【らせん】

リングの続編に当たるものの、純粋なホラーではなく、医学的なアプローチで謎を解こうとするミステリーに近いため、映画やドラマの【リング】を知っていて、原作を読んだことがない人たちには馴染みづらい作品。なるべく【リング】と続けて観ることをオススメします。

監察医の安藤満男は、海の事故で息子を失って以来、生きる気力を失っていた。最近では自殺することばかり考えている安藤は、見知った人物の解剖をすることになる。遺体の名前は高山竜司。学生時代の同級生であった。

高山の志望した原因は心不全だったのだが、体型を整えるために詰めた新聞紙に暗号めいた数列が記されているのに気付く。それは安藤たちが学生時代に流行った遊びで、彼は「DNA PRESENT」という言葉が読み取れた。

やがて、『呪いのビデオ』の存在を聞かされた安藤は、高山が自分に死をもたらす代わりに、ビデオをこの世から消滅させるように頼んでいると考え、高山の妻である玲子の上司、吉野からビデオを奪い取り、それを破棄するのだが内容を見ていないはずの吉野が心不全により死亡する。

高山の恋人であり、教え子でもあった高野舞とともに謎の解明を急ぐ安藤だったが、呪いはビデオだけでなく、どのような媒体でも視覚することで体内に入り込み、心不全を起こさせることに気付く。しかも、その呪いを解くための鍵は、貞子の協力者となることであった。

だが、貞子にとっても予定外のことが起こり、事態は急展開を迎える。貞子の真の狙い、高山の暗号の本当の意味とは?

いや、ぶっちゃけなんかそういうシーンがあるわけでもないのに何故か佐藤浩一と真田広之がホモなイメージ。いやいや、全然そんなシーンもそう思わせるシーンもないですよ。なんでしょう、精神的につながり過ぎ?

この作品を単体で観ると、いまひとつ怖さが伝わらず、どっちかというと病院の怪談に近い怖さでしかない気がします。そういうのが苦手な人には充分ホラーですが。

見どころとしては、序盤の真田広之の死体解剖シーン。下手に内蔵がほとんどない分気持ち悪いです。

オススメ度(10段階)……★★★★
(シリーズで観る順番が要求されるのと、好みが分かれるのでオススメ度はこんなもの)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


らせん (Blu-ray)

【リング】

テレビレポーターの浅川玲子は、『見ると一週間後に死ぬ』呪いのビデオの噂を耳にする。呪いのビデオなど信じられない玲子だったが、姪の智子が死んだのがビデオがらみだと知り、興味を抱いた。

やがて、姪の智子と死んだ友人たちがビデオを見たのが伊豆の貸し別荘だとわかり、玲子はそこでビデオを発見する。ビデオを再生した玲子は呪いが真実だと確信するが、それは自分の生命が残り7日だということを意味していた。

玲子は、大学で講師をしている離婚した夫の高山竜司に助けを求める。竜司は人や物から記憶を読み取る不思議な力『サイコメトリー』の持ち主だった。ビデオを見た竜司はビデオに出てくる女性が、昔『千里眼』と呼ばれた山村志津子で、志津子の娘である貞子によって念写されたものだと知ることになる。

玲子と竜司、智子の霊に誘われてビデオを見てしまった息子の陽一は呪いを解くことが出来るのか?

現代のホラークイーンの一角をになう貞子のデビュー作。以前にも似たような作品は多々あったものの、鈴木光司の原作の怖さ、きっかけとなることが日常で普通に行っていることだけに恐怖が高まります。もし、レンタルショップで借りたDVDが入れ替わってて、井戸とか映ったらと思うと、本当にもうエクセレントです。

井戸やテレビから出てくるシーンのにじりよる恐怖も嫌な感じですが、一番の恐ろしいシーンは下から貞子を見上げてしまい、顔を見てしまうシーン。虫ケラでも見るかのように無機質に見下ろされる感じが、まるで殺虫剤をかけられるゴキブリ側になったかのよう。殺人鬼の方がまだ殺ってます!って感じでまだマシかも。

また、都市伝説という形で伝わる『呪いのビデオ』が真実味を帯びることで、貞子自身がほとんど出てこないにも関わらず、得体の知れない死への恐怖を感じさせる作りも結構斬新でした。下手に呪いを解く方法があるらしいあたりが余計に焦らせるんでしょうね。これが絶対に7日後に死ぬだと、ヤケクソになるだけだろうし。

ただ、テレビドラマ版の単品の方が原作には近かった気がします。ちょっとだけアダルトだったような覚えもありますが、原田芳雄の怪しさも爆発してるし。連続ドラマの方は、長瀬と柳場の精神的なボーイズラブっぽくて、ストーリーには集中出来なかったし。京野ことみの初々しさは良かったけど。

初々しいと言えば、映画が始まって最初の被害者である女の子が竹内結子で、壮絶な顔芸を見せてくれてます。

ちなみに劇場公開時にも観ているのですが、その際の同時上映は続編の【らせん】でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(ホラー好きは押さえるべきだと思う)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


リング (Blu-ray)

【鳥】

【鳥】と言えばヒッチコックだと思いますが、今回観たのはそれをモチーフにした作品。【バイオハザード3】で多数のカラスに襲われるシーンがヒッチコックの【鳥】へのオマージュらしいので、代わりに観てみました。

獣医のアレックスは、弁護士の夫とともにベルリン郊外へと引っ越す。やけにカラスが目に付く街ではあったが、アレックスは獣医の目から見て、異常な行動が気になっていた。

周囲はアレックスが妊娠しているため、過敏になっているのだとなだめるのだが、事態は静かに進行していたのである。はじめはパーティーの肉を盗み取っていたカラスたちだったが、徐々に家畜を襲ったり、人間を襲うようになっていった。

アレックスは周囲と軋轢を生みながらも、知能を高める実験の副作用で凶暴になったカラスが他のカラスを統率していることを知り、そのカラスたちを捕らえるため、再び帆走する。

なんか、ヒッチコックの鳥をモチーフにしたにしては、イメージが違う気がします。ヒッチコック版を通して観ていないのですが、もっとパニック映画だったと思います。こちらの方は確かにCGなどを使って、映像的には凄いんですが、大衆を襲うようなシーンはほぼ皆無。【鳥】というタイトルも、烏(カラスね)で良かったんじゃないかと思う。ヒッチコックのようにスズメやカモメ出てくることもないし。むしろ、日常に潜む悪夢という感じのホラーに近いかも。

主人公のアレックスが妊婦の設定のせいか、異常にヒステリック過ぎて、ちょっと引きます。

オススメ度(10段階)……★★★★
(無難過ぎるのと、それぞれの人物がいまいち日本に馴染みにくい)


カラス・鳩・野良猫撃退!バードストッパートマレーン2.7型
↑映画にはこんなものありません。

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【デスゲーム】

ゲーム内で死ぬと現実でも同じ死に方をしてしまうというゲームを題材にした作品。

ハッチのゲーム仲間ルーミスが謎の死を遂げる。彼は死の直前まで『Stay Alive』というゲームをプレイしていたらしく、とても自殺するような様子はなかったらしい。

友人の不可解な死にハッチは『Stay Alive』に興味を抱き、ゲームを起動してしまう。ゲームは17世紀に実在した殺人鬼『血の伯爵夫人』をモデルに、その屋敷で殺人鬼を追うという内容であった。

やがて、ゲームをプレイした仲間たちがやはり不可解な死を遂げ始める。その死に様はゲーム内での死に方とそっくりで、まるでキャラクターが死ぬと、現実化するかのようであった。

ハッチたちはその呪われたゲームの呪縛から逃れ、生き残ることが出来るのか?

SHOWBIZで紹介された時は面白そうだと思ったんですが、実際に観てみると、ちょっと消化不良気味。ゲームと現実のリンクという設定は面白いものの、不条理ホラーにしては呪怨やリングのような不条理感がなく、かといって説明不足のため、観ている側が自分を納得させるしかないのが気になります。

たとえばゲームの中である相手を倒すのにあるアイテムを使うとして、事前にそういうシーンがなく使うので、どうして消えたの? ってなったり。

他にもいま何があったの? というシーンが多く、観終わった感想として、『血の伯爵夫人』が殺す理由はわかったけど、どうやって力を手に入れたかとか、17世紀にはゲームがないのにゲームを媒介にするまでの過程とか一切説明なし。

つまらないとは言わないまでも、観る人を選ぶ映画だと思います。題材は面白いんですけどね。

オススメ度(10段階)……★★★
(都市伝説的な面白さはあります)


ポルタス
↑同じような内容のマンガ。絵が独特で気持ち悪いですが、恐いです。

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【テキサス・チェーンソー・ビギニング】

1939年8月、生後すぐに捨てられた赤ん坊がゴミを漁っていた女に拾われ、トーマスと名づけられヒューイット家で育てられる。やがて食肉処理工場で働き始めた彼は、工場が閉鎖された衝撃から工場長を殺害。一方、テキサス縦断旅行に出ていた4人の若者たちは、保安官になりすましたトーマスの叔父に連れ去られてしまい……。

シネマトゥデイより。

【テキサスチェーンソー】の続編で、ヒューイット家の成り立ちがわかります。流し観してると、意外に見落としている設定とかあったり。

やっぱり偉そうなホイトが実は保安官じゃないとか、レザーフェイスことトーマスが実は実子じゃないとか、その辺りは見落とされがちですね。

まあ、過去話だから結果はわかっているので、そういった部分での楽しみはないんですが、彼ら一家の人間らしさがまだちょっとあるのが面白い。

車椅子のおっさんの足がない理由と、その前後での人間性の変わっていく様とかすごいと思う。

でも、なんと言ってもみどころはレザーフェイスが初めてチェーンソーで人を殺すシーン。何かを感じ取ったのか、やり遂げた感がにじみ出てて不思議。別にガッツポーズとったり、叫ぶわけでもないのに、何故かやり遂げた感を出しているように見えます。本当に不思議です。

問題は【テキサスチェーンソー】と展開がほぼ同じなので、続けてみると飽きます。なるべく続けてでなく、ちょっと空けるとか、他の作品を観てから観た方が楽しめそう。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(やっぱりホイトが元凶だと思う)

↑何故か同じチェーンソー持ちなのに大人気w

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》