【封印映像33 呪われた地下アイドル】

『音鳴り』

婚約を決めたカップルの両親に向けたビデオメッセージ映像。撮影中に空室のはずの隣から物音が・・・

公式より。

婚約を決めたカップルが女性の部屋でビデオレターの撮影をすることにするんですが、彼氏が訪れると隣の家の扉が開いていて、挨拶をしても顔も見せずに扉を閉める。

撮影を始めてしばらくすると、隣から物音がして、ふたりは抗議されてるのかと話し合います。

しかし、彼女の話では隣は空き室で、管理人が見に来るようなこともなかったそう。

というか、管理人なら直接注意に来るでしょうしね。

気になった彼氏が郵便受けから見えるかもと言い出し、彼女が止めるのも聞かずに覗きにいきます。

郵便受けから薄暗い室内を覗き込むと、そこには衝撃的な光景が……という展開。

さらに驚いて彼女の部屋に戻ると、そこでは彼女が予想外の行動をとっているんですけどね。

怖いとは思いませんでしたが、世間では意外とありそうな話でした。

『曰く付き』

番組取材で撮られた映像。事故物件に住む女性の部屋に行くことになるが、想像を絶する現象に遭遇する・・・

公式より。

某テレビ番組か、アダルトビデオかという感じで、インタビューした女性の家に行くという企画で女性の家に行くスタッフ。

はじめは渋っていた女性ですが、家で飲み始めるとからみ酒なのか、スタッフにからみまくり。

仕事を男関係でやめるだけあって、かなりうざいです。

酒をやたらと勧めてきたり、風呂に入らせようとしたりと、渋っていた割には妙に誘ってきます。

やばい感じがしたのか、女性が寝た隙に帰るスタッフですが、薬でも盛られたのか、足取りがおぼつかない様子。

家を出て階段を下りているところで女性の家の中に男性の姿が見え、スタッフは逃げ出します。

スタッフの男性は、てっきり女性が獲物を引き込んで、仲間の男性と酷い目に合わせていると思ったらしい。

実際はスタッフが見た男性は異様な姿勢で、撮影中には気づいていないようですが、別のシーンでも映っています。

後日わかったことがあるんですが、どう考えても霊よりもヒトコワ系のストーリーでした。

『メリーさん』

心霊マニアからの投稿。男3人が山道をドライブしているとカーブに佇む女性を発見するが・・・

公式より。

男3人でドライブをしていたところ、ひとりがここ霊が出るとか言い出し、真夜中なのに女性がたたずんでいるのが見えます。

怖いもの知らずなのか、ひとりが女性を見に行くと、人形を持って帰ってきます。

女性は実はマネキンで、人形はマネキンが持っていたものらしい。

楽しそうにふたりをからかう男でしたが、気味が悪いから捨てるように促され、やむなく車外に人形を捨てます。

車を発進させると、今度は人形を捨てた男が呪われたとからかわれることに。

そんなやりとりをしていると、人形を捨てた男に非通知電話がかかってきます。

はじめは何をいってるのかよくわからなかったようですが、いわゆる都市伝説『メリーさんの電話』のような内容らしい。

「わたしメリーさん、いま○○にいるの」ってやつですね。

そして、電話のメリーさんがカーブにいることを告げると、先のカーブに先ほどのマネキンが。

というより、道を進んでいるはずなのに、さっきと同じカーブに向かっているという謎な状況。

そして、再び電話の着信があり……という展開。

ボーっと見てるとわかりにくいけど、意外と怖い。

『呪われた地下アイドル』

制作会社の御蔵映像。

お金を払ってアイドルとデートしているところを隠しカメラで撮影中にとんでもない事態に遭遇する!

公式より。

アイドルとデートを隠し撮りしていた映像。

制作会社のスタッフなのか、男性がアイドルがデートするサービスを隠し撮り。

女の子は割とかわいいですが、アイドルと言っても地下アイドルレベル。

舌っ足らずな喋りがわざとらしくって、ちょっとイラっとします。

制限時間が来て、延長等のオプションで、ビップルームのようなものがあるというので移動。

ビルに着くと、客がいるのに何故か階段で高層階まで上っていくんですが、途中でおっさんが登場。

どうやらアイドルに金をつぎ込んだけど、金が尽きたんじゃないかという雰囲気。

すでにつきまとっていたのか、こうでもしないと会ってくれないじゃないかとか言っています。

完全にただの厄介です。

隠し撮りしていた男性が止めに入りますが、アイドルを連れて行ってしまいます。

バッテリーも切れそうだし、隠し撮り男が階段で右往左往していると、アイドルの悲鳴が。

その後、衝撃的な展開が起こるんですが、考えられた展開過ぎて、あんまり現実的ではありませんでした。

ありえないとは言いませんが、色々と不自然なので、あんまりゾッとする怖さは感じないかも。

ただ、現実にもこういうファンはいるので、AKB以降の近過ぎるアイドルって考えものですよね。

見終わってみれば、全体的に怖めでしたが、

心霊的な怖さより、ヒトコワ系の怖さが勝っていた

印象。封印された映像という売りなので、問題ないですが。

もうむしろ、【闇動画】のように心霊系を別にして、ヒトコワ系に力を入れた方がウケるような気がします。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(不幸になる撮影者が増えてきたのも特徴かも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像33 呪われた地下アイドル [DVD]

【闇動画17】

『ナビゲーター』

自殺志願者に場所から保険や遺書までを「手配」する謎の人物。

その代わりに自殺の過程を撮影させてほしいのだという。

彼は1人の自殺志願者を案内して自殺スポットの森に入るのだが…。

公式より。

自殺志願者を自殺する場所まで案内するナビゲーターと自殺者。

どこかの山奥のようですが、死体を見られたくないという理由のようです。

それなら過程を撮影される方がよっぽど嫌だと思うんですけどね。

すごいむさ苦しい感じの自殺者は、何かと理由をつけては自殺をためらって止めようとするんですが、ナビゲーターの男はなだめてはさらに山奥に行かせて決行させようとします。

その過程で、自殺に来た者を殺しては自殺に見せかけるものがいるという噂が。

この辺りから、ナビゲーターが動画を撮れないと困るから自殺志願者を殺してると見せかけて、自殺志願者が実はそういうナビゲーターみたいな相手を殺してるのかという雰囲気が臭い始めます。

やがて、中止しようとする自殺志願者に決行を勧めるナビゲーターに不信感を抱いたのか、徐々に距離をとり始めるんですが、周囲に何かの気配を感じ、ナビゲーターに見てきて欲しいと頼みます。

ナビゲーターが荷物を置いて見にいったものの、結局何も見つからないんですが、荷物が荒らされていて、ロープやスタンガンが見つかるという展開。

その後、衝撃の事実が判明するんですが、そこでも終わりじゃないという。

展開自体は面白いんですが、とにかく事態が展開するまでが長い。気が短い人だと、話が展開する前に見るのをやめてしまうかも。

大オチがアップになってもよくわからないのが残念。

あと、事件が多過ぎたのとシチュエーションの違いでピンとこなかったんですが、座間の自殺志願者を殺してた事件を思い浮かべた人たちが多いみたいですね。

『オヒナイサマ』

ホラーDVDの取材のために女性が一人暮らしをする一軒家を訪ねたという映像提供者。

女性の話によればオヒナイサマという謎の存在が居座って怪現象を起こしているというのだが…。

公式より。

映像提供を受け、取材にいくんですが、他に誰もいないはずなのに物音がしたり、提供者が体調を崩したりする。

『ナビゲーター』が長かったせいか、短いです。

というか、

見ている人たちにぶん投げる

という超展開。さすがに何もなければ考えるんでしょうけど。

『魔窟2 分離』

『魔窟 神出鬼没』(【闇動画16】に収録)でご紹介した、奇怪なパズルのようなものが描かれた廃墟。

同じと思しき場所を訪ねた男女4人が一人また一人と不可解な現象に遭遇し、悲劇が!

公式より。

同じ場所らしい施設でのシリーズ化なんですかね。元老人ホームらしい廃墟で、前回とは違い、今回は夜。

男ふたり、女ふたりで肝試しのようなことをしてるっぽい。

ひとりずつ変な現象を見聞きするんですが、口にしづらいらしく、言いよどんだまま、先に進みます。

しかし、女性のひとりが体調を崩したため、一度女性たちを外に出し、男ふたりで再突入。

時間短縮のため、二手にわかれるんですが、片方の男性は怪現象を体験しているため、すでにビビってます。

さらに怪現象が起こったため、もうひとりとの合流場所に行く前に逃げ出す始末。

気のいい感じのもうひとりの男性も戻ってくるんですが、体調を崩した女性が携帯を中に落としてきたらしい。

逃げ出した方の男性は明日の昼間に出直そうと提案するんですが、面倒だからひとりで言ってくるともう一度中へ。

携帯を鳴らしながら探すんですが、どう考えてもおかしな状況にも関わらず、意外と冷静な気さくなメガネ男。

自分だったら暗闇の施設内にひとりでこんな状況だったら、速攻逃げ出します。

結局、メガネを怪現象が襲うんですが、外で待つ3人の元にも意外な来訪者がという展開。

映像的な怖さはそれほどでもないですが、自分が同じ状況にいたら嫌という意味では【闇動画】シリーズの中でも上位に入りそう。

ちなみに前回の老婆は出てきませんでした。

今回は、割と全体的に登場人物を自分に置き換えたら怖いタイプなので、そういう想像をしてしまう人におすすめ。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(難を言えば、ダレる部分を減らして、小ネタでもはさんでもらえると見やすそう。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


闇動画17 [DVD]

【闇動画16】

『魔窟 神出鬼没』

かつては老人ホームだったとおぼしき廃墟を訪れた男女3名はそこで奇妙な老婆と遭遇する。

痴呆状態にあると思われたその老婆は彼らを尾行してくると信じがたい行動にでる!

公式より。

使われなくなった老人ホームに勝手に入る3人。

ひとりはイキリくん、もうひとりはマジメくん、もうひとりはイキリくんの彼女らしい女性。

イキリくんが先導して廃墟と化した施設内を回っていると、なぜか老婆が。

どう見ても気味が悪い老婆なんですが、日中で明るいこともあり、ただの痴呆老人という印象だったため、探索の後で通報することに。

しばらくはほとんど動かないんですが、イキリくんがお菓子を食べ始めると、近づいてきてお菓子を奪います。

気味が悪過ぎて、老婆を置いて探索を再開する3人。どうやら増築を繰り返した建物らしく、迷い始めます。

さらに女性が人糞らしいものを踏んだり、突然老婆にイキリくんが肩を噛まれたりと散々な目にあい、迷いながらもなんとか外に出ることに成功。

しかし、車に戻ると

車が人糞らしいものまみれ

になっています。

どう考えてもひとり分とは思えない量ですが、女性が踏んだ人糞も老婆の仕業だと思っているイキリくんは老婆を殺そうと廃墟へと戻っていきます。

遅れて責任を擦りつけ合ってるマジメくんと女性が追いかけていくと……という展開。

登場の段階で気持ちが悪いので、霊か何かだろうと、実際の人間だろうと、どちらにしろ怖いです。

もっとも、それ以上にイキリくんとその彼女にイラっとする印象の方が強かった気がします。

『狩人』

隠しカメラを身につけた女性が恋人のアパートを誕生日と転職を祝うためにサプライズで訪れるが恋人は不在だった。

そして彼女は部屋の中で信じがたいものを発見してしまう…。

公式より。

恋人の誕生日を祝うため、サプライズで訪れる彼女。

不在だったため、合鍵で中に入って待っていると不審な物音がして、そこには浴槽に拘束された女がいました。

女は声帯が切られているのか喋ることが出来ず、彼女がスマホの画面で恋人の男性にやられたのかを確認すると、怯えながらうなずきます。

彼女が混乱していると恋人の男性が帰宅。彼女が部屋の中にいることに驚いたものの、意外と冷静。

ただ、彼女の反応から浴槽を見られたことには気づいているらしく、彼女が電話をかけに外へ出ようとするのをかたくなに防ぎます。

その後、彼女に男性が事情を説明するという展開なんですが、聞いても意味がわかりません。

実際、彼女も意味がわからないため、余計に混乱してしまいます。

多分、展開は予想の範囲内だと思うんですが、結局どういうこと? ってなりそうな話でした。

もし、恋人がこの男性みたいなことを言い出したら、事実でも別れるしかありませんしね。

『顔顔顔』

様々な怨霊が集まるという噂のトンネルを訪れた男女4名。1人ずつ肝試しをすることになり、女性の1人が奇妙な人物を見かけて声をかけるが…。

それが悪夢のような惨劇の始まりだった!

公式より。

心霊スポットのトンネル行って、罰ゲームで女の子がひとり徒歩でトンネルに入ったら女の人が。

実は一度トンネルを抜けた際にも男性が人影を見ていたんですが、みんな信じてくれません。

実際、同じ外見の女性が立っていたわけですが、声をかけても反応なし。

正直、こういう状況で声をかけるだけでもすごいと思うんですが、なんと女の子はおそるおそる近寄っていきます。

そして、衝撃的な出来事があり、待っていた3人がやってきます。

落ちているカメラを拾い、女の子を探すんですが、まるで見当たりません。

ただ、男性ふたりは認めませんが、血痕のようなものを見つけ、会話をしていると3人のものではない声が聞こえます。

そして、いつの間にかいなくなったはずの女の子が立っていて……という展開。

若者たちの会話が意外とあるあるな内容だったりするので、畳みかけるように非日常な空間に放り込まれる流れが面白い。

映像的にはチープに感じるかもしれませんが、一時期のCG感たっぷりな映像よりは、あえてこのくらいの映像の方が怖いような気がします。

全体的には勢い任せで荒い展開な印象もありますが、少しずつ以前の怖さを取り戻しているという印象を受けます。

今後に期待したいところです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(霊的な怖い映像がほとんどない『魔窟 神出鬼没』が一番怖かった。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


闇動画16 [DVD]

【イット・フォローズ】

ある男と熱い夜を過ごす19歳のジェイ(マイカ・モンロー)だったが、彼は突如として彼女を椅子に縛り付けて奇妙な告白をする。

それは性行為をすることで、ほかの者には見えない異形を目にするようになり、彼らに捕まると殺されてしまう怪現象を相手にうつすことができるというものだった。

さらに、その相手が異形に殺されたら怪現象は自身に戻ってくるという。信じられないジェイだったが……。

シネマトゥデイより。

公開直後や、リリース直後に怖いという評価が多かった作品。

ただ、結論から言うと、起きている事象について解明されないので、正解がわからないとモヤモヤする人には視聴を勧めません。

ストーリーは、性交渉をすると移る呪いにかかってしまったジェイが、迫ってくる呪いから逃げるという展開。

呪いの設定は主に4つ。

性交渉で移る。

呪いによってやってくるものに捕まると死ぬ。

呪いの対象が死ぬと、さかのぼる。

呪いの執行者としてやってくる霊は歩いてやってくる。

つまり、車とかで逃げれば時間は稼げるし、自分が性交渉した相手が死なない限り、自分が襲われることはないらしい。

また、呪いにかかっていない人間には呪いによって迫る霊を見ることはできませんが、物理的に存在するので、触れるし、触られます。

そのため、見えないけど攻撃することができるという斬新な設定。

ただ、この設定が映像としては面白い反面、霊が見えてないはずだから銃の射線上に友人がいるのに、躊躇なく撃つという不自然な状況が生まれたりします。。

他にも呪いの設定自体が荒過ぎて、拡散系のホラーなのに持続性がないという意味不明な状況に。

なにしろ、どれだけ性交渉で対象を移しても、相手が死んだらさかのぼるわけで、数回さかのぼったら生きている人間がいなくなる可能性が高いんですよね。

とはいえ、そういった雑な部分を差し引いても、

無感情な表情で淡々と歩いて近づいてくる霊

の姿は地味に怖い。

しかも、歩きなのでスピードは遅いとはいえ、自分が何をしてようと、それこそ寝ている間も相手が近づいてくることを知っているので気が休まりません。

まるで寿命というか、死期のようですが、それが目に見えて近づいてくるって考えると恐ろしいですね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(テンポや映像は良い方だと思います。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


イット・フォローズ [Blu-ray]

【バイバイマン】

アメリカ・ウィスコンシン州。古い屋敷で暮らし始めた3人の大学生は、ひょんなことから、その名前を知ったり口にしたりした者に死が訪れるというバイバイマンを解き放ってしまう。

それ以来、バイバイマンに取りつかれた彼らは、その呪いから逃れようと互いに協力して助け合うが、周囲の人々が次々と悲惨な運命をたどり……。

シネマトゥデイより。

ある特定の名前を知ってしまうと、言ったり、考えたりすることで、死が訪れるという展開。

日本でいう『紫鏡』に近いような感じですかね。

公開前のプロモーションで、『バイ×マン』となっているのを見て、思わず『バイキンマン』と思ったのは内緒です。

それにしても、やっぱり得体のしれない何かが近づいてくるのは、いかにも欧米っぽい気がします。

ストーリーは、男が知り合いらしい人たちに、誰に話したかを問い詰めながら射殺していくところから始まります。

そして、時が経ち、エリオットと恋人のサーシャ、親友のジョンの3人がシェアすることに。

好きに使っていいと言われていた以前の住人の家具に奇妙ないたずら書きを見つけたエリオットは、裏に『バイバイマン』と書かれているのを見つける。

引越しパーティーの後、奇妙なことが続いていたため、エリオットたち3人と、霊感の強いキムの4人で交霊術を試します。

エリオットは交霊術に懐疑的で、キムが知りえないことを言い当てても信じず、家具に書かれていた言葉を言い当てさせようと。

しかし、キムが邪悪なものが来るからやめようとしたため、エリオットは『バイバイマン』と口に出してしまいます。

その直後、部屋が真っ暗になり、4人は動揺したものの、特に何も起こらず、それぞれ寝ることに。

それから体調に変調をきたしたり、不快な幻覚を見るようになり、『バイバイマン』について調べ始めます。

すると、1960年代にあった少年による惨殺事件の際、「『バイバイマン』がそうさせた」という供述をしており、その事件を担当していたラリーという記者も知人を射殺した後、自殺したとのことだった。

オープニングの事件がその事件で、ラリーは『バイバイマン』の記述を残さないようにしていたらしく、不自然なくらい核心をつくような情報は何も出てこない。

霊的なことに懐疑的なエリオットもさすがに信じざるを得ない状況になり、キムに助けを求めますが、キムにも呪いの手が伸びていました。

『バイバイマン』の名前を知った人間が『バイバイマン』のことを考えると、段々と近づいてくる。

口に出して、誰かに伝えてしまうと、相手も呪いの影響下に入ってしまう。

そんな状況の中、エリオットたちは呪いを断ち切ることが出来るのかというストーリー。

グロいシーンがほぼないため、見やすいとは思いますが、

怖いというよりいやらしい

という印象。

いやらしいとは言っても、エッチという意味ではなく、嫌悪感を感じる方。

映画自体が嫌悪感を感じるような作品ではないんですが、見せられる幻覚や、起こる現象がいやらしいんですよね。

登場人物が不快に感じる嫌なところをついてきます。

ジャパニーズホラー好きだと、【リング】と似ているように感じるかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(『バイバイマン』自体に由来が欲しかったかも。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


バイバイマン [DVD]