり。

それでもうやれないと言いながら、霊能力者仲間に説得され、3度目の挑戦するとか、頼まれたら断れなさ過ぎるにもほどがあります。

霊との戦いにしても、あんたなんか怖くないとか、私の方が生きてるから強いとか言いながら、驚いて逃げるパターンばっかりだし。

やる気出して、あちらの世界で物理攻撃するパターンもありますが。

ストーリーとしては一応つながっていますが、どちらかというと、エリーズのスピンオフと思って見た方がいいかもしれません。

逆に言えば、前2作を見ていなくても問題ないので、そういう意味では良いのかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(あんまり怖くないホラーを見たいならおすすめです。)

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


インシディアス 序章 [Blu-ray]

【インシディアス 第2章】

3人の子どもたちを狙っていた悪霊も去り、ジョシュ(パトリック・ウィルソン)とレネ(ローズ・バーン)夫妻にようやく平穏な日々が訪れたように見えた。

だが、息子を救うために幽体離脱したジョシュは、自分と共にこちら側の世界にやって来た何かに取りつかれていた。

実は彼には幼い頃から、幽体離脱してあちら側の世界とつながる特別な能力が宿っており……。

シネマトゥデイより。

【インシディアス】の文字通りの続編。

前作で父親が帰ってきて終わったと思われながら、実は終わっていなかったというエンディングから続きます。

前作で助けてくれた老婆が主人公たちの自宅で死んだため、おそろしく不審な状態。

妻のレネは確信は持てないものの、夫が悪霊にのり移られていると気付いています。

そのため、今度は息子が父親のジョシュを連れ戻しにいくことにという内容。

ただ、ジョシュは【シャイニング】の父親どころではない大暴れをするし、霊たちの力も地味に強い。

その代わり、死んだ老婆が向こうの世界では協力してくれるというメリットも。

これで、子供がカメラを武器に戦っていたらホラーゲームの

【零】シリーズの実写映画化みたい

です。【零】シリーズ自体は、実際に実写映画化進行中ですが。

実際にはもっと色々と細かい設定があるんですが、肝の部分のネタバレになるので省略しておきます。

入れ代わり立ち代わりになる状況を把握出来れば、ホラー映画として良い出来なので、普段ホラーを観ないけど、夏だし、ちょっと観てみようかという層には前作と併せて観るのがオススメな作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(前作と完全につながっているので、前作を観ないと意味がわかりません)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


インシディアス 第2章 [Blu-ray]

【インシディアス】

ジョシュ(パトリック・ウィルソン)と妻のルネ(ローズ・バーン)は、3人の子どもと一緒に新しい家に移り住む。

彼らは、多少老朽化してはいるものの、広い家で子育てと仕事に専念するはずだった。

だが、引っ越し直後から屋根裏で奇妙な物音が聞こえたり、勝手に物が移動したりする現象が起こり始め、一家は不安に陥る。

シネマトゥデイより。

昨年の予告編だけ観たら最恐ホラートップクラスの作品。

結果から言えば、去年だけで言えば、

最恐ホラーにノミネート

しても悪くはないレベル。

個人的には想像していた霊により惨殺されていくストーリーではなく、ヴィジョン系。3人の息子のうち、長男が梯子から落ちた翌日から異常はないのに、こん睡状態に陥ってしまう。

医者にさじを投げられて、3ヶ月、栄養をチューブでとっているんですが、ガリガリにならず、こん睡に陥ったときの状態のままなのが微妙。ここでガリガリとかにしていれば、生命の危機をもっと感じたような気がするんですけどね。

可哀想なのが妻のルネ。基本家にいるのは彼女なので、不審な影や、音声を聞くハメになるのは彼女。正直、観始めはルネが精神的におかしくって、起きている出来事はルネの妄想や自作自演かと思ってしまいます。

それが証拠が残り、普通なら引っ越したばかりだから引っ越せないというのが定番ですが、あっさりお引越し。その上、ジョシュの母がルネの言葉をあっさりと肯定するというレアな流れに突入。

ハウスホラーの定番をことごとく覆してくれます。

結局、知り合いの『専門家』に助けを求め、調査をしてみると、やはり霊がいるらしい。ただ、家ではなく、家族について来てしまっているとのこと。

話が展開していくうちに、そこまでに描かれたことが伏線となり、衝撃の真実が語られていきます。

赤い顔の悪魔や、謎の霊たちはじわじわ来る生理的に嫌悪感を感じる怖さ。明るいところでじっと見る分には怖くないですが、暗闇とかでいきなり見ると、思わず声が出そうです。

その後の展開も、その立場になったらたまらない怖さで、頭で書いた通り、去年の最恐ホラーと言ってもいいレベル。個人的な嗜好もあるので、必ずしもではないですけどね。

ただ、過去の事情は説明されますが、何故狙われているかの説明は一切ないので、そういうのが気になる人は尻切れトンボに感じるかもしれません。

激しいグロはないので、みんなで観るのにいいホラーかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(リアルにし過ぎたら、かえってつまらなかったかもしれない)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


インシディアス [Blu-ray]