【ユージュアル・サスペクツ】

Pocket

船舶の炎上事故を調べていた捜査官クラインは尋問していたヴァーバルから奇妙な話を聞かされる。

6週間前に銃器強奪事件の容疑者として集められた5人が、釈放後、協力して宝石強奪を決行。

ブツをさばくためにLAの故買屋と接触した5人は、そこで新たなヤマを依頼されるが、宝石と聞かされていた獲物は麻薬で、トラブルから相手を射殺してしまう。

そして恐慌状態の彼らの前に、伝説のギャング“カイザー・ソゼ”の右腕と名乗る弁護士が現れたというのだ……。

allcinema ONLINEより。

基本的に取り調べ形式で、刑事と手足に障害を持つ男が会話し、その回想で話が進みます。

ある船で爆発が起こり、そこで何があったのかを取り調べするんですが、その話が荒唐無稽。

叩けば埃が出る身の5人が集められ、警察で面通しをされるが、キートンの有能な女弁護士のおかげですぐに釈放される。

5人は汚職警官の手口を真似て奪ったエメラルドを故買屋のレッドフットに売ると、新たな儲け話として宝石商襲撃を持ちかけられた。

だが、襲撃は失敗し、宝石商を殺してしまった上、獲物も宝石ではなく、麻薬だった。5人がレッドフットを問い詰めると、『カイザー・ソゼ』に頼まれたという。

そして、そこへ伝説のギャング『カイザー・ソゼ』の片腕を名乗るコバヤシという男が現れ、5人は過去に『カイザー・ソゼ』の物をそうとは知らずに奪ったことがあると告げる。

知らなかったことだから殺さないでやるが、借りは返せと言い、対抗組織が手に入れようとしている麻薬を手段を問わないから処分するように命じられるが……。

『カイザー・ソゼ』は本当にいたのか? 誰かが『カイザー・ソゼ』なんじゃないのか等ミステリアスな展開が続きます。

実は何度か飛び飛びで観ていたんですが、

見事ひっかかりました。

それくらい計算された小出し感、ミスリードが良く出来ています。普段なら途中で、どうせこんな感じだろうと思うことになるんですが、ちょっと予想外。

一瞬、そう思ったりもしたんですが、完全にその可能性を除外しちゃいました。

特にネタ晴らしの瞬間は、シンプルな手品のタネを見せられ、素直に感動する感じ。

単純にひねくれた結末というわけじゃないのがオススメです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★★
(コバヤシは何故英国人なのかが最大の謎)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ユージュアル・サスペクツ [Blu-ray]

4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    英国人のコバヤシさん頑張ってましたよね。
    ハリウッド映画に出てくる日本人は中国か韓国の方が多い中、英国人っていうのは新鮮でした。w
    刑事が騙されたことに気付いた瞬間も私は何事?って思ってたりして。ww

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >しーどさん
    コメントありがとうございます。
    コバヤシ謎なんですよね。聞いた話で確認して
    ないんですが、英国人のコバヤシとして登場
    してるとか。ネタバレ避けるために情報
    チェックをまだしてないので。
    刑事が気付いた瞬間は、何見てんだ? って
    思いました。それまで全然気にしてない
    ところを見てたし。
    気持ちいい騙され方でした。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    美しく練り切られた作品ですね!!!
    私もスッカリ、見事、きれ~に騙された1人です。。感嘆(*´Д`)=з
    そしてケビン・スペイシー好きの決定打となりましたw

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >haru☆さん
    コメントありがとうございます。
    練られた作品って大抵緻密過ぎて、消去法で
    わかるものですが、騙されましたね。
    ケビン・スペイシーと言えば、【ヤギと男と
    男と壁と】が気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です