【バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2】

Pocket

未来に行ったマーティが賭けのネタ本として目をつけたスポーツ年鑑が宿敵ビフの手に渡り、彼は過去の自分にその本を手渡す。そのために大きく変化した1985年の世界を救うため、マーティは再び1955年へ。

allcinema ONLINEより。

よくある1で続編の余地を残しておいて、評価によって続編を作るかどうか決めるタイプでしたが、見事な大ヒットで作られた続編。ちなみに【バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3】は同時に制作されました。

ストーリーは第1作のラストからそのままつながっており、未来へマーティとジェニファーの子供を助けに行くことに。

未来はマーティのせいで結婚はしているものの、第1作で裕福になっていた環境を手放す羽目になっています。

しかも、中年になったマーティは悪友にそそのかされて不正をしたために、会社をクビになるという悲惨な状況。

本当にマーティーにとって、『チキン(臆病者)』という単語は完全に鬼門。

『チキン(臆病者)』と呼ばれて奮起するのはいいんですが、熱くなり過ぎて、トラブルばかり起こします。

息子のトラブルを棚ボタで解決し、現代に帰ったものの、未来のビフがスポーツ年鑑を高校時代のビフに渡したため、歴史が改変されてしまいます。

未来の物を過去に持って帰るとろくなことになりません。改変もひどいもので、ビフがカジノを開き、大富豪となったことで街中で車が壊れていて、銃の撃ち合いが普通に起こってる様子。

何をどうすれば、ここまで治安が悪くなるのかわかりません。

マーティーとドクは名鑑を取り戻そうとするんですが、そこで第1作のストーリーが大きく絡んできます。

第1作目のストーリーでマーティーが行動している裏で、本作のマーティーが行動しているので、

第1作を別の視点で楽しむ

ことが出来ます。

逆に言えば本作を観るなら第1作を先に観ないと楽しみ半減です。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★★
(ホバーボードは持ってきて良かったんだろうか)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 [Blu-ray]/ジェネオン・ユニバーサル

¥1,980
Amazon.co.jp

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です