【アイ・アム・レジェンド】


2012年、ダーク・シーカーズの出現から3年でニューヨークを始め、世界中の人類は絶滅の危機を迎えていた。

アリス・クルピン博士が開発したガン治療薬を投与した患者たちは、一度治ったかに見えたが、次々と死んでしまう。生き残った患者たちも、爆発的な身体能力を得る代わりに、紫外線に弱くなり、暴力的な性格のダーク・シーカーズへと変貌していった。

大統領は生物をダーク・シーカーズへと変えてしまうウイルス『K.V(クルピン・ウィルス)』の感染源になったニューヨークを封鎖したが、『K.V』は空気感染により、世界中へと爆発感染していってしまう。

元米国陸軍中佐であり、科学者のロバート・ネビルは、愛犬のサムとともに廃墟と化したニューヨークで生活を続けていた。免疫があったため、感染を逃れたネビルは、ダーク・シーカーズを人間に戻す血清の研究を進めながら、生存者を捜し求めてメッセージを発信し続けていたのである。

ネビルは血清を見つけ、人々を元に戻すことが出来るのか……。

あいかわらず映画出まくりのウィル・スミスの作品。いまもハンコックに出てますね。それにしても、ウィル・スミスって序盤良い人から後半嫌な奴か、序盤嫌な奴から後半良い人ってパターンが多いような気がするのは気のせいなんですかね?

本当に一人しかいない街だと、こんなサバイバル生活なのかなって思います。ただ、愛犬がいるとはいえ、本当に一人しかいないため、実際にそんな状況だと、孤独のあまり、狂ってしまいそうな気がします。それ以前にリアルな問題として、本当にネビルしかいない場合、子供も作れないので、

ただ生き残ってもダメという現実

が嫌な感じです。

どう考えても、自分がそんな状況に置かれたら、3年も耐えられないと思います。サバイバル能力があっても孤独のせいで死んでそうです。

そういえば、この作品セル版にはもうひとつのエンディングが入っていて、元々はそちらがオリジナルで、公開直前に現在のものに差し替えられたんだとか。解釈が変わって、生き残る人物も変わってるので、気になる人はどうぞ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(普通に良作なので特に書くこともない)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
アナザーエンディング(ネタバレ有)
おすすめSF映画
おすすめアクション映画
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です