【アンダーワールド ラスト・セクト】

シドニーはとある出会い系サイトの取材の最中、相棒のカメラマンにマニアの間で噂が広がる『ヴァンパイア・ウェブ』を見せられる。

そこで流れる映像は、殺人ショーの果てに犠牲者の血を飲む、過激なものであった。

同じ頃、伝説のヴァンパイアハンターの末裔ヴァン・ヘルシング教授もそのサイトに目をつけていた。

『ヴァンパイア・ウェブ』の画像は作り物ではなく、本物のヴァンパイアが運営しており、獲物を狩りながら、種族再生の時を待っていたのである。

『最後の種族』とヴァンパイアハンターたちの戦いが、密かに始まろうとしていた……。

いや、もう言いたいことが山ほどあるわけですが、根本的にジャケット表紙が嘘。

こんなキャラクターの人いません。パッと見がフリークスホラーの【UNDER GROUND】のシリーズに見えますが、一切関係ありません。

あんな感じのホラーアクションですらなく、女性記者が出会い系サイトの取材に行ったら、ヴァンパイアたちに何故か付きまとわれるようになった話と、ヴァンパイアVSヴァンパイアハンターの戦いがたまたま同じ時期になりました的なもの。

また、各映画情報サイトではデヴィッド・キャラダイン(【キル・ビル】のビル)演じるヘルシングが主役になってますが、観た感じはシドニーが主役です。

大体にして、ヘルシングが主役だとしたら、表紙にいないんですが。

というか、先にレーベルを見ておけば良かった。

アルバトロスでした(苦笑)。

思わず納得。あそこのレーベルは似ても似つかぬ作品をタイトルやらパッケージデザインやら真似る恐ろしい手腕を持っているわけで。

逆に言えば、そこまでパクる技術と経験があるんですけどね。ちなみに【JIGSAW】(【SAW】ではない)とかもこの会社。

まあ、【アメリ】をヒットさせたのもこの会社なわけですが、そもそもその【アメリ】自体某バイヤーの人が人肉食いの少女の話だと思って買い付けていて、そのせいで他の会社がイロモノだと思って敬遠してしまっただけという不思議な伝説もあったりします。

本当に人肉食いの少女だったら、あんなヒットはなかったでしょうね。

というか、アルバトロス自体いま残っていたかどうか(苦笑)。

ただ、この作品に関しては、アクションもまともになく、ドラマ性もグダグダなので、吸血鬼好きでもそうそう琴線に触れないと思われます。

オススメ度(10段階)……★★
(厳しいと言われるかもしれないけど、とても勧められない。ただ、タイトルとパッケージが違っていたらと考えると1ではないかとこの評価)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


UNDERWORLD ラスト・セクト [DVD]

【ゲーム】

騙されたぁ~~~~~~~~~~~!
ととにかく叫びたい方向で。【SAW】のジグソウ役を演じているトビン・ベルがパッケージの表紙(明らかに【SAW4】を意識している)になっています『が』主役でも何でもありません。ネットショップとかでも主役トビン・ベルになってます。

【SAW5】まで契約しているような噂を聞いていたので、てっきりこの作品が実は【SAW5】として撮られてて、やっぱり止めて別の名前でリリースしたのかと思ってレンタル。

それだけ理解して借りたにも関わらず、冒頭の台詞を叫びたいです。

パッケージの裏のあらすじだと、

かつて謎の死体がいくつも発見されたと噂される古びた屋敷に、大学生のゼインとその仲間達と訪れる。その屋敷は異常なほど静まりかえっており、正体の掴めない不気味な男の影が潜んでいる。不審に思いながらも扉を開けるが、開けたら最後。いつしかこの屋敷から出られなくなってしまった。何も理解できないまま恐怖に怯える彼らに、「死のゲーム」が始まるのだった…。 (引用元:amazon)

……近い感じで訂正すると、

ゼインはSっ気のあるわがままな従姉妹とその彼氏、オタクっぽい友人、従姉妹のサークルに入会希望の女の子二人とともに、荒野にある屋敷にバカンスに向かった。

祖父の隠された財産を狙っているゼインは、屋敷を管理している叔父(トビン・ベル)の異常な言動を警戒しつつも、得体のしれない気配を感じていた。

ゼインと友人たちは、一人、また一人と斧で惨殺されていく。犯人は誰なのか?

こんな感じ。トラップゲーム仕立てでもなければ、基本的に不意打ちなので、何かをすれば助かるということもありません。ソリッドシチュエーション的な売込みをしていますが、どちらか言えば、殺人鬼ものに近いです。

エロ有り、刃物による惨殺シーン有り、チープなメイク有りとB級、C級ホラーとしては充分観れる作品なんですが、やはりパッケージデザインと、裏の説明文が実際と違い過ぎるため、自分の中の評価は低いです。まあ、内容的にもよくあるアメリカン・バカティーンズホラーなのと、殺される理由を考えると、無駄死にな人たちが多過ぎるので元々高い評価は出来ないですが。

オススメ度(10段階)……★★
(いくらなんでもこれは『騙し』だと思う)


GAME[ゲーム]
↑だってこれですよ。主役でもないのに


ソウ4 DTSエディション
↑ソウ4はこれ

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【ダンテ01】

http://www.dmm.com/rental/ppr/-/detail/=/cid=n_1067mpf10041r/

【デリカテッセン】のマルク・キャロが撮った作品なので、やっぱりよくわからない仕上がりです。ナイト・シャマランとマルク・キャロは、本当に万人受けしませんね。

そんな哲学的といわれる作品のあらすじ。

近未来、宇宙に企業がステーションを建設出来るようになった時代。ある企業が精神医学の研究をするために囚人を収容しているステーション『ダンテ01』に、心理学者のエリザと新しい囚人が送られてきた。

聖ジョルジュと名づけられた新入りの囚人は、自分の名前もわからない様子で常にぼんやりとしている。見えているものが常人と違い、それが原因のようであった。

一方、彼と同じシャトルでやってきたエリザは、新しい『治療法』を試すため、囚人のひとりに薬品を注射する。その囚人は拒絶反応を示し、のたうちまわったが、新入りの不思議な能力により、事なきを得た。

そんなある日、囚人のひとりが致命傷を負ったにもかかわらず、傷もなく回復するということが起こる。

ステーション内の人間の思惑が錯綜していく中、事態は加速度的に変化していく。

聖ジョルジュの正体とは……。

……SFというよりはプリズンもの? というか、地上のプリズンものでも良かったんじゃないかという印象。『治療法』を考えると、SFにした方が納得しやすいというだけで。

あと、欧米の人たちは何故か未来人をハゲにしたがる傾向がると思うんですが、この作品もやっぱりハゲ。なので、ちょっと見分けにくいという人もいるかもしれません。背格好同じだと、前後をちゃんと見ておかないと誰と誰が? ということに。

この感想書くのに、頑張って3回くらい観直したりしましたが、『治療法』と『特殊能力』の表現方法がマンガチックで、人によっては珍しいと思うかもというくらい。他に際立ったことがありません。

やっぱり、SF好きよりは、プリズンものが好きな人向けじゃないかと思います。

オススメ度(10段階)……★★
(芸術家肌とかサブカル好きは褒めるかもしれませんが、大衆作品ではないですね)


↑予告編

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

【少林少女】

桜沢凛が中国にある少林拳武術学校での10年の修行を終え、日本へ帰ってくると、祖父が開いた少林拳練功道場は廃墟と化していた。わけがわからない凛は、自分の先生であった岩井拳児の中華食堂を訪れるが、少林拳はやめたと言うばかりで、理由を教えてはくれない。

その翌日、岩井の店で働いている劉珉珉が道場を訪れてきた。凛が店に入ってきた時に、店員のティンとラムを捌きながら、ラクロスのクロスでチャーハンをキャッチした腕前を見て、珉珉の通う国際星館大学のラクロス部に誘いに来たのである。

珉珉に連れてこられた凛は、ラクロスをやる代わりに部員たちに少林拳をやるように勧めるが、部員たちは呆れ返るだけだった。だが、それも凛に試し打ちするまでのことになる。彼女が試し打ちしたボールは、グラウンドから遠く離れた場所にいた職員の田村のところまで飛んでいたのだ。

田村の機転で入部を許可された凛だったが、試合に出た彼女には致命的とも言える『問題』があることがわかる。彼女の体には未知数なまでの気が潜んでおり、凛自身にもコントロール仕切れていないのだ。その上、彼女の空気を読めない性格は、メンバーとの溝を深めていくばかりで、完全に空回りしていく。

そんな孤立していく凛に目をつけている人物がいた。国際星館大学の学長である大場である。知識、力、そして美を備えた学生の育成を目指している彼は、自らが最強であることを望み、凛との戦いを望むようになっていく。

【少林サッカー】のパクリという印象を受けるタイトルですが、実際は【カンフーハッスル】の方が近いような気がします。

柴崎コウ演じる凛は、凄まじい気の力で常人離れしたボール捌きを見せるので、ラクロス部のメンバーは驚きながらも喜びます。でも、考えてみてください。無人のゴールに向けて入れるだけのゲームならまだしも、自分は時速200キロとか出てそうなボールを捕りたくはありません。

しかも、凛は空気が読めない子なので、手加減なんて知らないし、スタンドプレー丸出しなので、チームプレーとか出来ません。

普通、こういう映画の対戦相手って、圧倒的な強敵じゃないですか。この映画、ラクロスの試合に関しては対戦相手は普通の女の子。少林の部分だけ多少の強敵がいる程度。

アクションシーンや、ナイナイ岡村のコメディチックなシーンはそれなりに楽しめますが、あとは「あ~、派手なCGだなあ」で終わりの映画でした。

ラストバトルのオチは、心の底からテレビ版の【チーム・バチスタの栄光】の白鳥の口調で馬鹿にしちゃうぞというありえなさ。

序盤から徐々に面白くなっていき、期待をしてしまう分、

後半のつまらなさが際立っている

作品でした。

ちなみに開始直後に駅で凛が蹴っている看板は『カエル急便』という小ネタ。

オススメ度(10段階)……★★★
(アクションシーンやコメディシーンは結構いい。でも映画としてはガックリきます)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

少林少女 コレクターズ・エディション [Blu-ray]/柴咲コウ,仲村トオル,キティ・チャン

¥6,300
Amazon.co.jp
少林少女 コレクターズ・エディション [DVD]/柴咲コウ,仲村トオル,キティ・チャン

¥4,935
Amazon.co.jp

【西の魔女が死んだ】

ドラえもんの主役はノビ太くんであって、ドラえもんはタイトルなだけで主役ではありません。同じように、サチ・パーカーは『西の魔女』役ですが、主役の女の子まいのおばあちゃんであって、主役ではありません。ですが、この邦画、パッケージに騙されて洋画に並べられたりしています。きっと中身もわかってないんでしょうね。

さて、そんな、間違いにも負けない魔女たちのあらすじ。

中学3年生になったまいは、母親と一緒に『魔女』の家へと向かっていた。『魔女』というのは母方の祖母で、まいと母親だけはイギリス人の祖母をそう呼んでいる。

中学に入ったばかりの頃、まいは『魔女』と暮らしていた時期があった。学校に馴染めなかったまいに、母親が勧めたのである。

祖母の家系は『魔女』の血筋だと聞いていた。もっとも、祖母のいう『魔女』とは、ホウキにまたがって空を飛ぶようなものではなく、草木についての知恵や知識を代々受け継ぎ、物事の先を見通す不思議な能力を持つ人のことである。

『魔女』に憧れていたまいは、『西の魔女』である祖母の下、『魔女修行』を始める。だが、それはまいの想像とは違い、規則正しい生活をして、何事も自分で決めるという当たり前のこと。それでも草木に囲まれて送る生活は、まいにとって新鮮に感じていた。

懐かしい『魔女』の家へと向かう車の中で、まいは『西の魔女』の死を告げられる。不本意な別れ方をしたまいは後悔の念にかられたが、それを救ったのは『西の魔女』からのメッセージであった。

淡々としている感はありますが、昼過ぎの一時に紅茶を飲みながら観たくなる映画でした。観た感じとしても、邦画っぽくなく、ヨーロッパな雰囲気。本当に良作を観たという気がします。

現代の日本では、雇用不安などの経済的な不安で気が滅入るようなことが多いし、公共の場で注意されたことを逆ギレした声優が、ラジオで下品な笑い方をしながら相手を冤罪に落とそうとしていたことを放送している辺り、モラルハザードを感じます。そういうのを見聞きした後に観たら、『西の魔女』の賢女振りに頭が下がります。男で言えば、「あんた、侍や」という感じです。

【キサラギ】の中で、「本当なんてわからんよ。真実は常に主観でしかありえない」というセリフがあるんですが、『西の魔女』は達観しています。まず最初に凄いと思うのが、孫であるまいに対して、丁寧語で話すこと。言葉の乱れは心の乱れとばかりに、優しく美しい日本語で語り掛けます。また、劇中で動物を殺されて憤るまいに、自分の思い込みで決め付けてはいけないと諭したり。

現実では優しいと甘やかすの境界って曖昧ですが、良いときは優しく褒め、ダメだと思ったら毅然と注意、子供でもひとりの人間として扱うなんて本当に難しい。そういう『魔女』の態度もこの映画を良作にしているのだと思います。

テレビドラマの【笑顔の法則】の野際陽子とかも凄いなって思いますが、こういう老齢でも明鏡止水を感じさせる女優さんたちって尊敬します。しかも、サチ・パーカーって、この作品製作中は51歳……。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(子供のしつけに悩んでいる親御さんにも良い映画)


奥さまは魔女 コンプリート・ボックス
↑若い魔女はこんな感じw

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります