【オトシモノ】

沢尻会会長沢尻エリカ主演の呪われホラー。共演は小栗旬と若槻千夏。

ざっとあらすじ。

奈々(沢尻エリカ)の妹が、拾った定期券を届けた後、留守電を残して行方不明になってしまう。留守電にはやはり数日前に定期を拾って行方不明になった範子の同級生、孝を見たと入っていた。

一方、藤田香苗(若槻千夏)は、ボーイフレンドの茂からもらったブレスレットがはずれずに困っていた。しかも、それは茂が電車内で拾ったものであった。それを知った香苗がホームで見つけた茂を問い詰めようとすると、何かにとり憑かれた彼に襲い掛かられる。

突き放された拍子に線路に落ちた茂は、不意に正気に戻ると、「ヤエコに気をつけろ!」と叫び、電車にひき殺されてしまった。

奈々は妹を探し、連れ戻すため、香苗は死ぬ寸前まで自分を心配してくれた茂のため、呪いの真実を探ろうと決意する。

そんな中、心臓を患っている奈々の母が発作を起こし、ひとりホームへと向かった香苗がヤエコに襲われるが、ある人物に助けられた。

奈々は何かを知っている様子の久我俊一(小栗旬)に助けを求めたが、彼は詳しいことを何も知らず、知っている先輩を紹介しようとするが、その川村は見たという血文字を残し、死んでしまう。

トンネルに何かがあると確信した奈々たちは、トンネルへと入っていく……。

いやあ、こういう風に書くと案外普通のホラーっぽいですが、

ツッコミどころ満載です。

まず、根本的にこの路線、事件が多過ぎ。電車の中で人がいなくなったり、普通に人跳ねたり、車と激突したりしています。にも関わらず、幹部連中はやりすごせると思ってるご様子。しまいには紛失物保管所で血文字残して死んでる人がいても、問題になりそうな気配なし。

まあ、そんな鉄道会社なのでセキュリティがメチャクチャです。運営終了後の時間に行方不明なはずの子供が一人で入っていて、見つけられず。ビデオにも映っているのに、奈々に言った言葉が「自分で歩いてるみたいだし、家出じゃないかなあ」ちょっと英雄をみた気分。その上、内勤に異動させた運転手が夜中に勝手に運転したり。

他にも細かいところで色々とあるんですが、多分気にした方が負けなんでしょう。

ただ、映画で解決する範囲の最終的なオチで、自分としては、大きな引っ掛かりがあったりもします。まあ、結局謎なままのことも多いんですけどね。

もっとも、こんなことを書いてはいるものの、ただのアイドルホラーと思って観ると、痛い目にあいます。韓国先行公開だったせいもあるのか、意外と怖いです。よくグラビア系アイドルやモデル系アイドルの作品は、セクシーシーンでお茶を濁してたりしますが、この作品、周囲の役者(子役含む)が妙に上手くて、普通に良い出来です。地味に若槻千夏も頑張ってました。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(ストーリー的にはイマイチですが、意外に怖いので観て損はないと思う)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【神の左手 悪魔の右手】

【神の左手 悪魔の右手】は楳図かずお原作のホラーなんですが、他のDVDで予告編を観ても、話が思い出せなかったんですよね。しかも、楳図マンガはすぐに絶版になって手に入らづらくなってしまうため、定価以上で買う気にもなれず、DVD待ちしてた作品です。

実写版のスト-リーは原作を再構成し直したもので、視点も想ではなく、姉のイズミが中心になっています。原作での主人公の想は、いきなり首から血を噴き出し、開始早々入院。

想は人の悪意を感じとり、悪夢として見てしまう上、場合によっては同じ痛みを感じてしまう。姉のイズミはそんな想の苦しむ姿を見て、夢に出てくるという殺人鬼を捜す決意をする。はたしてイズミは殺人鬼を見つけ、想を救うことが出来るのか?

そんなストーリーなんですが、原作版はもっとメチャクチャみたいです。原作版だと想が『ヌーメラウーメラ』という存在に変身したりして、悪を滅ぼすんですが、ところどころ楳図マンガの異常さが。【漂流教室】なんかでもそうですが、独自の子供の理屈で大きなハサミを人の胸に突き刺したり、そういった残酷な行動を平然ととってくれます。

【漂流教室】とか、おかしくなった先生が他の先生みな殺しにするんですが、その理屈がメチャクチャでした。ちなみに窪塚が出てたドラマ版【ロング・ラブレター#漂流教室】みたいな良い話ではないです。

まあ、そんな楳図作品に漏れず、この作品もクライマックスの対決シーンはある意味すさまじいです。なんかもうストーリーとかどうでもよくなります。途中の話は単にスプラッタシーンを見せたかったんだよね? と問いかけたくなるくらい。

でも、この作品を観ていて不思議に感じたのが、なんで斧で惨殺されたり、包丁で刺されたりするよりも、ハサミで切られる方がはるかに痛々しい感じがするんだろう?ってことでした。

斧の場合、死に方が作り物くさいから別として、リアルさとか身近さという点では包丁でも同じくらいの痛々しさを感じてもいいと思うんですよ。本当に不思議ですね。

あ、ちなみにホラー好きでも、ケーキ好きな人や、食事中は決して観てはダメな映画でした。

オススメ度(10段階)……★★
(退屈しのぎ程度)


神の左手 悪魔の右手(DVD) ◆20%OFF!

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【処刑.com】

今回観たのは、【処刑.com】。原題だと内容が推測出来ないのですが、邦題になると一気にネタバレする感じです。

ざっとあらすじ。

いたるところにカメラが設置されている小屋で共同生活をして、6ヶ月間、1人もリタイアすることなく、達成できれば100万ドルの賞金がもらえるというゲームに参加した5人。

しかし、1人も欠けてはならないというルールが予想以上の足かせとなっていた。ゲーム中、参加者の1人、ダニーの祖父が亡くなるのだが、門限があるため、断念。カラスの死体や、血まみれのハンマーという恐怖も、自分のせいで100万ドルがパーになることを考えると、なかなかリタイアとは言いづらい状況が出来上がっていく。

ある日、予期せぬ来訪者トラヴィスが現われるが、傷ついたバッグを残し、姿を消してしまう。

そして、緊張がピークに達したのか、ダニーが自殺したことで、一気に話が急転する。

大体そんな流れなんですが、登場人物はたったの7人。撮影場所も小屋一見あればいいだけなので、いわゆる低予算作品なんでしょうね。殺害シーンも特殊なCGとか使っているわけではないので、昨今のソリッドシチュエーションとは名ばかりのスプラッタ映画のようなエグさはありません。むしろ、スプラッタシーンが苦手な人でも安心して観れます。

特典メニューも、普通なら殺害シーンなんでしょうけど、何故かセックスシーンをマルチアングルで撮影したものでした。変なところに力入れてるなって感じ。

また、普通、こういう精神的なホラーは、小さいほころびから徐々に恐怖へとつながっていくのが定番だと思うんですが、その辺のあおり方が淡々としていて、『あれ? 始まっちゃった』って感じです。

正直、深夜にテレビで観れば面白いけど、わざわざ借りてという作品でもない観る状況を選ぶ作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★
(深夜に観れば面白いと思う)


処刑・ドット・コム
↑目薬差してるようにしか見えない

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【伝染歌】

AKB48のための作品かなあという感じです。

すごい大雑把なあらすじを書くと、ある女子高生が自殺して、その真相を確かめようと、死んだ女子高生の同級生たちと幼馴染み、雑誌編集者たちは『伝染歌』にたどり着く。その歌うと死んでしまうという噂の歌を歌った女子高生たちは、一緒に歌った人物が死んだことで噂は真実だったと知る。『伝染歌』に隠された真実とは?

そんな話なんですが、随所随所にオーソドックスな展開があるものの、

展開自体が雑

で説得力もありませんでした。

メインとなる大筋の疑問は一応解決するんですが、ところどころにわけのわからないところが。根本的に人ほとんど死なないし、アイドルだけどグラビア系でもないのでセクシーなシーンがあるわけでもないし。

軽くネタバレすると、こんな疑問。

  • 序盤の方で心中する人たちがいるんですが、そのふたりはいつ伝染歌を歌っていたのか? 他にも、いやアンタなんでその歌知ってるっていう人とか。
  • 中盤より後ぐらいに編集の1人が姿を消すんですが、どうなったのやら。
  • なぜラストシーン、あんなことになったのか? お前も歌ってないよね?

他にも本筋に関わる辺りでご都合過ぎて苦笑いする場面も。ぶっちゃけ良くあるアニメ映画のように見どころはほとんど予告で流れているので、観なくてもいいんじゃ?って作品でした。

冒頭でも書きましたが、AKB48のファン向けなので、劇場ライブと思われるシーンが観たければどうぞ。

ちなみに作中に出てくる『暗い日曜日』の話は実話。

オススメ度(10段階)……★
(映画としては薦められない)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
ホラー映画×AKB
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


伝染歌 プレミアム・エディション [DVD]

【あのこがほしい】

【魔法先生ネギま!】実写版のキャストつながりで観ていた頃のレビュー。他の作品も観ていたんですが、ちゃんと書くのに調べないといけないのが多いので、あっさり書けるものから書いてました。

この作品には先日、舞台【東京】に出演していた松永裕子さんが出ています。ただ、この子、写真映りにムラがあり、生だと可愛いみたいですが、映像だとアングルによってはバナナマンの日村に見えてしまうという可哀想な女優さんです。ちょっと最近太ってきたような気もするのですが、とても他所では書けません。

さて、そんな【魔法先生ネギま!】つながりで観てみた作品ですが、主演は葵ちゃんで、最近では【ガリレオ】とか、【4姉妹探偵団】とか、映画だと【笑う大天使(ミカエル)】とか出てたらしい。

あらすじ書くと、ネタバレしそうなんですが、ざっくりと。金持ちでエゴの塊のような英美(これが松永)のグループ、杏奈(葵)、有里、静香、理沙たちは転校生の洋子を廃病院でいじめていて、アクシデントで洋子に火をつけてしまった。火は消したものの、洋子の意識はなく、バレるのを怖れた4人はその場から逃げてしまう。

翌日、杏奈の携帯に「心配しないで」というメールが届いたため、英美と有里は洋子の友人だった真紀に様子を見に行かせると、入院してはいるが、元気そうということだった。

その晩、杏奈におかしなメールが届く。「おめでとうございます。あなたは○○○○○番目の受信者です。サキちゃんがあなたを待っています。サキちゃんは寂しがりやなので、必ずあってあげてください。会ったら次の人にメールを送信してください。出会う前に送信すると不幸になります。また、会っても絶対にサキちゃんと目を合わせないでください。合わせると……。あなたの幸運を祈ります。」という感じの内容のチェーンメールだった。

その頃、デートを終えた英美が何者かに襲われ、死んでしまう。英美を殺したのは洋子だと考えた有里は、杏奈、真紀とともに洋子が入院しているはずの病院に行くが、そこには誰もおらず、数日前に死んだ患者も男性ということだった。

やがて、杏奈たちを襲う恐怖。犯人は洋子なのか?

そんなお話。で、怖さとしては微妙。ただ、1シーンだけネタバレしますが、意味がわからないシーンが。

松永演じる英美がデートとしてカフェか何かで彼氏と会話をしているシーンがあるんですが、実は相手がおらず、1人で喋っているというシーンがあるんですが、それがどういう意味なのか、全然わかりませんでした。確かによく幻覚とかで幸せに見せかけて、落とすというホラー独特の場面というのはありますが、そのシーンで偽りの彼氏が必要とは思えないため、どういうことなのかが良くわかりませんでした。

最終的なオチもあるにはあるんですが、どうも作り手側の迷走振りが悪い方向に出てしまったのか、どことなく複数のオチを用意して探りながら提示してきているという印象になっています。

まあ、こんなものかなという感じの作品でした。

オススメ度(10段階)……★★
(途中でオチが読めるので、赤点レベル)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》