【オール・ユー・ニード・イズ・キル】

Pocket

近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。

対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。

しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘と死を繰り返す。

そんな中、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会ったケイジは、彼女と一緒に何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術を向上させ……。

シネマトゥデイより。

桜坂洋のライトノベルを原作に、トム・クルーズが主演するというある意味日本のライトノベルがエンターテイメントとして評価されたSF作品。

ストーリーはタイムループを繰り返して、対抗手段を講じるというチートのような戦術を使ってくる侵略者に攻め込まれる人類。

相手の手の内がわかっているのだから、やりたい放題なんですが、人類はその事実を知りません。

その戦いの前線に戦闘経験のない少佐ケイジが将軍を怒らせたことで、妄想癖のある新兵として放り込まれることに。

総力戦となったその戦闘でケイジはギタイと呼ばれる侵略者を道連れに死ぬんですが、何故か目が覚めて、出撃前の状況に戻ります。

死ぬ度にゲームのように出撃前の状況に戻るケイジは、自分と同じ能力を持っていて、いまは失ってしまったリタと協力し、ギタイのボスであるオメガを倒すことを計画。

肉体を鍛えても元に戻ってしまうので、基本的には経験を積み、知識を蓄えることになるんですが、その過程が本当にゲームのようでした。

その繰り返しのくだりがあまりにも酷いので、思わず笑ってしまいます。

自分は【DEATH NOTE】や【バクマン。】の小畑健のコミカライズから入ったんですが、映画版は原作のライトノベルや、コミカライズとは異なり、いかにも欧米の対侵略者ものらしいヒーローものになっているんですよね。

原作やコミカライズは、映画を先に見たら驚くほどの絶望感と衝撃的な結末を迎えるので、映画版が物足りないと感じた人はコミカライズ版がおすすめです。

映画版自体もゴチャゴチャしてわかりづらい感はあるものの、戦争映画のような派手な演出が凄いと思うし、2時間があっという間に感じるので楽しめるんじゃないかと思います。

ラストは賛否がわかれるところ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(ライトノベル原作なのに、原作の方が絶望的って映画では珍しいかも。)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめSF映画
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です