【プロメテウス】


人類が長年にわたって追い続けている、人類の起源にまつわる謎。地球で発見された古代遺跡から、その答えがあるかもしれない未知の惑星の存在が浮かび上がる。

科学者たちを中心に編成された調査チームは、宇宙船プロメテウス号に乗り込んで問題の惑星へと向かう。

惑星にたどり着いた彼らは、人類のあらゆる文明や常識を完全に覆す世界を目の当たりにして息をのむ。

誰も到達できなかった人類誕生の真実を知ろうとチームの面々が探査に没頭する中、思いも寄らない事態が迫ろうとしていた。

シネマトゥデイより。

今回もネタバレです。というか、この作品、謎がどうこうという話よりも、誰が何をしようとしてるのかっていう方が重要な内容です。単純にネタバレしないと書きにくい内容っていうのもありますが。

さて、そんな【プロメテウス】が公開されて、【エイリアン5】はどうなったんだろうと思っていたら、実はこの作品が元々【エイリアン5】だったというオチでした。

もっとも、そうは言ってもジェームズ・キャメロンが納得しなかった内容で、リドリー・スコットが内容を踏襲しつつも独自の路線に進んだため、別のシリーズという扱いになっています。

ただ、あらかじめ断っておくと、この作品の感想と評価は【遊星からの物体X ファーストコンタクト】と続けて観てしまったため、正当なものではないかもしれません。

それくらい【プロメテウス】と【遊星からの物体X ファーストコンタクト】は続けて観てはいけない作品だと思います。同じような感想を他のユーザーレビューや感想でも見かけたので、あながち間違いではないはず。

結局、人間を作った存在『エンジニア』を探しに未知の惑星に行ったらとんでもない物がいたという話で、様々な人間の思惑が働くという展開。

たどり着いた遺跡に入ると、巨大な『エンジニア』たちのホログラムが現われ、何かを再現している様子なんですが、何故か死んでいるというオチ。

やがて、蛇のような生物が現われ、地球人を襲うんですが、凄い力で絞め付けるし、斬っても即時に再生してしまいます。その上、やっぱりエイリアンよろしく、穴から体内へと侵入していきます。

どうしたってこういう紐状の寄生生物って口から飲み込まれにいくんですよね。胃カメラかって話です。さすがに即腹からバーンってことはないですが、どうやら身体を乗っ取ることが出来るようです。

死んでいるので、荒木飛呂彦の漫画の比ではないとんでもない恰好で姿を現わしたりもしてくれます。ごく一部の人には『キングアラジン』と言えばわかるかもしれません。

どうやら『エンジニア』たちが全滅したのは、この生物のせいのようですが、この寄生生物自体が『エンジニア』たちの作った生物兵器なご様子。

要するに

全滅したのは自業自得

です。もっとも、この遺跡自体が『エンジニア』の軍事施設であり、本拠地は別みたいですけどね。

長期の宇宙飛行が必要だったため、【エイリアン】シリーズに出てきた『ビショップ』のようなアンドロイドがいるんですが、そいつの様子もおかしい。

様々な思惑が絡み合う中、唯一生き残っていた『エンジニア』を発見し、コンタクトに成功する地球人の生き残り。さすがにここから先のネタバレはきついので割愛。

そして、ラストカットではエイリアン誕生の秘密がわかります。

ただ、ちょっとよくわからないんですが、『エンジニア』=【エイリアン】に出てきた『スペースジョッキー』のようなんですが、『エイリアン』を自分たちの成人の儀式に使っていた『プレデター』とは関係があるんですかね?

単に見つけた生物兵器を使うようになったんですかね? ちょっと謎。

ちなみに『エンジニア』=『スペースジョッキー』とは書きましたが、前者は2メートルから2.5メートルくらい、後者は8メートルあるので、完全に同一かは不明です。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(派手なSFアクションというよりは、スタートレックのようなSFを好きなタイプの方が楽しめそうな作品)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
アナザーエンディング(ネタバレ有)
おすすめSF映画リンク集
おすすめ推理映画リンク集
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


プロメテウス [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です