【SPACE BATTLESHIP ヤマト】


2194年、外宇宙に突如として現れた敵・ガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進(木村拓哉)は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事実を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう。

シネマトゥデイより。

松本零士原作の実写化。【銀河鉄道999】やアニメ版の【宇宙戦艦ヤマト】世代にはかなり酷評されていた作品です。

確かにヤマト世代の人間から見たら、「なんだこれ」的な作品ですが、

邦画のSFとして考えると、割といい出来

な気がします。

もちろん、邦画のSFは洋画のSFに比べて、人間ドラマの比重が大きいので、SF特有の壮大さは感じませんが。

それでも現代のSFに出てくるクリーチャーのような敵や、無尽蔵の群れとなって襲い掛かってくる敵の姿はなかなか頑張っていると思います。

木村拓哉にしても、確かに古代進のイメージではないですし、言動がおかしい部分はありますが、普段の何をやっても木村拓哉といういつも通りの演技。

そう考えると、古代進じゃないというのはしょうがないし、演技が下手なんではなく、そういう個性なんだと思います。

ただ、黒木メイサはどっちつかずなので、中途半端な印象が残りましたけどね。他のキャストも実力はあるんでしょうが、【宇宙戦艦ヤマト】のキャラクターに似せようという印象は感じなかったので、原作ファンだと受け入れづらいかも。

個人的には山崎努の『沖田艦長』だけが突出してお似合いだったように思います。

セットもちゃちい、CGも粗いと言われていますが、典型的な原作ファンによって、ハードルが上がった作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(邦画SFってこんなものじゃないかと思う)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめSF映画リンク集
おすすめアクション映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション 【Blu-ray】

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    なかなか良い点数ですね。
    アニメ世代なんで映画化の話を聞いたときはまさかと思いましたがキムさんはやっぱり古代進にはなれませんでしたか。こんな映画がヒットするのは日本だからありえることだと思います。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >しーどさん
    コメ返遅くなりました。
    古代進と言われれば、古代進と言えなくもない
    です。昔、スマスマでもコスプレしてたし。
    ただ、結局は木村拓哉なんですよね。それが
    個性なので、個人的にはアリだと思ってますが。
    ちなみにヒットはしてません(苦笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です