【TRICK トリック 劇場版】

Pocket

自称売れっ子天才奇術師・奈緒子は、300年に一度、大きな災いが襲うと言われている糸節村の村人から、不安を取り除くため神を演じてほしいとの依頼を受ける。彼女が村を訪れてみると、そこには不思議な連中がいた。何でも実体化する男、足の裏に目を持つ男、確率を支配する男。彼らはそれぞれ自らを神と称していた。そして不可思議な現象も次々と起こり、奈緒子と物理学者・上田は翻弄され、追いつめられていく。矢部刑事や奈緒子の母・里見までも巻き込み、事態は予想もしない方向へと向かっていく…。

allcinema ONLINEより。

最新作が公開するからとか、テレビで放送したからとかでなく、久々に観たくなって観てみました。

何度観ても面白い。特に本編とは関係ないですが、堤作品のネタは時事ネタが多いので、懐かしいなあという面白さも。

また、主役の山田(allcinema ONLINEは何故奈緒子の方を書いたのか謎)を演じてる仲間由紀恵のコメディエンヌとしての演技は、

上野樹里ののだめに匹敵するレベルの破壊力があると思う。

それが仲間、阿部をはじめとするベテランクラスの役者たちと、堤監督独特の作風による相乗効果でさらに高められている感じ。

内容的にはちゃんとしたミステリーなのに、すごいユルい感じになっているのもシュールな雰囲気を感じさせます。

また、この劇場版ではテレビシリーズのように阿部演じる上田教授が依頼に来る形でなく、別々の理由で現地に居合わせるという珍しいケースだったりも。

もっとも、個人的には『シスラナ』ネタが一番好き。シリーズ中、山田のツンデレがもっとも発揮された作品のような気がします。

2010年4月現在放送中の矢部さんは、残念ながらあんまり活躍しないというか空気なのがとても残念。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(ちなみに余談ですが菊姫役の老婆は、【ぼくたちと駐在さんの700日戦争】のバーバー吉田のばばあ)



↑予告がなかったので、鬼束ちひろの『月光』の動画でも。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です