【キャビン】

Pocket

森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見し、呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され、コントロールされていたのだった。そして、何も知らない彼らに魔の手が忍び寄り……。

シネマトゥデイより。

期待してハードルが上がっていたにもかかわらず、面白かった作品。ただし、正直、ジャンルが何になるのかわからない。

ホラーのような、SFのような、スリラーのような、パニックのような。内容的にもB級だし、いわゆるトンデモ系だし、ストーリーも破たんしてるし。

でも、面白い。

なんだろう、名作なわけでもないのに、ついつい何度も観てしまう【ザ・グリード】や【フィースト】と同じような臭いがします。

もっとも、本当に楽しみたければ予告編とか観たりせず、変に前情報を収集せずに観て欲しい。公式サイトも観てはダメです。

予告編では『先の展開が読めない』ことを売りにしていますが、トンデモ系に近いので、読めるはずがありません。むしろ、読めたという人は、大ぼら吹きか、ただの頭がおかしな人です。

頭がおかしな人というのは言い過ぎだろうと思うかもしれませんが、選択肢が3つの問題で、『1+リンゴ』の正解が4番の『いいえ』だとわかったという人は頭がおかしいと思います。

でも、不思議なことに観ている間は全然気にならないんですけどね。

『あるある』が散りばめられている映画は少なくないし、途中から真相がわかり、ジャンルが変わるというパターンもそれなりにあります。

ただ、この映画の場合、序盤から裏側が観客や視聴者に提示されていて、5人の若者サイド、謎の組織サイドで話が同時進行していくのが珍しい。

若者たちの方では【死霊のはらわた】のような山小屋ホラーが展開し、謎の組織サイドではある目的のために、SF映画のような超技術を使って、若者たちをシナリオ通りに動かそうと奮闘する姿を描いていきます。

その対比が凄まじく、若者たちの方は不気味な感じでいかにもホラーなんですが、謎の組織の人々は妙に明るい。若者たちを殺そうとしていることに間違いはないんですが、行動について賭けをしていたり、いちゃつくカップルをみんなで鑑賞したりしています。

ミスや失敗で目的が達成出来なくなりそうで、逆に追いつめられたり、殺人を楽しんでるふうではなく、ゲームをしているようにしか見えません。

全体的に死ぬときはあっさり死ぬんですが、初めの一人を除いて、誰がどう死ぬのかわからないので、結構驚きます。しかも、油断していると、地味にグロかったりするんですよね。

ツッコミどころ満載な作品ではありますが、逆にそれを楽しむ作品になっていると思います。

そして、黒幕は「また、あんたか」と思う人物でした。

ちなみに日本では京都で計画が進行していたらしいです。失敗して組織の幹部らしい人物たちが毒づくのが面白いです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(B級ホラー好きにはたまらないけど、普通の映画好きだと好き嫌いが分かれるかも)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
おすすめSF映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


キャビン [Blu-ray]

4件のコメント

  1. そうですよね!!たしかにめちゃめちゃだったけど楽しめました~(´Д`)これ、なかなかの当たりでした♪

    1. 大絶賛は出来ませんし、お約束がわからないとツッコミ箇所が減りますが、当たりだと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です