【ジェネラルルージュの凱旋】


チーム・バチスタ事件から1年後、院内の倫理委員会の委員長を務める田口(竹内結子)のもとに一通の告発文が届く。救命救急センター長の速水(堺雅人)と医療メーカーが癒着し、同センターの花房看護師長(羽田美智子)が共犯という内容。彼女が院内調査を開始した矢先、同様の告発文を受け取っていた厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)が再び現れる。

シネマトゥデイより。

殺人トリックがキーだった前作と異なり、今回は速水が癒着をしているのかと、告発文書を書いたのが誰かというのがキー。

特に今回は前回と違い、現在の医療問題を知っておいた方がいいとはいえ、難しい知識はいらない分、気楽に観れました。

ただ、今回魅力あるキャラクターが速水だけで、田口、白鳥はあんまり前面に出てくる印象がないため、どちらかというと、推理物というよりも速水のヒューマンドラマに感じるかも。

また、無茶さ加減を印象付けるためとはいえ、さすがに廊下いっぱいになるほど搬送患者をすべて受け入れるのはやりすぎ。あれでは死んだら速水が悪いとしか思えないんですよね。

TVドラマの救命病棟24時でも救急の問題が取り上げられてますが、ほぼ真逆ですからね。こちらは協力を受けられなくて患者が死んでいくこと訴えてて、救命では引き受けるために医者がダメになっていくという感じ。

最近は東京ルールなんてものが出来ましたが、正直救急車を有料にして、実際に病気だったら還付でいいんじゃって気がします。タクシー代わりとか、ペットがとか言ってる人たちは、狼少年よろしく実際に病気になった時に救急車来なくてもしょうがないんじゃって思うんですよね。

それにしても、堺の怪演振りは興味深い。チュッパチャップス舐めながら、いたずら小僧のような笑いを浮かべてるため、本当に何を考えているのかわかりません。ゴスペラーズのメンバーにも半笑いで恐ろしいことを言う男と言われているらしい。

っていうか、この映画堺雅人の独壇場なので、他の人のファンには物足りないかも。

オチのつけ方はちょっと微妙かも。好きだけど。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(一度思い込むと、もう推理は当たらないと思う)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

2件のコメント

  1. potaro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    公開時には面白そうと思ったまま、見ないままで来てます。堺雅人さん、結構好きなので見てみようかな!

  2. enta_mattari より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >potaroさん
    逆に早く観たいと思ってましたw
    で、DVDになった途端に借りましたが、犯人探しが好きな人には退屈かも。どっちかというと、やったのか、やってないのかがキモなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です