【ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション】

Pocket

独裁国家パネムを統治しているスノー大統領(ドナルド・サザーランド)との最終決戦に臨むカットニス(ジェニファー・ローレンス)をはじめとする第13地区の反乱軍。

ついにスノー大統領暗殺作戦が発動され、カットニスは、ゲイル(リアム・ヘムズワース)、フィニック(サム・クラフリン)、ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)と実行に乗り出す。

だが、スノー大統領は彼らの動きを察知しており、迎撃を展開していく。

彼らは、無数の敵からの攻撃や死のトラップにさらされ……。

シネマトゥデイより。

独裁国家によるサバイバルゲームの生き残りが革命の象徴として扱われ、反旗を翻した人々とともに戦うシリーズの完結作となる4作目というか、3作目の後編。

続編がつまらなくなるという作品はよくありますが、飽きられたわけではないのに最終作だけ尻すぼみになるというのも珍しい。

というのも、このファイナルは【ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス】と、本作【ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション】での実質前後編。

一般的な作品で

クライマックスの戦いの部分だけが描かれている

ような状況。

前編となる前作はターニングポイントになっているので、内容が割と詰まっていました。

ただ、本作はキャピトルに潜入して暗殺をしようとするだけなので、さすがに冗長。

しかも、洗脳されたピータを連れての行動な上、表向きは違う作戦なので、仲間も精鋭ではありません。

これが精鋭とか、独特なキャラクターだったり、カットニスと苦楽を共にしてきた仲間たちで、傷つきながらの総力戦とかだったら印象も変わっていたかもしれないですけどね。

基本的にカットニス含め、いろんな人がいろんな人に振り回されているだけで、結局戦いはキャピトルVS第13地区みたいな展開。

これなら前後編みたいな分割にしないで、無理やり詰め込むか、多少上映時間を伸ばした方がましだった気がします。

真相が語られた時点で最後の展開は読めるんですが、事情を知らない群衆がその出来事をおかしいと思わないのかも理解不能。

新しい要素であるミュットという怪物たち含め、説明不足過ぎて、映画しか見ていない人たちに楽しめるんですかね。

とりあえず、きれいにまとまっていることは否定しない。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(結局、カットニスとはなんだったのか)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション [SPE BEST] [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です