【行方不明】


撮影のため無人島に到着した大学の映画サークルのメンバーたち。その中にはヒロインに迎えられた女優、高田里穂(高田里穂)の姿もあった。携帯電話やインターネットも圏外の島で、2日間の撮影が無事に終了。しかし、やって来るはずの迎えが来ない。数日後、メンバーの一人が無惨な姿で発見され、メンバーは疑心暗鬼になってしまい……。

シネマトゥデイより。

【放送禁止】シリーズの長江俊和が脚本ということで期待をして観たんですが、結論から言うと期待はずれでした。

【仮面ライダーオーズ/OOO】でヒロインを演じた高田里穂が本人役で出ていたり、【仮面ライダーW】の『照井竜/仮面ライダーアクセル』を演じた木ノ本嶺浩を押しているので、特撮っぽい感じなのかと思ったら違うし。

なだぎ武が出ているので、同じ【仮面ライダーW】で共演している木ノ本嶺浩との絡みなのかとも思ったんですけどね。

神崎詩織が【幻星神ジャスティライザー】の『真田ユカ/ライザーカゲリ』の女優で、やっぱり特撮経験者なんですが、実はAV女優の神咲詩織だと思っていて、エロ要員なのかと勘違いしていたことは内緒です。

宮沢なおや、喜多陽子は可愛いはずなのに、映像がモキュメンタリーなせいか、素人っぽい。演技じゃないですよ、外見が。本当にもったいないです。

佐伯大地は嫌なイケメン、川畑和雄はガイドのおっさんということしかいまいち印象に残らなかったので、大変だなあという感じです。

ストーリー展開としては、携帯とか一切通じない無人島で、ガイドに入ってはいけないと言われた神社に入ったためなのか、嵐で迎えが来なくなるという流れ。

しかも、神社に入って以来、ただでさえピリピリしていた撮影隊なんですが、迎えに来る予定からどんどん日が過ぎていくため、食糧もすぐに底を尽きます。

やがてイライラがピークを迎えた頃、ひとり、またひとりと殺されたり、死んだりして、段々とおかしくなっていくんですが、個人的にひっかかることが。

予定より1週間過ぎていて、食事をしている様子がないのにやつれないし、服が綺麗なまま。嵐で海が大荒れなのに。

いくらなんでも不自然です。

途中、よく考えたらおかしいと思う部分があるんですが、最後まで観ると、なるほどと思わされるあたりは【放送禁止】っぽいなと思わされました。

逆にそこをおかしいと思わなかった人にはラストの意味がわからないかもしれません。

作品中、一番驚いたのは津田寛治の役どころですけどね。名前があるのに出てこなかったなあとか思って、ふと思い当たる節が。

まさか、あれって津田寛治? って思うような役で登場しています。

オススメ度(10段階)……★★★
(佐藤良洋がクレジットされているのに出演シーンがわからない)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》


行方不明 [DVD]

3件のコメント

  1. トム より:

    不勉強につき、ラストの意味が全くわかりませんでした。最後までカメラを回していたのは誰だったのでしょうか?また、砂浜で終わるエンドカット、二回あるエンドクレジットも理解できませんでした。ご教示頂けると幸いです。

    1. enta_mattari より:

      ネタバレを推奨していないので、完全な形で書くのは控えますが、大筋としては入るなと言われた場所に入ったことで最後に出てくるアレに襲われてしまうという話です。カメラは複数台あるようなのと、映画としての視点の区別がないので不明です。
      襲われるシーンという意味なら、逃げていた人たちが落としたものが録画中なだけではないかと。

      ただ、大筋とは別に、ある人物がそうなるように誘導していた節があり、それが砂浜の映像で提示されています。

      クレジットが2回あるのは、劇中劇となる撮影のテープのエンドクレジットと、映画としてのエンドクレジットという意味だと思います。

  2. トム より:

    詳細なリプありがとうございます。教えて頂いたポイントに注目して再見してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です