【ウルトラヴァイオレット】

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のSFアクション。劇場用のCMが流れていた頃から気にはなっていたんですが、やっと観れました。

大雑把なあらすじ。

近未来のアメリカ。知能と運動神経が高まる反面、寿命が感染後12年になるウイルス『ファージ』。しかも、『ファージ』は感染者の血液に触れるだけで感染してしまうため、感染者は爆発的に増えていくのである。超人間『ファージ』に恐れを抱いた政府は『ファージ』狩りを始め、絶滅寸前まで追い込むが、『ファージ』側も地下組織化し、激しい戦いを続けていた。

そんな中、『ファージ』を全滅させるという兵器の情報を入手した地下組織のメンバー、ヴァイオレット(ミラ)がそのケースを奪取。窮地に追い込まれたとき、自分の死ぬ理由を確かめたかったヴァイオレットはケースを開けてしまう。その中にあったのは、兵器ではなく、人間の子供だった。

まだ人間だった頃、やはり『ファージ』に感染した夫と、妊娠中の子供を政府に殺されたヴァイオレットは、ケースの中の子供シックスを見捨てることが出来ず、唯一の仲間である科学者ガースに助けられながら、あてのない逃亡を続けることになる……。

まあ、キモの部分はシックスの謎なんですが、情報が小出しになっているのと、子役(キャメロン・ブライト)の演技上手いため、案外すんなり観れます。

ただ、観終わった後に身もふたもない疑問があったりもするんですが、ネタバレしてしまうので、秘密w

にしても、ミラ・ジョヴォヴィッチ。【フィフス・エレメント】や、【バイオハザード】でもそうなんですが、何故か普通の人間役がない。そして、大抵ヌードシーンがある(ウルトラヴァイオレットではさすがにアングルで観えないようになってる)。多分、作品のためなら気にならない人なんでしょうね。さすがプロ根性。そういえば、昔、美穂ジュンが必要性があれば脱ぎますとか言ってたけど、こういうことなんでしょうね。

そんなプロ根性豊かなミラ。本当に目ヂカラが強いというか、一種独特な存在感があります。日本で言えば、栗山千明(キルビルの女子高生。この娘も昔、ヌード写真集出してたなあ)。ホラー映画の【死国】がデビュー)という感じ。

そのミラが銃や刀を手に、ダンスするかのようなアクションを観せてくれます。もっとも、思っていたほどはアクションシーンが多くなく、むしろ駆け引きや要素の部分が強いので、爽快で派手なアクションシーンの連続を望んでいる人には物足りないと思います。むしろ、アクションシーンに関して言えば、CMで流れていたのがすべてという感じです。

小ネタとしては、今回の作品の他に、バイオ2でもバイクに乗ってのアクションシーンがありますが、実はバイク苦手だとか。特にウルトラ~では激しいシーンが多いため、デパートの屋上にある動物よろしく、またがって乗ったフリしてます。それを踏まえながら観ると、映画って凄いなって思わされますね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(CM鵜呑みでド派手なアクション映画として観るともの足りないかもしれないけど、予備知識なしで観れば充分に面白いと思う)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめSF映画リンク集
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ウルトラヴァイオレット [Blu-ray]

【イーオン・フラックス】

結婚直前だった妹を殺されたイーオン・フラックスは、反政府組織『モニカン』の女戦士となって、君主暗殺に乗り込む。

暗殺は失敗するが、君主は何故か刺客であるはずのイーオンを別の名で呼び、殺そうとしない。君主とイーオンの関係は? また、ブレーニャと、トレバー家に隠された秘密とは?

と、まあよくある話なんですが、意外に短時間でまとまっていて、変にはしょったり、台詞で長々説明という感じでもありませんでした。また、観終わったら「ああ、よくある話だったな」と思うかもしれませんが、観ている段階では「あ、そういうことだったんだ」って驚かされる部分と、「やっぱりね」と思わせる部分のバランスが良い作品じゃないかと思います。どっちかに偏るとつまらなくなるので。

あとの見どころは、要塞突入時(脚が手(!)の仲間(案外というか、かなりアホ)と侵入)の罠が意外に新鮮に感じられるところと、やっぱりイーオン(シャーリーズ・セロン)のセクシーさとツンデレ振り(本当にツンデレだと思う)w

観て損はない作品だと思いますよ。もう旬から外れているので借りやすいし。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(普通に面白いです)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめSF映画リンク集
おすすめアクション映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


イーオン・フラックス [Blu-ray]

【チャーリーとチョコレート工場】

バレンタインあたりにオススメな映画。

もっとも、やっぱりなんだかんだ言って、男ってくどいてる時や、付き合い始めでもなければ、恋愛映画を二人で観るのが恥ずかしいという人も少なくないと思います。むしろ二人で観るのは好きという人もいますがw

また、相手がやきもち焼きだと、恋愛映画を観た後に感想を話して、つい「○○ってかっこいいよね~」なんて言ってしまうと目も当てられません。

逆に無駄にバイオレンス色が強い作品だと、一部を除いた女性陣にはがっかりされるんじゃないかと思います。別に日常的に観る分には何でもいいでしょうけど、少しでもロマンチックな雰囲気をと思ってる時にギャングモノやホラーはナイと思うんですよね。

結婚式をあげれなかった奥さんが、せめてもの結婚記念日に夕食で何かしたいと思ったら、旦那がおもむろにカップラーメン食べてたみたいなガッカリ振りですw

そういう喜劇めいた悲劇を避けるためにはこういったコメディチックな作品の方がお互いのためなんじゃないかと。

それではざっとあらすじ。

チャーリー・バケットは、貧しい家に父母とその祖父母たちの7人で住んでいる少年で、毎年誕生日に買ってもらえるチョコレートを楽しみにしていました。

そんなチャーリーの誕生日が近づいた頃、世界一有名なチョコレート職人ウィリー・ウォンカのチョコレート工場を見学出来るキャンペーンが行われる。ウィリー・ウォンカの工場は、ずっと扉が閉ざされており、中に入った者は誰一人としていなかった。たった5枚のゴールドチケットを引き当てた者だけが、工場をウィリー・ウォンカ本人のガイドで見学できるというのである。

たった5枚しかないチケットを引き当てたチャーリーは、変わり者なウィリーと、工場の秘密を目の当たりにすることになるのだった。

あんまり書くとネタバレしてしまうので書けませんが、序盤から中盤にかけてはツッコミどころ満載な感じのコメディですが、終盤になるとドラマ性が強くなるので、大人でも楽しめます。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(元が子供向けなので、ご都合主義なのは大目にみてこの評価)

blogramのブログランキング

《関連リンク》
バレンタインにおすすめなドラマ映画
おすすめドラマ映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]

【デッド・サイレンス】

【SAW】の監督と脚本家による腹話術人形をモチーフにしたホラー作品。DVD版では対にすることが前提と思われるオープニングとエンディングが2種類ずつ用意されています。

ある日、ジェイミーとリサの夫婦のもとに、送り主不明の腹話術人形が届く。その気味の悪い人形を置き、買い物に出かけるジェイミー。だが、帰宅したジェイミーが見つけたのは、舌を抜かれて絶命している妻の変わり果てた姿であった。

妻殺しの容疑を掛けられたジェイミーは、事件を解明するため、故郷のレイブンズ・フェアへと向かう。しかし、そこで待ち受けていたのは、恐ろしい真実だった。

いや、久々にこれは怖いと思った映画です。最後に衝撃の真実が待っていそうなことに相変わらず途中で勘付いてしまったんですが、それでもダメでした。それぐらい怖い。異常な状況が日常に紛れ込んでいて、それがちゃんと表現に組み込まれているのに気付けない。そんな怖さ。多分、ネタバレギリギリなことを書いたとしても、きっと気付かない。気付いても上辺だけ。自分も勘付いたのは上辺だけでした。

グロイシーンというのも、作品の中での割合で言えばあんまりなく、せいぜい舌が抜かれた死体とか、せいぜい似たりよったり。むしろ、人形や老婆の方がグロくはないけど気持ち悪いです。というか、老婆の気持ち悪さは演技中の鳥居みゆきに通じるものがあります。

ちょっとモヤモヤしたものが残ってはいるし、感想は正直怖い以外に何もなく、ストーリーとして本当の続編(海外の作品はまったく違うものがシリーズとして出されることがあるので)が作られることもなさそうなので、これ以上書くことがないのが難点。

でも、本当にこれは怖いです。あんまり夜中に一人では観ない方が良いと思います。そういった意味では勧められませんが、怖い作品を観たい時には楽しめると思います。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(下手に金かけた作品とかより、チープだけどストレートな怖さ)


スミレ 16歳!! DVD-BOX(1)(DVD) ◆20%OFF!
↑おっさんによる女子高生気取りの腹話術人形の方がシュールさでは上だと思います。

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

【人形霊】

森の奥深くに建てられた古びた人形ギャラリーに招待された、新進気鋭の彫刻家・ヘミ(キム・ユミ)、明るい女学生・ソニョン(イ・ガヨン)、野心的な写真家・ホン(イム・ヒョンジュン)、男性モデル・テスン(シム・ヒョンタク)、球体関節人形を愛する少女・ヨンハ(オク・チョン)。ある日、ヨンハが何者かに惨殺され……。

シネマトゥデイより。

ジャケットのイム・ウンギョンの可愛さで借りた作品。DVDリリース当時、結構人気がありました。

が、観てみたらイム・ウンギョンは主役でなく、謎の少女役。

じゃあ、人形持った画像をアピールするなよ!

と言いたくなるくらい、主役の新進気鋭の彫刻家ヘミ役のキム・ユミがおばさんっぽくてガッカリします。

念のため、補足しておくと、キム・ユミ自体は綺麗で若い女優さんです。この作品のヘミ役が変におばさんっぽく見えるというだけですよ。

また、正直最初の前説の出オチ感が否めないため、こういうオチなんだろうなって予想した状態で視聴することになり、人によってはグダグダに感じます。

でも、劇中に出てくる『球体関節人形』の出来が良く、不気味なため、油断してると意外にドッキリさせれらます。

殺人の理由にしても、言いたいことはわかるけど、それは無茶だろうと思うような理由な上、相手に伝わっていないという空しさ。

本来なら切ない話になるはずが、ヘミのキャラ付けというか、記憶力が悪いので、ヘミは死んでもいいと思ってしまいそう。

特に人形好きの人たちから観たら、ヘミの冷たさというか、人形の扱いの酷さに閉口するみたいです。

本当に何らかの感情をこめられた人形って怖いですよね。

オススメ度(10段階)……★★★★
(主人公が色々と台無しにしてるので)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

人形霊 [DVD]/イム・ウンギョン,キム・ユミ,オク・ジョン

¥3,990
Amazon.co.jp

1 230 231 232 233 234