【ドクターズ・ハイ】

Pocket

将来有望なインターンとしてエリートだけが集まる医療センターに赴任した主人公が、周囲で秘密裡に行われていた恐ろしいゲームに巻き込まれていく。

allcinema ONLINEより。

医療サスペンスのような想像をしてしまいますが、実際は医療現場で起こっているだけで、医学知識は一切不要です。

昨今の海堂尊の作品【チーム・バチスタの栄光】や、【ジーン・ワルツ】のような小難しさもありません。

ただ、ちょっと日本の医療センターとはシステムが違うらしく、研修医は様々な科をたらい回しにされるわけではない様子。

エリートが集まるせいなのか、傲慢な感じの人が多く、なんとなく偉そう。

しかも、やっていることが研修医なのに解剖して死因を調べてるんですよね。自由気ままに。

遺体の扱いも雑で、適当な感じで大鋏みたいなもので切り刻んでたり。あまりにも雑に扱われているため、日常のシーンで普通に画面内に脳みそ丸出しの死体が映ってたりします。

そんな空間で働いてるだけあって、研修医たちにもおかしな連中がいて、表面上はわからないものの、

ほぼサイコパス。

持ち回りで行う『死因当てゲーム』を出すために人を殺す始末。ただ、展開として誰が犯人かわからず、ひとりひとり殺されるのかと思ったら、そうじゃなくってちょっと意外でした。

主人公のテッドは婚約者がいるにもかかわらず、『死因当てゲーム』と、文字通りビッチなジュリエットにハマったことで破滅への道を進み始めるんですが、婚約者に会ったことでふと我に返ってしまう。

ただ、その頃には深みにはまり過ぎていて、あっさりと抜けられる状況ではなくなっていた。しかも、ビッチなジュリエットを自分のものだと思っているリーダー格が吹っ切れてからはメチャクチャ。

アクション映画のような殺し合いにはなりませんが、さすが【アドレナリン】のスタッフだけあって、怒涛の展開でした。

グロ耐性やエロ耐性があれば、かなり面白いと思います。前半は不快に思う人も多いかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(アリッさ・ミラノを久々に観た)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です