【テラフォーマーズ】

21世紀、地球では猛烈な人口増加が起き、人類は火星への移住を計画する。

まずはコケと古来から地球に生息するある生物を火星へと送り込み、地球化への道を探る。

500年後、移住計画の最終段階としてその生物の駆除のため火星に15人の隊員が派遣されるが、小町小吉(伊藤英明)以外は高額の報酬が目当てで……。

シネマトゥデイより。

【このマンガがすごい!】の男性部門1位に輝いたこともある青年コミックを実写映画化した作品。

公開当時、【超映画批評】で100点中5点を叩き出し、【超映画批評】の著者である前田有一のツイートも話題になりました。

観てない人たちにまでゴミ映画呼ばわりされた作品なんですが、ある条件下のもとならそこまで酷くないかなと思います。

その条件は『原作を読んでいるけど、こだわりはない』、『子供向け特撮が好き』。

この2つに当てはまらないと、楽しめないと思います。

『子供向け特撮が好き』というのは言うまでもなく、最近のMARVEL作品に慣れていると、苦笑いするレベルの映像。

原作通りに映像化するのが難しいのか、豪華なキャストに資金を使い過ぎて、そちらに資金が回らなかったのか、別の理由なのかはわかりません。

ただ、映像化するのが難しいという点については、雨宮慶太作品はすごいことを考えると技術的な問題ではない気がします。

キャラクターデザインがかなりダサく改悪されていて、特に変態は原作からかけ離れていて、何これレベル。。

とはいえ、

子供向け特撮だったらこれくらいがちょうどいいんじゃないか

とも思います。

ですが、致命的なのは『原作を読んでいるけど、こだわりはない』という部分。

原作では乗組員がいろんな国から派遣されていて、それがストーリー展開に影響を与えます。

原作では次のグループが再来するんですが、そこでは完全に代理戦争化するほどなんですけどね。

また、原作では活躍するか、死ぬかする前にキャラクターの掘り下げが描かれるんですが、その辺りもかなり適当な感じ。

小栗旬演じる本田博士のキャラクターがすごく寒くなっているあたりも、三池崇史の悪い部分が出ていました。

三池崇史って原作を改変すると、変なパロディみたいになるので向いてないような気がします。

他にもわけのわからない改変や省略を行っているため、原作を読んでいないと意味がわかりません。

かと言って、原作を読んで面白いと思った場合、映画がかなり酷い出来に感じると思うので、こだわりがあると耐えられないでしょう。

キャストに関しても、伊藤英明と小池栄子のファンくらいしか満足できないかも。

そう考えると、SFアクションファンより、子供向け特撮好き向けの作品ですね。

オススメ度(10段階)……★★★
(ターゲットにする層と、実際の作品のミスマッチが爆死の原因。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめSF映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


テラフォーマーズ(初回仕様) [Blu-ray]

【キングコング: 髑髏島の巨神】

コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。

しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。

島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。

そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。

人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。

シネマトゥデイより。

オリジナルの【キングコング】を見たことないなと思って調べてみたら、3度も作られていて、それぞれ設定が違うんですね。

続編や便乗タイトルを合わせたら、もっと多いみたいですし。

本作では、ベトナム戦争からの撤退が宣言された時代、他国に先んじて調査をするため、護衛の部隊を伴い、ある島に向かうことに。

しかし、島に地質調査の名目で爆弾を投下していると、キングコングが出現。次々とヘリを落とし、部隊を壊滅させます。

なんとか生き残ったものの、ヘリはすべて落とされてしまったため、調査隊のメンバーは助けがくるはずの北へ、復讐に燃える護衛部隊のバッカードは部下たちとともに、武器が残っているチャップマンがいる西を目指すことに。

この辺、なんとなく

【JAWS】を連想させる

んですが、軍人であるデッカードはコングへの復讐しか考えておらず、調査隊の責任者ランダは自分の研究欲のため、他人も危険に陥るとわかっていても平気で欺きます。

ランダの何が恐ろしいって、一般的なクズ研究者って自分は危険を犯さず、安全なところで策をめぐらすものですが、自分もろともなので周りに疑われないんですよね。

結局、やっぱりほぼ一般人が解決の道をたどっていくという定番な展開に。

予告編では、【ジュラシックパーク】を彷彿とさせる巨大生物や、危険生物に襲われまくる印象を受けますが、実際はそこまで終始襲われるという印象ではありませんでした。

それなりに襲われるので、期待外れということもないですが。

というのも、途中で出会う島民たちにとってはコングは守り神で、天敵である別の怪物を除けば、戦意がない限り、襲ってこないんですよね。

他の生物も巨大なだけで基本的には普通の生物なので、捕食のためか、なわばりに入ったために襲ってるだけなんでしょうね。

例外がコングの天敵の怪物で、そいつだけは殺すためだけに襲ってくる感じです。

結局のところ、コングと天敵の怪物に、人間が勝手にちょっかいかけて、勝手にやられるだけのストーリー。

天敵の怪物は、【エヴァンゲリオン】に出てきそうなデザインで、スカル・クローラーという名前なんですが、正直、タイトルも【キングコング VS スカル・クローラー】でもよかったんじゃないかと思います。

ちなみに2020年にはゴジラとの対決が予定されています。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(怪獣に追いかけまわされる作品を期待しなければ、わかりやすいし、面白いと思います。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

【口裂け女 vs メリーさん】

「あたしメリーさん。今、近くにいるの…」

口裂け女とメリーさん、二人の化け物に命を狙われてしまった姉と弟の戦慄の結末はーー!?

・・・コ・・・コ・ワ・ス・ギ・ル!!!

5年前から続く怪事件。それは決まって5月10日、男性の変死体が発見されるというもの。共通点は一つ、被害者は電話に怯えていたという事。

巷ではメリーさんの呪いと噂が飛び交う中、ルポライターの井ノ岡亜紀はそんな噂を信じない現実主義者だった----弟・哲平がメリーさんに狙われるまでは。

刻一刻と近づいていくメリーさんから逃げ続ける亜紀と哲平だったが、そこに今度はなんと口裂け女が現れ、亜紀は命を狙われてしまう----。

理由も分からず二人の化け物に狙われてしまった亜紀たちは逃げ場を失ってしまう。絶望する中、亜紀は自分の為、そして唯一の家族である哲平の為に命をかけて呪いを解く事を決意するのだった。

霊能力者・坂本郡司の力を借り、呪いの根源である廃墟にたどり着いた亜紀は、そこで衝撃の事実を目の当たりにする----それは、過去に起きた、ある悲惨な事件の真相だった…

公式より。

【口裂け女 vs カシマさん】に続く【口裂け女 vs】シリーズ。とは言っても、前作とは一切関係ありません。

ルポライターの亜紀を演じているのは、元AKBで、いまではYouTuberの高城亜樹。オリジナル脚本だし、どうせ同じアキなら漢字も一緒にすればいいのに。

その亜紀が口裂け女の話を霊能力者の坂本に取材するんですが、一笑に付されます。

ネタにならないと考えた亜紀はネタ元に逆ギレ。ネタ元の女性も亜紀に恨み節。

しかし、弟がメリーさんに狙われたことで状況が一変するという流れ。

【口裂け女 vs カシマさん】の一晩中走って逃げてるだけに比べれば、ところどころ襲われたり、真相追求の流れがあるだけマシですかね。

ただ、真相があんまりにもチープで、こんな原因で口裂け女とメリーさんが誕生して、人が殺されていくっていうのは悲しくなってきます。

まあ、

世の中の怨みなんて、こんなもの

なんでしょうけどね。

とりあえず、設定は面白いけど、ストーリーはつまらないという残念な作品。

ただ、好みにもよるんでしょうけど、生前の口裂け女とメリーさんの方が元AKBというトップアイドルよりもキレイなので、そちらの事実の方が面白かったです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(多少みどころと言っていいシーンはあるので、そこまで悪くはないんじゃないかと。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


口裂け女 vs メリーさん [DVD]

【口裂け女 vs カシマさん】

ある、放課後--。一人の女子高生が死に物狂いで走っている。肩で息をし、目は血走り、何かに追われているようだ。

女子高生、物陰に隠れ、地面を這う何かを確認すると、そこにはその姿はない。

よかった。逃げ切った--。

そう思った瞬間、彼女の背後に、マスクの女が立っている--。

「私、キレイ?」

彼女を追うものは、一つではなかったのだ。彼女は二つの何かに追われ、必死に逃げていたのだ。

そのマスクの女、マスクを取らんとする--。そこに、地面を這う何か。追い詰められ、絶体絶命。

スマホ画面に“通り魔事件”の文字が躍る。

文字を見つめるのは、稲村八重子(18)だ。彼女は、通り魔事件で死んだ青木美絵(18)の親友だった。後輩の川辺ののか(17)と同じく後輩の中村愛(17)は仲の良い四人組、同じ陸上部に所属し、インターハイに出るライバル的な存在だった…。

「なぜ美絵は死ななきゃいけなかったの?犯人は誰…?」

そんな思いに突き動かされるように、八重子たちは、犯人探しを始める。

公式より。

公式のあらすじなわけですが、このあらすじはどの作品から持ってきたんだろうというくらい違います。

実際は未練を残したまま、それぞれ新しく恋人を作って別れた稲村八重子と大森省吾。

合鍵の受け渡しをしているところに、省吾の彼女が口裂け女に襲われて、助けを求める電話の最中に殺されてしまう。

彼女からの電話が不審に切れいるのに、のんきに話を続けていると、今度は八重子の彼氏から電話。

様子のおかしさから待ち合わせ場所に行くと、八重子の彼氏が化け物に襲われます。

そこからはただ走って逃げるだけ。もう一度書きます。

ただ走って逃げるだけ

です。その時点では昼なんですが、夜になっても走っていて、最終的には朝まで続きます。

昼の時点で交番か駅に向かっていたはずなのに、夜になっても駅に着かず、人にもほとんど会いません。

この町、どれだけ広くて、どれだけ人いないんだってレベルです。もしかして、閉鎖空間にいるパターンなのかと疑ってしまいました。

一応、イベントのようなことも起こりますが、特に必要な感じではないし。

オムニバスの1話か、30分ドラマで収まる内容。オチも意味不明だし。

ただ、BGMでの盛り上げ方や、口裂け女とカシマさんのメイク、カット割りは良かったので、映像製作を学んでいる学生には勉強になると思います。

よく考えたら、よくこんな作品のあと、【口裂け女 VS メリーさん】を作ろうと思ったな。

オススメ度(10段階)……★★★
(自主製作とか興味ある人なら★5くらいでもいいけど、普通の人には★2が限界。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


口裂け女 vs カシマさん [DVD]

【ドクター・ストレンジ】

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。

彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。

神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

シネマトゥデイより。

個人的には【イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密】よりも、ドラマ【SHERLOCK】のシャーロック・ホームズのイメージが強いベネディクト・カンバーバッチ主演。

さすがに【ホビット】のスマウグや、アニメ【シンプソンズ】で【ハリー・ポッター】のスネイプの人という人はいないでしょうけど。

【マーベル・シネマティック・ユニバース】のシリーズ作品でもあり、後々は【アベンジャーズ】等の作品にも絡んでいく予定です。

実際、作品中でもドクター・ストレンジが加わった組織は、アベンジャーズが物理的な脅威に対抗しているように、魔術的な脅威に対抗するために存在することを告げるシーンがありました。

元々、天才脳外科医であったストレンジは、交通事故で精密な動きが出来なくなった両手を元に戻すため、カマー・タージを訪れます。

医者であったストレンジは、当初カマー・タージの主エンシェント・ワンの魔術を手品や催眠術のようなものだと信じなかったんですが、実体験させられ、信じるように。

その後は才能を開花させ、驚くべきスピードで魔術を習得。兄弟子のモルドや、蔵書室の司書であるウォンの想像を超えるほどな様子。

そんなある日、エンシェント・ワンの元弟子でありながら、不老不死を求めて、『ダーク・ディメンション』の支配者ドルマムゥの手先となったカエシリウスの襲撃に巻き込まれるストレンジ。

禁忌の魔術の正体や、カエシリウスの目的、エンシェント・ワンの秘密等が明らかになっていき、ストレンジは最後の戦いにという流れ。

多分、賛否両論あると思うんですが、ストレンジは元医者であり、根本に人を救いたいという思いがあるので、敵を殺さないというのが面白い。

当然、ラストバトルにしても、正直予想の斜め上の展開になるので、ここは本当に好みがわかれると思います。

個人的には面白いと思ったんですが、観終わった感想は、

これってカンフー映画を魔術に置き換えたらこうなった

的な印象でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(カンバーバッチって、ピアース・ブロスナンに雰囲気が似てる気がしてきた。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめアクション映画
おすすめファンタジー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ドクター・ストレンジ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]