アンフレンデッド」タグアーカイブ

【アンフレンデッド:ダークウェブ】


アンフレンデッド:ダークウェブ [DVD]

中古パソコンを入手したマタイアスは、鎖につながれ監禁された女性やドラム缶の中に入れられた人など、ぞっとする動画ファイルの数々が保存されている「UNTITLED」という名前の隠しフォルダを見つける。

その内容に戸惑っていると、見知らぬアカウントからPCを返さないとお前らは死ぬ、というメッセージが届く。

シネマトゥデイより。

ビデオチャットをしていたら、未承認のメンバーが参加してきて、ひどいイジメで自殺した女性に呪われるという作品の続編。

とは言っても、ストーリーもつながっていなければ、前作とは違い、心霊的なものでもありません。

シチュエーションとして、ビデオチャットをしていたら、知らないメンバーが参加してきて、チャットに参加しているメンバーが被害に遭うというシリーズのようです。

本作では主人公の青年マタイアスが忘れ物として置いてあったPCを盗んだことで、犯罪者集団に狙われることになるというストーリー。

メンバーはマタイアス、レズカップル、アジア系女性のレックス、チャラいYouTuber、ロンドンにいるPCに詳しい男、同時進行で手話でしか話せないマタイアスの彼女。

そのPCには犯罪に関わっているような動画ファイルが保存されているんですが、PCを盗んだとは言えず、仲間には中古で買ったと嘘をつくマタイアス。

その上、PCの本当の持ち主である男に脅され、動画はドッキリだと言い張ります。

しかし、仲間に動画の入手先を疑われ、脅迫者もPCがないと自らも危険にさらされるため、板挟みになるマタイアス。

脅迫者の命令で、喧嘩していた彼女が家に来ることになるんですが、その間に犯罪者グループの仮装通貨を奪い、脅迫者と交渉しようとします。

しかし、その結果、仲間たちが犯罪者グループに襲われることになるという展開。

全編PCの画面上で話が展開していくんですが、斬新なようでいて、一時期流行ったPOVのように乱発されているので、ま新しさを感じませんでした。

ただ、本来は検索でたどり着けないネットの闇社会であるダークウェブが、なんちゃってダークウェブという感じではあるものの、サスペンスホラーっぽい雰囲気は出ていたと思います。

とはいえ、ご都合というか、無理がある展開が多く、

ダークウェブがなんでも出来る免罪符

みたくなっているのがなんだかなあという印象。

真相も個人的には無理があると思うし。

ただ、あくまでフィクションとして、雰囲気サスペンスホラーとして見れば、割といけるんじゃないかと。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(すべての意味で元凶はマタイアス。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめ推理映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


アンフレンデッド:ダークウェブ [DVD]

【アンフレンデッド】

ある動画がネット上に公開されたことが原因で、ローラ・バーンズは自ら命を絶ってしまう。

1年後、彼女の幼なじみと友人たちがSkypeで雑談していると、見知らぬアカウントが死んだローラとして話しかけてくる。

やがてローラの死に隠されたうそがオンラインで暴露され、一つ明かされるたび、彼らのうちの1人が亡くなり……。

シネマトゥデイより。

【パラノーマル・アクティビティ】シリーズのジェイソン・ブラム製作の異色な作品。

公開前、ローラ・バーンズという人名と、自殺する動画ばかりが拡散されて、彼女に関わると呪われるような内容を見聞きしていたような気がします。

しばらくして、映画のプロモーションだけど、ローラ・バーンズは実在するような噂に変わってましたけどね。

実際の作品はというと、ローラ・バーンズという女性がある動画をネットにアップされたせいで自殺。

幼馴染みだったブレアが、ミッチ、ジェス、アダム、ケンとスカイプをしていると、見知らぬアカウントが混ざっています。

つなぎ直しても現れるため、ハッカーやバグを疑うんですが、ウイルスを駆除してもダメ。

やがてアカウントの主ビリーは死んだはずのローラのアカウントだとわかり、ビリーはゲームを強制するという流れ。

他にもうひとり、ヴァルという女性がいたずらしていると疑われるんですが、真っ先に死亡します。、

あとは警告に従わなかったことで死ぬひとりを除いた4人で『Never have I ever』をすることに。

『Never have I ever』というのはアメリカのパーティーゲームの1種で、「自分は〇〇をしたことがない」と言って、やったことがある人は指を折り、ない人はそのままというゲーム。

コンパ等で経験していない方がお酒を1杯飲んだり、海外ドラマや映画で行なわれるシーンもあるそうです。

個人的には似たようなゲームで、『トゥルース or デア』という真実を言うか、挑戦するかというゲームの方が目にすると思うんですけどね。。

そして、ビリーは4人の秘密を暴露していくんですが、内容が気持ち悪い。

グロいということではなく、

友達ぶっている裏でお互い色々としているのが気持ち悪い。

そこがタイトルのアンフレンデッドにも現われてるんでしょうけど。

実際、現実でもそういうことって多々ありますが、ここまで前面に突きつけられると気分が悪くなります。

こういうやりとりを暴露されるのって、SNS慣れしている若い人たちほど嫌だし、怖いんじゃないですかね。

結局、作品中の生死はゲームの勝ち負けと関係ありませんでしたけど。

そんなちょっと変わったサバイバルゲームがブレアのPC画面上で展開するのを観るというメタ作品のような演出。

演出としては面白いし、自宅のPCで見たら、臨場感もあって面白いと思うんですが、劇場だと見づらそうな気がします。

6人とか同時にスカイプしたり、スカイプしている陰でメッセージのやりとりしていたりするので、どうしても画面がガチャガチャしちゃうんですよね。

実験映画として考えたらアリなんでしょうけど、ホラー映画としては現時点では一般受けは難しいという印象。

誰かがローラが死んだ復讐をしているというのも序盤でほぼ排除されてしまうので、推理要素は誰が何をしたのかという部分だけでした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(SNSホラーとしては現代的ですが、映画としては時代を先取りし過ぎたかもしれない。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


アンフレンデッド 【Blu-ray】