【KING GAME キングゲーム】

Pocket

ある日突然何者かによって同じ場所に集められ、外部と遮断された状況で王様ゲームを行うはめになった見知らぬ10人の男女。実は彼らはある秘密の契約に基づき集められ、自分の本名も目的も明かすことは許されていなかった。ゲームが続けられていくうちに王様の要求はエスカレートし、それぞれの心の底に秘めたものがあぶり出されていく。

シネマトゥデイより。

ここ数年、漫画家がタレント活動し始めて、色々やりだすようになりましたが、この作品は【東京大学物語】の江川達也が原案、監督した作品。

主演は【リアル鬼ごっこ】の石田卓也で、芦名星や木村佳乃、窪塚俊介が脇を固める感じです。

でも、一番味があったのは香川照之 を髣髴とさせる山本浩司。凄い地味なんですが、主役を食っています。

というか、石田卓也のせいではなく、主人公が地味過ぎる。はっきり言ってしまえば、最後以外何もしてません。

なんとなく、【インシテミル】に対抗して作られたような作風で、宴会モードから幻覚を見るようになり、徐々に狂っていきそうな感じが期待させます。

が、そこで終了。あらすじや予告からは【赤い密室】のようなインモラルな展開に移行すると思わせておきながら、そういう方向にはほとんど行かず。

せいぜいが参加者のひとりが全身ラバースーツを着せられて、鞭で叩かれるくらい。しかも、このシーン、何故か王様が何度も命令するという適当さ。

話が進むにつれ、驚きがなくなり、

どんどんつまらなくなる

映画というのも珍しいと思います。

せっかく元AV女優の夏目ナナに出演してもらっているのに、意味ないし。

こういう作品は殺し合いか、インモラルな方向に話が進んでいかないと、本当にグダグダになるという典型的な作品でした。

オススメ度(10段階)……★
(ダメなのは演技ではなく、脚本と監督だと思う)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です