【THE RING2(ザ・リング2)】

あの忌まわしい事件から半年が経った。

レイチェルはオレゴン州アストリアに息子と共に引っ越し、地元の新聞社で働いていた。

ある日、高校生が変死し、その遺体の形相を見たレイチェルはサマラの呪いがまだ存在することを確信する。

シネマトゥデイより。

アメリカにありがちなリメイクを作った後、独自のシナリオで進行していくパターン。とはいえ、監督は中田秀夫なので、問題はなさそうです。

前作から半年後で主役も変わらず、ナオミ・ワッツ。一応、サマラのことは変なトラウマになっているご様子。

どうでもいいことですが、

サマラの吹き替えがかないみか

というのはどうだろうと思ってみたり。いや、わかる人だけわかってください。

ストーリーはどうやら【リング2】の要素をベースに、井戸から連想したのか、【ダーク・ウォーター】が取り入れられているような印象を受けました。

前作【THE RING(ザ・リング)】のようなシアンがかった映像にするという逃げはなくなり、普通にショッキングな描写を緩急つけて差し込んで来るし、音楽もうまく使われています。。

おかげで前作と違って、なかなか怖い作品に仕上がっていました。

ただ、アメリカ作品らしく、白黒つけてしまうラストは【リング】らしくないかなとも思います。

※追記※

こちらも新作公開前に見直したら、新しいパートナーがドラマ【メンタリスト】で主役のパトリック・ジェーンを演じたサイモン・ベイカーだったんですね。

たまに見直した映画でこういう発見をするのも面白いですね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(【リング】とは別物と思って観れば、それなりに良作だと思います。)

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ザ・リング2 [Blu-ray]

【THE RING(ザ リング)】

悪夢を映したような映像が流れるそのビデオテープを見た人間は誰であれ、ちょうど7日後に必ず死ぬ――まるで、どこかの街で流布されている都市伝説ででもあるかのようなその話を聞いたとき、新聞記者のレイチェルは、にわかには信じることが出来なかった。

そのテープを見た4人の若者が、全員1週間後に謎の死を遂げるまでは…。

レイチェルはテープの謎を突き止めるため独自に調査を開始する。

そして、ついに問題のテープを見つけ出すことに成功する。

が、ふとした隙に、レイチェルの幼い息子がテープの中身を見てしまうのだった…。

allcinema ONLINEより。

1作目から14年も経っているにもかかわらず、いまだ高い認知度を誇るホラー映画【リング】。そのアメリカ版です。

一見すると、オリジナルに沿ったリメイクのようですが、かなり別物。日本版は精神に絡みつくような恐怖を感じますが、アメリカ版は理論立てた恐怖。

どっちに優劣があるとは言いませんが、少なくとも系統が違います。ネット等ではオリジナルを踏襲しているという意見も少なくないですが、流れだけです。

『呪いのビデオ』もわかりやすくなっている反面、意味のない画像も多く、単に不快な気持ちにさせることが目的になっている印象。

一応、そこから『呪い』について探っていきますが、日本版のような困難さはなく、見つけた手がかりからネットで検索なんてお手軽さ。

自分たちも追い詰められているし、息子もビデオを見ているのに、日本版のように真剣に焦っている感じもなく、淡々と進行しています。

多分、その緊張感の無さも手伝って、ほとんど怖くありませんでした。ナオミ・ワッツ演じるレイチェルが、『何か』に襲われても冷静過ぎるせいもあるんでしょうけどね。

怖いというより、

不快という意味で気持ち悪い

映画でした。

※追記※

新作公開の予習的に久々に見直したんですが、別れた夫の恋人役って、ドラマ【NCIS】のアビーを演じてるポーリー・ペレットだったんですね。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(日本版が怖すぎる人にはいいかもしれません。)

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ザ・リング [Blu-ray]

【リング0 バースデイ】

劇団・飛翔に、妖艶な美しさを持つ山村貞子が入団してくる。看板女優の葉月愛子は、貞子のただならぬ気配を察知し、彼女を敵対視するが、その日から何故か毎晩悪夢にうなされていた。そんな中、劇団内にも次々と恐ろしい出来事が起こりはじめる・・・。

allcinema ONLINEより。

ジャパニーズホラーのキャラクターとして認知された『貞子』の生前の物語。

生前の貞子を演じるのは、いまでは人気女優となっている仲間由紀恵。この映画で堤幸彦監督に見初められ、【TRICK】に起用されたんだとか。

ただ、そんな仲間由紀恵演じる貞子の話し方がなんか変。そういう役作りなのかもしれないんですが、作られた感のある話し方。

イメージがある程度ついてしまうと、こういう弊害もあるんですね。普通かもしれないのに、違和感感じるとか。

それにしてもこの作品、本来はホラー映画でショッキングなシーンの多いシリーズなはずですが、そういったシーンはほとんど排除されています。

そのため、ただの悲しい話になっているんですが、怖い作品だと思って観たら、

怖いシーンが無く、悲劇的な展開が続く

というおかしな状況になるような気がします。

本来の完結編である『ループ』が映像化すると出オチになるため、代わりに作られたとはいえ、ちょっと狙ってる層がはっきりしませんね。

上映当時は併映が【死国】だったこともあり、どっちも悲劇的なホラーとなってしまい、余計に被った感が強かったんじゃないかと思います。

もっとも、個人的には田辺誠一演じる遠山博の男っぷりが上がったのと、一番可愛そうなの実は遠山じゃ? という印象が一番強いんですけどね。

貞子は可哀想ではあっても、その後に呪いで大量虐殺することになるので。ただ、この映画を観てから【リング2】を観ると、「なんであなただけ助かるの」のセリフに重みが出てきますね。

よく考えたら自分のせいじゃないのに踏んだり蹴ったりな状況に追い込まれて、酷い目に合わされて、最終的には井戸の中ですからね。

助けられて生き残るとか許せなくもなるのも仕方ないかも。

ん? これがこの映画の狙いか……。

オススメ度(10段階)……★★★
(基本的に補完するストーリーなので、シリーズ観た人用)

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


リング0 ~バースデイ~ [Blu-ray]

【リング2】

原作版【ループ】があまりにもホラー映画の続編としての映像化に向いていなかったため、作られた番外編。【らせん】後のストーリーではなく、【リング】から【らせん】への派生とは違う流れのアナザーストーリー。

恋人だった高山竜司の死の謎を探っていた高野舞は、呪いのビデオの存在を知る。ビデオについて調べていた舞は、竜司の元妻であり、テレビレポーターだった玲子の仕事を引き継いでいた岡崎と知り合った。

やがて、岡崎は呪いのビデオを持っているものの、見たことがないという女子高生、沢口香苗を探し当てるが、好奇心に負けた香苗はビデオを見てしまい、岡崎にビデオを見るよう懇願した後に呪いによって死亡してしまう。

その後、ビデオを見た生存者である浅川玲子と息子の陽一と偶然出会うが、貞子の怨念による呪いは解けてはいなかった。精神科医で超常現象にも詳しい川尻によって、陽一にかかっている呪いの除去実験を行おうとすると、暴走した陽一によって惨劇が起こってしまう……。

完全にパラレルとして作ってあるため、登場人物の設定が微妙に違ったり、起こる事柄が違うので過去2作を観ていると、どうしても気になってしまうんですが、単純にホラーとして考えると、やはり【らせん】よりこちらの方がホラーっぽいです。

ただ、こちらはこちらでオカルトパワーがアップし過ぎて、後半は原作の確実に忍び寄ってくる恐怖というよりは、海外の超能力ものに近い作りになってます。

特筆すべきは【らせん】と共通して出ている役者たちの演じ分け。特に中谷美紀にいたっては、【らせん】とは設定がかなり異なるため、全然印象が違います。また、いま旬の小日向文世や、復活気味の兆しのある深田恭子が脇役で出ています。

自分としては、貞子があるシーンで恨み言を言うシーンが生理的に寒気が走ったんですが、【リング】、【リング0】には霊が映っているらしいので、【リング2】にも何か映っているかもしれませんね。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(定番なのでホラーファンならおさえておけという感じ。普通に観るなら【リング】を観てからどうぞ)

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


リング2 [Blu-ray]

【らせん】

リングの続編に当たるものの、純粋なホラーではなく、医学的なアプローチで謎を解こうとするミステリーに近いため、映画やドラマの【リング】を知っていて、原作を読んだことがない人たちには馴染みづらい作品。なるべく【リング】と続けて観ることをオススメします。

監察医の安藤満男は、海の事故で息子を失って以来、生きる気力を失っていた。最近では自殺することばかり考えている安藤は、見知った人物の解剖をすることになる。遺体の名前は高山竜司。学生時代の同級生であった。

高山の志望した原因は心不全だったのだが、体型を整えるために詰めた新聞紙に暗号めいた数列が記されているのに気付く。それは安藤たちが学生時代に流行った遊びで、彼は「DNA PRESENT」という言葉が読み取れた。

やがて、『呪いのビデオ』の存在を聞かされた安藤は、高山が自分に死をもたらす代わりに、ビデオをこの世から消滅させるように頼んでいると考え、高山の妻である玲子の上司、吉野からビデオを奪い取り、それを破棄するのだが内容を見ていないはずの吉野が心不全により死亡する。

高山の恋人であり、教え子でもあった高野舞とともに謎の解明を急ぐ安藤だったが、呪いはビデオだけでなく、どのような媒体でも視覚することで体内に入り込み、心不全を起こさせることに気付く。しかも、その呪いを解くための鍵は、貞子の協力者となることであった。

だが、貞子にとっても予定外のことが起こり、事態は急展開を迎える。貞子の真の狙い、高山の暗号の本当の意味とは?

いや、ぶっちゃけなんかそういうシーンがあるわけでもないのに何故か佐藤浩一と真田広之がホモなイメージ。いやいや、全然そんなシーンもそう思わせるシーンもないですよ。なんでしょう、精神的につながり過ぎ?

この作品を単体で観ると、いまひとつ怖さが伝わらず、どっちかというと病院の怪談に近い怖さでしかない気がします。そういうのが苦手な人には充分ホラーですが。

見どころとしては、序盤の真田広之の死体解剖シーン。下手に内蔵がほとんどない分気持ち悪いです。

オススメ度(10段階)……★★★★
(シリーズで観る順番が要求されるのと、好みが分かれるのでオススメ度はこんなもの)

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


らせん (Blu-ray)