【封印映像31 監死カメラ 】

『あいのり』

ネット配信用に心霊スポットに行って撮影した映像。

噂の場所で心霊現象を捉えた事を喜ぶが・・・

公式より。

あいのりと言っても、懐かしい某恋愛バラエティではありません。

心霊スポットである橋に行き、渡りきるまで止まってはいけないというルールがあるのに止まってしまう。

投稿者は相棒を責めるが、相棒は何かに引っかかったからわざとじゃないと全然申し訳ないという感じがない。

その上、投稿者に見てきてと言い出す始末です。このふたり、よくコンビ組んでるな。

投稿者は特に不満も漏らさず様子を見ますが、周囲には特に何もなく、車の下を調べていると何かが見えます。

慌てて相棒に車を出させて、しばらくして落ち着いたところで車を止めるんですが、そこでまた怪異現象がという流れ。

ナビを使っているのに道に迷うという謎行動が必要だったのかがよくわからないんですよね。

目的地につけないとか、逃げようとしている時に道に迷うとかならわかるんですけど。

時間がかかっただけで目的地には普通に着いたし。夜にしたかっただけなら、配信してるんだし、元々夜行くってことで良かった気がするし。

もっとも、その辺りのくだりがちょっと冗長だなと思ったくらいで、2度目の怪異現象は定番の内容ですが意外と良かったです。

『レシピブログ』

ブログ投稿用にオリジナルのレシピを撮影した映像。

料理を始めて間もなく異変が起こる!

公式より。

ブログに投稿するための料理を作っていたところ、霊が映ってしまうというもの。

ああ、うん、映ってますねという程度で特に怖くない。

投稿系はどうしても1本はこういうのが入っても仕方がないでしょうね。

『獣人の怨念』

地方で農家をしている男性から送られてきた獣害の記録映像。

そこにはショッキングな映像が捉えられていた!

公式より。

獣害で困っているので、その対策を行っている最中の出来事。

ふたりで行動していた撮影者たちがグダグダな会話をしていると、別で作業をしているはずの仲間の悲鳴が聞こえます。

行ってみると、仲間が首から血を流していて、ふたりが来た方向とは違う方向を指さし、そこに化け物が。

化け物と言っても、牙が生えた人間がいるだけなので、コスプレみたいで拍子抜け。

正直、この獣人のくだりを頑張ってくれていたら、この話がサブタイトルでも良かったくらいの雰囲気だったんですけどね。

なんか、今回は予告編でネタバレしてるの多い気がします。

『監死カメラ』

昔の彼女が撮った映像。自分の部屋が盗撮配信されている映像を記録しているが、

そこには悍ましい光景が映し出されていた!

公式より。

何故か動画サイトにある女性の部屋の様子がアップロードされていたという話。

映像はどう見ても自分の部屋のため、気味が悪くなった女性は彼氏を呼びます。

彼氏がこの話の投稿者なんですが、用事があるからと行きたくない様子。

結局、しぶしぶ行ったようですが、この彼氏が意外とクズ。

取材中に長く付き合う気はなかったとか言い出すくらいです。

まあ、彼女の方も自己中過ぎて、どっちもどっちなんですけどね。

この話も意味がわからないというか、役者があんまりにも下手過ぎというべきなのか、演出がおかしいんですよね。

投稿系はフェイクでも本当として見ないとつまらないので、

真面目にあげ足取りとかしてもしょうがない

んですが、ちょっと酷い。

動画サイトをカメラで撮るまではご愛嬌として、部屋が映っているのに何故かモニターばっかり気にします。

いや、普通は盗撮を疑っているなら、カメラの視点になっている場所を見るでしょう。

なのに、彼女も彼氏も一度も本来ならカメラがあるはずの場所を見ようともしません。

しまいにはモニターの映像を見て、近づいてくる何かと、何もいない空間を見比べるばかり。

そんなに何度も見返すくらいなら避けるなり、逃げるなりするでしょ。

逆に余裕を感じます。

この建物で何があったのかは後の取材で明らかにはなるんですが、結局のところ、霊は何をしたかったのかがよくわからない話でした。

近づいてくる様は想像すると怖いんですが、登場人物がうるさいだけで、恐怖心を感じさせないので、イマイチでした。

いま31巻なので、そろそろ【再恐スペシャル3】が出そうな気がしてますが、追跡調査に耐えられるのってかなり少ない気がします。

それでも他のシリーズよりは良質なんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(投稿系としては評価できるけど、予告編がネタバレし過ぎで劇場で観るには見合わない)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像31 監死カメラ [DVD]

【封印映像30 シャドーピープル 包帯少女】

『さっちゃん』

実家を取り壊すことになり、最後の記念に撮った映像。

誰もいるはずのない押入れから物音が・・・

公式より。

取り壊す前に実家を撮影にきた夫婦。

古い家だけにねずみがいたり、暗かったり、変な音がしたりと気持ち悪い。

妻がちょくちょく不平をこぼしたり、何か言うと、普段は温厚な夫がイライラしだす。

撮影を続けていると、他にも不自然な状況があり、夫が襲われるという展開。

ちゃんとしたハウスホラーのドラマや映画として作っても面白そうな感じ。

夫を襲うもののビジュアルが怖いというより、どちらかというと汚い感じなのが残念でした。

とはいえ、リアルなら、これはこれで怖いと思います。特に爪のくだりはぞっとしました。

『ダム湖』

ダム湖で釣りを楽しむ様子を捉えた映像。帰り道、背後から投稿者を襲う異質なモノとは!

公式より。

若者ふたりが釣りにきて、大物がかかったと思ったものの、明らかに異常なため、釣り糸を切る。

その後、特に釣果もなく、近くにあった靴を湖に放って帰ろうとするんですが、靴を放った男性が寒がり始めます。

どんどん具合が悪くなっていく中、背後から妙な音が聞こえてくる。

そこに現われたものを見たもうひとりの男性がうずくまる友人を引っ張って逃げると、家に着くころには落ち着いたんだそう。

後日、スタッフがあるフリーライターに聞いたところ、そのダム湖は人を沈めるのに使われていたらしい。

まあ、見た瞬間、想像できるんですけどね。

『離苦悲唄』

民謡に関する問い合わせと一緒に送られてきた映像。

女性がゆったりとした民謡を歌い始めると次々と奇怪な現象が起こる

公式より。

母親の遺品の中に見つけた歌を歌っている女性が吐血して、亡くなるというもの。

歌っている最中にノイズが出て、不気味な声が女性に合わせて歌うのが聞こえてきます。

驚いた撮影者が撮影を中断しますが、歌っていた女性が楽譜を見て不審な動きをしたものの、特に何もないので再開します。

すると、再びノイズが走り、歌っていた女性は吐血して倒れます。

その後、撮影者も耳が聞こえなくなってしまうという展開。

歌っていた女性が倒れた後、メトロノームがメチャクチャ早くなっているのが細かくていい感じ。

最終的なオチがどうでもいい小ネタレベルで、起きている現象の方が怖いかも。

『シャドーピープル 包帯少女』

マンションの監視カメラの映像。深夜、廊下に黒い人影が映る。

霊能力者ジョンに霊視を求めるが・・・・

公式より。

マンションの監視カメラに黒い影が映るというもの。

調べていくと、ある女性の部屋のインターフォンを現実に鳴らしていたんですが、夜中だったため、出なかったそう。

ただ、話をよく聞いてみると、近くの公園で包帯を頭に巻いた少女に声をかけられたという。

どうやら優しくしてくれた人に憑いてしまうパターンのようです。

で、お馴染みのジョンが霊と交渉するという流れなんですが、相変わらずもったいぶりが過ぎて、モヤモヤします。

結局、女性の部屋に行くことはなくなるらしいですが、

なんの解決にもなってない

ような。

それにしても、黒い霊をシャドーピープルと呼ぶなら、投稿系の多くはシャドーピープルなんじゃないですかね。

シリーズとしてまた安定してきましたが、やっぱり序盤の勢いは戻りそうもないですね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(3巻単位でネタの系統が似るのはなんとかならないんですかね。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像30 シャドーピープル 包帯少女 [DVD]

【封印映像29 池のほとりの蓮美さん】

『クレーム処理』

お客様相談室の監視カメラ映像。クレーム対応をしていた従業員が突如、異様な行動を起こす!!

公式より。

常習的なクレーマーと思われる男の対応をさせられた従業員。

土下座させられて、追い込まれるんですが、泣き始め、徐々に様子がおかしくなります。

その様子にクレーマーもドン引きするんですが、その直後、クレーマーにも災難が。

超能力ものなのかなと思いましたが、その後の取材で、従業員の母親から、狐筋という家系だとわかります。

なんでも、稲荷大社を守る仕事をしていた先祖がいたずらをしたことで、狐にとりつかれてしまったらしく、何代かにひとり、狐の血の入った子供が産まれるんだとか。

その狐の血が濃く出ている者には狐が守護霊としてついていて、攻撃してくる相手に反撃してくれるらしい。

いたずらで呪われた割には便利な能力です。

『竹やぶ』

友人との里帰りを撮った映像。楽しいはずの彼女たちを襲う異界のモノとは・・・

公式より。

友人の帰省につきあった投稿者と、友人の幼馴染みの3人で、地元の心霊スポットに。

髑髏竹というそのスポットは、昔夫が妻を殺し、竹やぶに埋めたところ、次の春生えてきた竹の子に頭がい骨が刺さっていたという噂があったらしい。

女の声が聞こえたという話になった途端、懐中電灯が消えてしまい、カメラのナイトモードにすると、友人の幼馴染みの肩に何かがいます。

パニックになった投稿者が逃げ出したため、追ってきた友人と友人の幼馴染みがなだめるんですが、やっぱり友人の幼馴染みの肩に何かがいて、映像は終わり。

なんとか竹やぶから逃げ出したものの、友人の幼馴染みの姿はなくなっています。

翌日、明るくなってから警察や地元の人たちが竹やぶを捜索すると、不可解な状態の友人の幼馴染みが発見されたとのこと。

封印されるほどの映像なのだから、どうせなら友人の幼馴染みの死に方の映像が欲しかったです。

ちょっとわかりづらい。

『恋人たちの晩餐』

恋人へのサプライズを記録する撮影者の映像。しかし撮影者が捉えたのは恐ろしい惨事だった!!

公式より。

恋人にサプライズをしかけようとしたら、別の相手といるところに遭遇してしまうという展開。

いろいろな要素を詰め込み過ぎて、一瞬あ然とさせられます。

そして、

ツッコミを入れてる間に惨劇が起こる

という感じ。

個人的には、この巻ではある意味一番面白い。

『池のほとりの蓮美さん』

友人と昆虫採集の様子を収めた映像。そこには異様な女が捉えられていた!!

公式より。

昆虫採集にいった池から帰ろうとしたところ、暗闇に座っている女性がいるのを見つけます。

ふたりが心配して声をかけると、女性が振り返るんですが、その顔は……という展開。

後日の聞き込みで、その池は蓮が有名で、きれいな季節は人でにぎわうものの、それ以外は人がほとんど来ないらしい。

ただ、見た目よりも水深が深く、数年ごとに死体があがるので、不気味な場所だと噂されているとのこと。

投稿者たちが見た女性も噂になっていて、池に咲く蓮のイメージから『蓮美さん』と呼ばれているんだそう。

ただ、これって『蓮画像』を知らないと、面白さが伝わりにくいと思います。

あと、どうでもいいことですが、最近出てる無能スタッフと、女性スタッフ田中の能力差が圧倒的に見せつけられた話しでした。

このところの中だるみのような状態からやや持ち直した兆しが出てきた印象。

特に『恋人たちの晩餐』は考え込んだんだろうなと感じましたね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(投稿系は1巻に1本当たりがあればいい方だし。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像29 池のほとりの蓮美さん [DVD]

【封印映像28 幽霊アプリ】

『エレベーター』

エレベーター内に設置された監視カメラの映像。

何かから逃げるようにひどく脅えた様子で女性が乗り込んでくるが、映像は不可解な現象を映していた!

公式より。

何かに怯えた女性が目に見えない何かに襲われる展開。

ただ、もう内容よりも

スタッフの山口のクズっぷり&無能振りに感じる不快感

しか残りません。

元々職務放棄して逃げたり、無能振りを発揮してましたが、今回にいたっては先輩の田中に交渉に行かせ、自分は駐禁とられないようにと車に残ります。

その上、何かあったらすぐ行くと言いながら、余裕で寝てるし。交渉に失敗して戻ってきた田中がそれを見つけると、寝てないと言い張ったり。

現象が何も解明されないだけに、本当に不快感だけ。

【ほんとにあった!呪いのビデオ】シリーズに戻った岩澤宏樹みたいに監督を目指しているんだとして、このクズっぷりが設定でなかったら誰もついてこなそう。

『千九山』

男性2人で山道を歩く映像。間もなく日も落ちる為、下山を決めた2人の前に衝撃的な物が映り込む!

公式より。

UMAものになるのか、幽霊ものになるのか微妙なところ。

暗くなってきた山道を下りようとしている二人組の頭上で鳥のはばたきのようなものが聞こえて、見るとそこには……という話。

特にそれ以上の何かはありません。

後日調査で会った地元の住人が話を聞かれてキレる流れと思ったら、そんなこともなかったし。

『死身』

親子で家族旅行の際に撮影した微笑ましい光景。

道中、子供を車に残して父親が飲み物を買いに行って戻ると子供の姿がなくなっていた。

更にカメラは不可解なモノを映す。

公式より。

投稿者の兄が息子とドライブをしていて、飲み物を買ってくると息子の姿がない。

周囲を探すとトンネルに息子の靴があり、壁に人型の黒いしみが。

その後、投稿者の兄が吹き飛ばされ、映像は終わり。

後日、息子の方はみつかったものの、投稿者の兄は行方不明になってしまいます。

息子の方は壁にしみを見つけると、そこを見つめるようになったということ。

むしろ、こっちの方がシャドーピープルって感じのネタでした。

『幽霊アプリ』

友達の家に遊びに行った時に撮った映像。幽霊を探知するアプリを起動するが、ある場所に強く反応する!

公式より。

撮影者と友人が、友人の部屋で幽霊アプリで遊んでいると、ある場所で強く反応する。

はじめは喜んでいたふたりでしたが、友人の後ろに黒い人影を見て、カメラを置いて部屋から出ていってしまう。

友人も怖くなり、その部屋では寝ていないということだった。

そこで霊能者ジョンが登場することになるんですが、あの部屋が霊道になっていて、ふたりの楽しげな様子に姿を現しただけらしい。

特に問題ないのでほったらかしというオチ。

しかも、ジョンに部屋まで同行してくれるように頼むと、用事があると帰ってしまう。

ジョンって待ち合わせにちゃんと来ないわ、すぐ帰るわで責任感のないアルバイトみたいですね。

よく考えたら、この巻ってちゃんと解明してる話がない上、田中以外のスタッフのダメっぷりがクローズアップされただけじゃ?

オススメ度(10段階)……★★★★★
(設定だとしたら、スタッフにヘイトを溜めてもいいことない気がするんだけどなあ。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


封印映像28 幽霊アプリ [DVD]

【新クライモリ デッド・フィーバー】

女子大生のルーシーは2週間前に知り合ったトムが運転をする車に乗り、森に佇むホテルを目指していた。

だが、森のあちこちに看板があるが、その通りに進んでも同じ道に戻ってしまう。

車を走らせ続けると、突然何者かが飛び出してきたため、トムはブレーキをかける間もなく轢いてしまった。

瀕死の男はこの森には“奴ら”がいると繰り返すが……。

公式より。

【クライモリ】シリーズがリリースされてると思い、視聴。

始まってしばらくして、いつも序盤にある奴らによる惨殺シーンがないなあと思いつつ、新シリーズで仕切り直しかと思ってました。

結果、なんのことはない

【クライモリ(Wrong Turn)】シリーズではありません

でした。当然、奴らはでてきませんし、内容的にもスラッシャーでも、ゴアでもありません。

【クライモリ 禁漁区】や、【バタフライエフェクト イン クライモリ】はわかりやすかったですが、これはわかりませんでした。

いつもの食人クリーチャー一家が出てくるようなスラッシャームービーではなく、どちらかと言えばヒッチャー系。ちなみにジャケットのデブもいません。

フェスのために森の中にあるホテルに向かうふたりの若者たちが、道に迷った末、乗せた男マックスがイカレていたというストーリー。

とにかくほぼ全編車で道に迷ってるシーンで、登場人物も実質3人という低予算丸出しな作品。

トムの言動があまりにも不審なのと、どう考えても超常現象でしかありえないことが起こるので、はじめから【クライモリ】シリーズではないと思って見たら、それなりに面白いでしょう。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(ヒッチャー系としてならそれなりだけど、便乗タイトルは良くない)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


新クライモリ デッド・フィーバー [DVD]