【PLANET OF THE APES 猿の惑星】

Pocket

西暦2029年。惑星間の偵察を行っていたスペースステーション、オベロン号に乗る宇宙飛行士レオ。ポッドでの偵察行動の際、謎の惑星に墜落。なんとか脱出したレオだったが、彼はそこで猿に人間が支配されている光景を目のあたりにするのだった……。

allcinema ONLINEより。

ティム・バートンによるリ・イマジネーション作品。ネット上では評価が低いですが、個人的には面白かったです。

ストーリー自体は基本オリジナルと激しく変わるわけではないし、見栄えも向上していて、充分な出来だと思うんですけどね。原作が同じ作品をいまの技術で撮ると、こうなるっていうわかりやすい見本とも言えるし。

この辺は【ダイヤルM】のように状況の方が変わって、電話が携帯電話にみたいなものとは違うので、比較しやすいかも。

賛否が分かれる『猿』たちのメイクがCGになったことは、個人的にはその部分に関してはオリジナルの方が良かったような気がします。

質が高いとか、低いとかそういう問題ではなく、リアル過ぎて気持ちが悪い。よくロボットが人間に似過ぎると嫌悪感を抱くという『不気味の谷』という現象に似ている感じ。

確かにリアルにはなっているんですが、特撮ヒーローものの怪人がリアルだったら嫌だなっていうのと一緒で、わざとリアルじゃなくしてくれた方が安心して観れそう。

大人の自分でもそう感じるということは、

子供が観たらトラウマ

になるんじゃないかと不安になります。技術の進歩は大事ですが、あんまりやり過ぎると、かえって引いてしまうのかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(安定的な面白さと、ちょっと難しい単語の差し引き)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめSF映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


PLANET OF THE APES/猿の惑星 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です