【ターミネーター】

Pocket

未来で繰り広げられている人類VS機械の果てしない闘い。機械軍は人類のリーダーであるジョン・コナーを歴史から消すべく1984年のロスへ冷徹無比の殺人機ターミネーターを送り込んだ。目的は、いずれジョンを産むことになるサラ・コナーの抹殺。平凡な女子学生であるサラの前に姿を見せる黒づくめの殺人機。だがその時、彼女を守るために一人の男が現れた。男の名はカイル・リース。ジョン・コナーの命を受け、未来からやって来た戦士であった。

allcinema ONLINEより。

久々に観ると、案外忘れているシリーズ。というより、シュワルツェネッガーの

全裸の登場シーンが
インパクト強過ぎて、

大筋しか覚えられないんですよね。

元々、カイル役で面談したシュワルツェネッガーだったのに、キャメロンが似顔絵を描いてるうちに『ターミネーター』のイメージになってきたというのも凄い話なんですけどね。

ラストの『ターミネーター』がむき身になった後のカクカクした動きが、【シンドバッド七回目の冒険】を彷彿とさせますが、いま観ても十分に面白い。

もちろん、【T4】から入った世代からしてみれば、大味だし、映像も安っぽいかもしれませんが、25年以上も前の作品だと考えれば、むしろ凄いんじゃないかと。

ちなみに『ターミネーター』は元々【ターミネーター2】のように痩せているのに強いという構想があり、ブコビッチ警部補役になったランス・ヘンリクセンが演じるはずでした。

それがシュワルツェネッガーが『ターミネーター』になったことで、脇役といってもいい役に。ただ、サイボーグっぽいイメージが強いのか、ランス・ヘンリクセンも【エイリアン2】でロボットの『ビショップ』を演じてたりします。

設定が複雑な割に、何も考えずに観れるというのも珍しい気がします。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(作られた時代を考慮しないと★5つくらいかも)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です