【ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス】

Pocket

歴代勝者を戦わせる記念大会の闘技場からすんでのところで助けられたカットニス(ジェニファー・ローレンス)は、第13地区の地下にあるコイン首相(ジュリアン・ムーア)率いる反乱軍の秘密基地に収容される。

そこでは独裁国家パネムを打ち負かし、自由で平等な国家を作り上げるための戦いの準備が着々と進行しており、彼女も反乱軍と一緒に戦うことを決める。

しかしスノー大統領(ドナルド・サザーランド)は、人質にしたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)をプロパガンダに使い……。

シネマトゥデイより。

国家による都市間サバイバルゲームを描いた1、2作目から趣を変えて、国家への反乱を描いているシリーズ完結作の前編。

駆け引きや陰謀有りのアクションから、社会派ドラマのようなレジスタンスものになってしまったため、ついていけない人たちも多かった様子。

現実問題として、完結をうたっているものの、きっと尺に収まりきらなかったんでしょう。前後編に分かれてしまっています。

それならパート3、ファイナルに分ければいいのにと思うところですが、分けてしまうと話が進んでいない印象が余計に強くなってしまうんでしょう。

反乱へのターニングポイントという重要な展開を迎えてはいるんですが、それ自体は過去作でも描かれているので再確認。

前作で捕虜となってしまったピータへの想いが、演技だったはずの関係から本物への愛情だと気づかせるというくらいで、あとは周囲の状況変化を説明しているだけ。

さすがにそれで1本の映画を名乗るのは厳しいと思います。ドラマだったらクライマックス前にあってもいい回だとは思うんですけどね。

キャピトルに対して6つの都市が反旗を掲げていて、ハンガーゲームをぶち壊したカットニスは反乱の象徴マネシカケスとして、ビデオでメッセージを送ることに。

ただ、カットニスに台本を与えるとまるで心に響かないため、戦場へと向かいます。

しかし、キャピトルのスノー大統領も黙って見ているわけではなく、カットニスに関わったすべての人間を処罰するといい、実際にカットニスが訪れた病院を爆撃したりもしてみせます。

それに対して、カットニスは弓矢で爆撃機を墜とすという凄技を見せてくれるのがかっこいい。

その一方でスノー大統領は当てつけのように白いバラを爆撃した地域にばら撒き、カットニスに見せつけます。

追いつめるためなんでしょうけど、あまりのカットニスへの

スノー大統領の執着振りは偏執的な愛情

を感じざるを得ません。

本来なら反乱の象徴であり、自分を脅かす相手なのだから憎いはずなのに、殺す気あるのかさえ疑わしい気がします。

完結編の後編である【ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション】を映画館で観ようと思っている人は押さえておくべき作品ですが、メディア派の人たちは【ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション】がメディア化されてから一緒に見た方がいいかもしれません。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(シリーズの1本としての評価なので、単体では★4がいいところかも。)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です