【相棒シリーズ X-DAY】


インターネット上に謎のデータがばらまかれ、削除された直後、とある銀行のシステム担当の男が死体で発見される。男を不正アクセス容疑で追っていた警視庁サイバー犯罪対策課の岩月彬(田中圭)と殺人事件として調べる捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、そして捜査に巻き込まれた杉下右京(水谷豊)が事件を追っていくと、政官財の権力構造と“X DAY”という金融封鎖計画の存在が浮上する。

シネマトゥデイより。

水谷豊演じる杉下右京と、様々な相棒たちの活躍を描いたテレビドラマシリーズ【相棒】。その劇場版ではスピンオフとして、鑑識の米沢守と刑事の相原誠という違った『相棒』を見せてくれました。

それに続くスピンオフ映画として、初代相棒の寺脇康文演じる亀山薫と喧嘩ばかりしていた捜査一課の伊丹憲一がクローズアップ。

昔ながらのアナログなタイプの刑事である伊丹と、サイバー犯罪を担当し、自分の管轄のこと以外は手出ししない現代の会社員的な岩月彬が『相棒』に。

完全に価値観が異なるふたりで、杉下の知性派との絡みとは違った組み合わせは面白い。

ただ、

悪い意味でファンサービス的な作品

となっています。

あくまでフィクションなので、その陰謀が実際には不可能だったり、ご都合なのは仕方がない部分。現実的な話、面白ければリアルである必要はないと思うんですよね。もちろん、限度はありますが。

ただ、それは逆に言ってしまえば、専門的な作品でない場合、わかりやすい作品を求められてしまうということでもあると思います。

テレビシリーズの相棒や、過去の劇場版では専門的な話がわからなくても、状況や言動、人間関係がわかれば大体の話は理解出来るくらい説明的。

しかし、今回のスピンオフではそれが薄い。基本的に視聴者の知識としては伊丹に近く、考え方は岩月に近いんじゃないでしょうか。

にも関わらず、伊丹はわからないから説明しろという割に話を聞かず、岩月は説明下手。陰謀があまりにも大き過ぎて、本来なら日本終了するレベルなのに、本当にわかりにくい。

多分、観て絶賛している中の3分の1くらいは大変だっていうことはわかるけど、その陰謀が実行されるとどういうことが起こるのかまではわかってないと思います。

伊丹がそういう部分を一切無視して、自分の信念を貫き通し、暴走する姿は熱いので、伊丹ファンとしては堪らないでしょう。

アナログタイプの一刑事が国家レベルの陰謀を防ぐために奮闘するというのは面白い反面、やはりアンバランス過ぎて無茶過ぎました。

杉下は特殊な環境に身を置いていて、警察の上層部や、政財界に謎のパイプがあるのでまだ受け入れやすいんですけどね。

スピンオフとして異なる『相棒』というのは、試みとしては面白いんですが、それぞれに見合った事件でお願いしたい。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(【あぶない刑事】みたいな突き抜けた作品なら刑事がテロとか扱っても気にならないというのもちょっとした不思議)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめ推理映画リンク集
おすすめアクション映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


相棒シリーズ X DAY [Blu-ray]

2件のコメント

  1. ハレルヤ より:

    あけましておめでとうございます。旧年中はたくさんの良い映画を紹介していただきとても嬉しかったです(^^)今年もどうぞよろしくお願いします。相棒 たくさんのシリーズが出ていますね。

    1. enta_mattari より:

      あけましておめでとうございます。
      去年は観た映画のほとんどを感想上げれませんでした。
      書いたつもりですっかり忘れまくってて。
      今年はもうちょっと頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です