【SAW3 ソウ3】

Pocket

新作当時に観ましたが、【SAW】と【SAW2】の補完と次作への伏線を張っているだけのような気がします。自分は【SAW】も【SAW2】も観ているので、ああ、結局そうやって死んでたのかとか補完されてみました。

ただ、ネットでは話が錯綜していて、実は○○は生きていて、あの死体はニセモノとか、実は本当の黒幕がとか色々言われています。読んでいて面白いとは思うものの、整合性がとれないんじゃないかな?と思います。

まあ、3作目にしてとうとう【ファイナルデスティネーション】シリーズと同じ轍を踏んできた気もします。【SAW】での謎解きが魅力だったのが、【SAW2】では変なトラップゲームがメイン(ここだけ抽出すると、【CUBE】の方が面白い)になり、【SAW3】ではとうとうスプラッタチックな映像がちりばめられています。というか、【SAW】の

精神的に追い詰められる感がありません。

多分、今回のストーリーの流れがおかしいところに起因しているようにも感じます。

今回のあらすじは、交通事故で息子を失った男ジェフが誘拐され、ジグソウのゲームに参加させられます。ただ、今回のゲームはいつものゲームと趣が違い、息子を失った際に罪を犯した3人を許せるかというゲームで、直接的に自分の生命はかかっていません。どちらかと言うと、ジグソウのようにプレイヤーの生命を握っている側のように思われます。

時を同じくして、ジェフがゲームをしている間、ジグソウを生かすというゲームを行われる女医リン。ジグソウが死ぬか、逃げ出そうとすれば、首につけられた器具から複数の銃弾が顔面目掛けて跳んでくる仕組みになっています。

と、まあ、ここまでならおかしな事にはならなかったと思うんですが、今回のゲームは複数のゲームが複雑に絡み合っていて、誰々の行動によって、誰々が死んでしまうなんてこともあります。その過程で、トラップで死ぬシーンを出したいがために理不尽なトラップがあったりします。正直、ショットガンのトラップはありえないというか、どういう状況を想定していたのか謎でたまりません。どう理不尽なのかは実際にご覧ください。

ちなみにこの【SAW】シリーズ、5までは製作されることがほぼ決定しています。自分的には次の黒幕は今回生き残った人間に違いないと思っています。

そういえば、【SAW2】の女刑事ケリーが【SAW2】の刑事エリックを捜している話とジェフの話が平行しているように聞いていたのに、ケリー全然メインじゃなかった……。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(【SAW】、【SAW2】を観た人は観ないとダメ! 【SAW】、【SAW2】を観てない人は観てもつまらないです。ちなみに小説版は細部が違います)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です