【映画 謎解きはディナーのあとで】

財閥の令嬢で新人刑事の宝生麗子(北川景子)と執事の影山(櫻井翔)は、久しぶりの休暇を楽しむためシンガポール行きの豪華客船に乗り込む。しかし、出航後ほどなくして船内で殺人事件が発生。乗員乗客3,000人を乗せた船が目的地に到着するまでの5日間に犯人を捕らえ、事件を解明しようとする麗子と影山だったが、次々と事件が発生してしまい……。

シネマトゥデイより。

テレビドラマはちゃんとチェックしていたので期待しながら観た作品。

財閥のお嬢様で刑事の宝生麗子と、執事でありながら主人である麗子に慇懃無礼な言動をとる影山が事件を解決するストーリー。

ターゲットは女子中高校生辺りだと思うので、あんまり難しい謎とかはないと思ってください。

むしろ、北川景子と嵐の櫻井翔の掛け合いを楽しむだけの作品くらいに思って観た方が良いです。

さすがに【富豪刑事】のようなメチャクチャさはないですが、北川景子演じる美女で、決して頭が悪いわけではない麗子が、影山にやり込められて、「もうっ」となるやりとりは本当に面白い。

見どころはそういうやりとりなので、あんまり

推理映画としては期待しない方がいい

かも。

というか、この作品の最大のネックは本来は探偵役にあたる影山が推理をしているように見えないこと。

基本的に麗子が推理したのを影山が馬鹿にして、前述のようなやりとりのあと、真相を説明するという流れになります。

普通の推理作品では、そこにいたるまでの過程で探偵役が証拠を集めたりするものですが、この作品の場合はそれがほとんどないんですよね。

大体が真相を理解している影山が犯人を問い詰めて終わりという感じで、何故そう推理したのかは説明なし。

真相はこうでございますと言われたら、そうですかとしかいいようがないです。まあ、その辺は金田一耕助シリーズも犯人が否定したら終わってしまうものもあるので、しょうがないのかもしれません。

今回の舞台は宝生グループの豪華客船で、麗子と影山は麗子の名がついた船が最後となる航海のために乗っていたら、財宝が載っていて、アホな上司の風祭もいたという展開。

見たことのあるような人々がキャスティングされていて、映画らしく、すごく豪華。逆に言えば、豪華なだけで何もないハリボテみたいな印象。

豪華なキャストのためにいくつかの話が複合して、最終的にまとまっていくという流れになっているため、テレビドラマ版と比べてもテンポが悪い気がするし。

要潤が全裸で土下座死体になっていたり、宮沢りえの下町おばちゃん演技は珍しいものを見たという感じにはなるんですけどね。

ジャニーズやフジテレビが関係している映画は、よく学芸会と揶揄されることが多いですが、学芸会っぽい方が面白い作品もあるので、それはそれでいいんじゃないかと思います。

ただ、そういう作品は長々やるとつまらなくしかならないので、CMの入るテレビならともかく、映画で120分は失敗だったかもしれません。

個人的にはつまらないとは思わないけど、北川景子や櫻井翔のファンなわけではないので120分はダルかった作品でした。ちなみにテレビドラマ版を見ていなくても問題ないです。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(推理映画としては勧めませんが、単なる娯楽作品としてならそれなりに楽しめるのでは)

《関連リンク》
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


映画 謎解きはディナーのあとで Blu-rayスタンダード・エディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました