【レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙】


サイコキラーの心理に、自らのそれをシンクロさせて事件を解決するFBI捜査官ウイル・グラハム。その捜査方法は、自己を崩壊させかねない危険なものだった。家族とマイアミで静かに暮らす彼に、FBIから出動要請が。普通の捜査官の手に負えないシリアルキラーが現れたのだ。

allcinema ONLINEより。

【刑事グラハム/凍りついた欲望】として公開した映画で、【羊たちの沈黙】のヒット後に改題。

ちなみにオリジナルの方なので、レクターはブライアン・コックス。とは言っても、主役はレクターを逮捕したウィル・グレアム。

ややこしいんですが、元のタイトルは【刑事グラハム/凍りついた欲望】ですが、DVDの作品中ではグレアムになっています。同じつづりなので、発音の違いだと思います。

ウィル・グレアム役は【CSI:科学捜査班】のギル・グリッソム博士で知られる ウィリアム・L・ピーターセン。【CSI:科学捜査班】より10年以上前の作品なので、とても若々しいです。

また、レクターはグレアムに影響を与えたものの端役に過ぎず、出番はかなり少ないですが、後に有名となるクラリス捜査官との会話を彷彿とさせるやりとりが垣間見えます。

そして、本来の犯人であるフランシス・ダラハイド。はっきり言って

ただの変態

です。相手を殺すとわかっているのに、パンストらしきものをマスクのように被ったり、やたら噛みついたりします。

そして、服の趣味の悪さも異常なくらいダサいと思う。

ショッキングなシーンは殺された人が車椅子で走るシーンくらいで、あとは特にそういったシーンもなく、淡々と進みます。

相手もレクターとの心理戦みたいな高度な頭脳戦ではなく、2時間ドラマに近いまったりした感じで、緊張感もあまりありません。

2001年版とは展開が違うんですが、2001年版の方がオススメです。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(ちょっと淡々とし過ぎな感が)

【レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙】詳細

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙 [MGMライオン・キャンペーン] [DVD]/ウィリアム・L・ピーターセン,ブライアン・コックス,トム・ヌーナン

¥1,000
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です