【ニューヨーク東8番街の奇跡】

Pocket

NYの下町の、住人たちが立ち退きを迫られる安アパートに、宇宙からの小さな訪問者たちが現われ、住人を励まして地上げ屋から守る。実生活でもおしどり夫婦の故タンディとクローニンが、彼らを受け入れる老夫婦を演じている。

allcinema ONLINEより。

クリスマス映画の定番となっている割に、実は勧めづらくなっている作品。

自分のように無骨なメカでも愛嬌を感じる人間なら、間違いなく楽しめるSFでありながら、完全にファミリー向け映画。

ですが、映画【ショートサーキット】の『Johnny5』やTVドラマ【ケータイ捜査官7】の『フォンブレイバー』を可愛いと思えない人だと全然ダメ。

ストーリー自体が自我を持ったUFOと、立ち退きを迫られながらも頑張っている人たちの交流なんですが、見事なまでにベタな展開。

最近の映画しか知らない人や、新しいものしか楽しめない使い捨てタイプな人だとチープに感じるんじゃないかと思います。

現実的な話、

クラシックの域に達した名作

となってしまっているので、『かぐや姫』や『桃太郎』をそのまま実写化しても楽しめないけど、名作じゃないかと言われたら、否定せざるを得ないようなものです。

単純に童心に帰って観れば、ハートウォーミングなファンタジーとして、優しい気持ちになれる作品。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(古典を受け入れられるかが分かれ目)

【クリスマスにおすすめなSF映画】(12/5アップ予定)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

ニューヨーク東8番街の奇跡 [DVD]/ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

¥980
Amazon.co.jp

2件のコメント

  1. >ハレルヤン【創作ゲーム・小説あります!】さん
    コメントありがとうございます。
    荒んでいる時に観ても、心が癒されるような
    気がしますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です