【闇動画16】

Pocket

『魔窟 神出鬼没』

かつては老人ホームだったとおぼしき廃墟を訪れた男女3名はそこで奇妙な老婆と遭遇する。

痴呆状態にあると思われたその老婆は彼らを尾行してくると信じがたい行動にでる!

公式より。

使われなくなった老人ホームに勝手に入る3人。

ひとりはイキリくん、もうひとりはマジメくん、もうひとりはイキリくんの彼女らしい女性。

イキリくんが先導して廃墟と化した施設内を回っていると、なぜか老婆が。

どう見ても気味が悪い老婆なんですが、日中で明るいこともあり、ただの痴呆老人という印象だったため、探索の後で通報することに。

しばらくはほとんど動かないんですが、イキリくんがお菓子を食べ始めると、近づいてきてお菓子を奪います。

気味が悪過ぎて、老婆を置いて探索を再開する3人。どうやら増築を繰り返した建物らしく、迷い始めます。

さらに女性が人糞らしいものを踏んだり、突然老婆にイキリくんが肩を噛まれたりと散々な目にあい、迷いながらもなんとか外に出ることに成功。

しかし、車に戻ると

車が人糞らしいものまみれ

になっています。

どう考えてもひとり分とは思えない量ですが、女性が踏んだ人糞も老婆の仕業だと思っているイキリくんは老婆を殺そうと廃墟へと戻っていきます。

遅れて責任を擦りつけ合ってるマジメくんと女性が追いかけていくと……という展開。

登場の段階で気持ちが悪いので、霊か何かだろうと、実際の人間だろうと、どちらにしろ怖いです。

もっとも、それ以上にイキリくんとその彼女にイラっとする印象の方が強かった気がします。

『狩人』

隠しカメラを身につけた女性が恋人のアパートを誕生日と転職を祝うためにサプライズで訪れるが恋人は不在だった。

そして彼女は部屋の中で信じがたいものを発見してしまう…。

公式より。

恋人の誕生日を祝うため、サプライズで訪れる彼女。

不在だったため、合鍵で中に入って待っていると不審な物音がして、そこには浴槽に拘束された女がいました。

女は声帯が切られているのか喋ることが出来ず、彼女がスマホの画面で恋人の男性にやられたのかを確認すると、怯えながらうなずきます。

彼女が混乱していると恋人の男性が帰宅。彼女が部屋の中にいることに驚いたものの、意外と冷静。

ただ、彼女の反応から浴槽を見られたことには気づいているらしく、彼女が電話をかけに外へ出ようとするのをかたくなに防ぎます。

その後、彼女に男性が事情を説明するという展開なんですが、聞いても意味がわかりません。

実際、彼女も意味がわからないため、余計に混乱してしまいます。

多分、展開は予想の範囲内だと思うんですが、結局どういうこと? ってなりそうな話でした。

もし、恋人がこの男性みたいなことを言い出したら、事実でも別れるしかありませんしね。

『顔顔顔』

様々な怨霊が集まるという噂のトンネルを訪れた男女4名。1人ずつ肝試しをすることになり、女性の1人が奇妙な人物を見かけて声をかけるが…。

それが悪夢のような惨劇の始まりだった!

公式より。

心霊スポットのトンネル行って、罰ゲームで女の子がひとり徒歩でトンネルに入ったら女の人が。

実は一度トンネルを抜けた際にも男性が人影を見ていたんですが、みんな信じてくれません。

実際、同じ外見の女性が立っていたわけですが、声をかけても反応なし。

正直、こういう状況で声をかけるだけでもすごいと思うんですが、なんと女の子はおそるおそる近寄っていきます。

そして、衝撃的な出来事があり、待っていた3人がやってきます。

落ちているカメラを拾い、女の子を探すんですが、まるで見当たりません。

ただ、男性ふたりは認めませんが、血痕のようなものを見つけ、会話をしていると3人のものではない声が聞こえます。

そして、いつの間にかいなくなったはずの女の子が立っていて……という展開。

若者たちの会話が意外とあるあるな内容だったりするので、畳みかけるように非日常な空間に放り込まれる流れが面白い。

映像的にはチープに感じるかもしれませんが、一時期のCG感たっぷりな映像よりは、あえてこのくらいの映像の方が怖いような気がします。

全体的には勢い任せで荒い展開な印象もありますが、少しずつ以前の怖さを取り戻しているという印象を受けます。

今後に期待したいところです。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(霊的な怖い映像がほとんどない『魔窟 神出鬼没』が一番怖かった。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


闇動画16 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です