【PRIVATE DREAMS(プライヴェート・ドリームス)】


72時間の睡眠で自分の望む夢が見られる“青春体感機”

「幸せな夢見せます」…そんなキャッチフレーズでそれは世に静かに蔓延していた。

希望の夢を体感すべく集まった体感者。しかし無作為に選ばれたはずの若者たちにはある共通点があった。

撃たれる男、意味不明の空爆、消えていくメンバー、いかれた女、笑う少年―。

体感機は作動し、夢なのか現実なのか、世界は次第に境界線を失ってゆく。

同じ空間の中で翻弄される若者たちを待っていたのは…

公式より。

自分は精神的なホラーやサスペンスが好きなので、比較的そういうのを優先的に観ることが多いんですが、最近はあまりにもハズレ過ぎて書ける作品が少ないです。

ただ、さすがにここまで来ると、背に腹は代えられないのでしばらくつまらない作品が続くかもしれません。

さて、この作品もそんな作品の一つ。あらすじを読むと、実は全員戦争か何かの空爆で死んでいて、それを断片的な記憶で見ているのかと思ったんですが、いざ観てみると設定に統一性のないサバイバルゲーム。

兵士みたいのは1人しか出てこないんですが、それが延々追っかけてくるわけでもなく、死んだら消滅とかでなく、いきなり消えていたりとか、消えた人間がチラチラ出てきたりとか。

何がしたいの? という感じ。しかも、普通はこういう作品でも、こじつけレベルで真相がハッキリするものですが、最後まで観ても真相が謎。

うたい文句が『あなたは生きているという証明ができますか?』とはいえ、これは酷い。

ストリートファイトみたいなシーンや、やや緊迫した推理シーンなどところどころ面白いんですが、詰め込みすぎて、かえって全てが中途半端になった感じです。

オススメ度(10段階)……★
(動画サイトとかで観るならまだしも、お金を払うほどの価値はない)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画リンク集
おすすめSF映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


プライヴェートドリームス [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です