【ゾンビ・オブ・ザ・デッド 感染病棟】

Pocket

秘密の実験が行なわれている医療施設。一度、脳死した人間を蘇生させるというものだ。

しかし、この実験は失敗を繰り返し、施設の地下にはゾンビとなった人々で溢れていた。
この研究にはげむ博士は、施設内に妻と娘と暮らしていた。

しかし、妻はこの実験をうけており、ゾンビとなっていた。娘は博士の助手ピーターと婚約しており、
妊娠していた。日々増えてしまうゾンビに頭を悩ませる博士。

妻たちゾンビはある日、反乱をおこし、博士を殺してしまった。

施設の地下から次々に現れるゾンビたち。施設内でピーターと娘はゾンビたちとの激しい闘いを余儀なくされた。

公式より。

JVDのホラーとしては、かなりまともなレベル。吹き替えで観なければ、それなりな気がします。

ただ、あくまでゾンビ映画としてそれなりなので、どっちかというと、

怖いというよりグロい

だけなので注意。

ゾンビの方も普通の生きる屍ではなく、意識を持っているんですが、凶暴性を増していて、温厚だった博士の妻も鬼嫁になってます。

殺されたばかりの死体を持っていっても、新鮮じゃないから臭いとか言って突っぱねたり、完全にカカア天下。

また、普通の手術は下手らしく、手術に失敗した娘や父親もゾンビにしちゃいます。

この手術に失敗した娘は結構メインになっていき、ところどころでストーカー的に覗いていたり、凄い運動能力を発揮するように。

そんな後先考えない博士なので、病院のスタッフたちもどんどんゾンビ化させちゃってます。

建物の構造がよくわからないんですが、ゾンビの巣と化しているエリアまであって、ちょこちょこ死体を食料として持っていっている様子。

凶暴性が増している割に案外言う事を聞くのがB級らしいです。

もっとも、これをホラーとして観れるのは字幕まで。DEEP REDレーベルの特長とも言える亜空間な吹き替えにしてしまうと台無しです。

吹き替えで観ると、まったく怖くなくなり、かなり残念なことに。まるで言ってないことを言う上、それがウケ狙いな悪ノリなんですよね。

個人的には亜空間翻訳も嫌いじゃないんですけどね。

ちなみに続きは5でと言っているんですが、リリース順だとこの作品が5作目だったりします。本当にグダグダ。

オススメ度(10段階)……★★★★
(吹き替えにしなければ、これくらいのオススメ度。吹き替えると★)

予告編

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

ゾンビ・オブ・ザ・デッド 感染病棟 [DVD]/ルイス・グラハム,ジョー・ジャラリアン,ゲーブル・ワーマック

¥3,990
Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です