【鑑識・米沢守の事件簿】


爆弾テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソン。鑑識課員の米沢(六角精児)は、マラソン大会の参加者の中に自分の逃げた女房を見つける。特命係の右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)がテロの犯人を追う中、米沢は逃げた女房と思われる女性の死体が発見されたという知らせを受けるが……。

シネマトゥデイより。

刑事ドラマ【相棒】のスピンオフとして作られた作品で、ドラマ版では裏で右京たち特命係に手を貸すことの多い鑑識の米沢が主人公。また、長谷部安春監督の遺作となりました。

劇場版1作目の舞台となった東京シティマラソンのランナーの中に、米沢は逃げた女房を見つけるが、その女房の死体が発見されたという知らせを受ける。

まあ、実際は瓜二つの別人で、萩原正人演じる刑事の相原の元妻で、ふたりで捜査に乗り出すというもの。

萩原正人には申し訳ないんですが、最近は俳優というより雀士とか、ギャンブル系のアニメの声優ってイメージしかないんですよね。

俳優だった当初も市原隼人のような熱血系の演技ばっかりで、推理もののイメージないし。上手い下手ではなく、イメージがないだけなんですが、ある程度の芸歴でイメージがついていると、やっぱり影響強いと思います。

それが演技派の六角精児と組んでの芝居となるので、鑑識が刑事を引っ張ってるような印象が否めませんでした。

それにしても、刑事の妻は大変だから離婚しやすいというドラマが多いですが、主人公ふたりともが離婚しているっていうのも珍しい。

演じている六角自身、結婚、離婚を繰り返し、復縁を含めて4回も結婚しているし、萩原の方も和久井映見と離婚していますしね。

ちなみに意外と知られてないですが、米沢は同じテレビ朝日系列の刑事ドラマ【警視庁捜査一課9係】シリーズにも登場したことがあったりもします。

ただ、この作品、鑑識の米沢のスピンオフにもかかわらず、

鑑識技術を駆使しての捜査ではない

んですよね。このタイトルで考えたら、普通は【CSI】とか、【科捜研の女】のような作品を想像すると思うんだけど、そんな気配なし。

意外ともとれる真相に至る流れは、いかにも【相棒】らしいけど、鑑識である必要はなかった作品。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(刑事ドラマとしては面白いけど、鑑識ものではないです)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です