【バイオハザード3】

Pocket

前作の惨劇から8年。感染は全世界へ広がり地上が砂漠と化す中、ラクーンシティの生存者たちは、アラスカを目指してネバダ州の砂漠を横断していた。

そこですべての元凶であるアンブレラ社の巨大な陰謀を阻止するため闘い続けるアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、離ればなれになっていたカルロス(オデッド・フェール)と生存者一団に遭遇する。

シネマトゥデイより。

本来ならシリーズ完結となるはずだった3作目。

ラクーンシティでの事件から既に数年が経過。世界は既にT-ウイルスに侵されており、人間はアンデッドに、地上は砂漠へとその姿を変えていた。すでに都市部はアンデッドに埋め尽くされており、生き残った人々は残された資源を消費しつつ、移動し続けるしかなくなっている。

ウイルスに感染したにも関わらず、アンデッド化せずに念動力を身につけたアリスは、ラクーンシティの壊滅後、ともに脱出した仲間たちと別れ、ひとりで生き延びていた。

同じ頃、別れた仲間のカルロス、LJはというと、武装した車団に合流し、生存者を探しながら移動を続けていたのだが、空を多い尽くすほどのカラスに襲われる。カラスたちは感染した肉を食べたため、アンデッド化していた。

一団の1人が火炎放射器で対応していたが、少女を守ろうとしたカルロスまで巻き込まれそうになった瞬間、炎の動きが変わり、アリスが姿を現す。アリスは炎を巨大化させると、空一面にいたカラスたちをすべて焼き尽くすが、念動力の使い過ぎか、その場に倒れてしまった。

回復したアリスは車団のリーダーであるクレアを紹介されると、道中で見つけたノートの存在を教え、感染が起きていないアラスカを目指すことを薦める。

ただ、アラスカに行くためには燃料も食料も少ないため、車団はラスベガスへと向かうことに。

だが、そこにはアリスを捕捉したアンブレラ社が待ち構えていた。

さすがに完結編の予定だっただけに、過去2作の謎や、ゲーム版を抑えてます。あいかわらず?な部分や、重要じゃないため手抜きされたっぽい部分もありますが、充分に良い出来だったように思います。

特に今回はゲーム中でうっとおしいカラスや、ゲームの1の悪役で、無駄に人気のウェスカー隊長が議長として登場してます。ただ、ストーリーや舞台は4に近いのかと思いましたが、

完全にオリジナル

でした。

また、クレア役のアリ・ラーター。ゲーム版のクレアはスレンダーなイメージが強かったので、また女子プロみたいなの連れてきたなあって思っていたら、実はファイナル・デスティネーションではヒロイン、続編のデッドコースターにも出てきたスレンダー気味の美人。グラマーになったと言えば聞こえがいいですが、いくらなんでも大きくなりすぎ。

それから今回の売りだったクローンアリス。ぶっちゃけ目立ちません。映像として出ているのでネタバレ関係なく書きますが、培養液で培養されているのに身体能力や、記憶、技術が何故かオリジナルアリス並。ラストバトルにも関連してくるのですが、思考、判断、行動がアリスと一緒というのはちょっとご都合に感じます。

あとはゾンビ。カラスも登場しましたが、それ以上に今回のゾンビは過去のホラー映画に出ているゾンビの常識を覆します。知能を持つゾンビは古くは【死霊のえじき】から、比較的新しいものでは【ランド オブ ザ デッド】とかありますが、道具を使うことはあっても、鉄塔を昇るゾンビは初めて観た気がします。どうやって昇ったのかトラックの上から襲ってくることはありますが。過去のゲーム版でも階段を昇り降りや、這い上がるとかはありましたが、鉄塔を昇り降りはしていません。こうなると、ホラー映画定番の高い所へ逃げるも出来なくなるので、逃げ場もありません。もうニートになって餓死待ちです。

結局、完結せずに続いちゃうんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★

(ラスベガスの砂漠化スピードが異常)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
【バイオハザード】シリーズ
ホラーゲームが原作のホラー映画
ゲームが原作の映画
おすすめホラー映画
おすすめSF映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


バイオハザードIII [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です