【L change the WorLd】


大ヒットしたサスペンス映画【DEATHNOTE】のスピンオフ作品で、松山ケンイチ演じるLに焦点が当たっています。時期的には後編の事件解決後から、ラストシーンの間の出来事です。

ざっとあらすじ。

知っている人物の名前を書くと、その相手を殺すことが出来るデスノート。それを駆使して新世界の神になろうとしたキラとの頭脳戦に勝利したL。ただ、その代償として、彼の人生は残り23日となっていた。

日本でその戦いが繰り広げられている最中、タイで一つの村が消滅する。村唯一の生き残りである少年が持っていたSDカードの中身を確認すると、そこには人の手で作られた『死神』の力が映されていた。

そこへ今度は少女が訪れる。彼女が非業の死を遂げた父に託されたものが、村一つを消滅させることになった『死神』だと気付いた時には、追っ手がすぐそこまで迫っていた。Lは限られた時間の中、ふたりの子供を守りながら、陰謀を阻止できるのか。

……。スピンオフです。主役はLです。でも、全編通してよく考えると、Lは別に何もしてません。問題の方がやってきて、自分たちで解決。Lは保護者的な立場で行動してますが、そこはLである必要がない感じ。犯人と対峙した際に、言葉に説得力を持たせるという意味では必要だったかもしれませんが、そこも別にLじゃなくてもという感じ。ファン向けにしても、Lというキャラクターを掘り下げてるわけでもないので、すべてが中途半端でした。

まあ、【DEATHNOTE】好きは補完のために観る分にはいいと思う。あと、松山ケンイチファンはどうぞ。

オススメ度(10段階)……★★★
(色々とダメなことが多い)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です