【闇動画12】

Pocket

何故か、今回たったの3本です。小ネタがなく、それぞれが割と長いです。

でも、もしかしたら、メインビジュアルがセミヌードの女性なので、製作費がそっちに回ったのかもしれませんなんて冗談を言っておきます。

『いすのおじさん』

某テレビ局に送られて来たという謎の映像。

そこには若い男性3人が廃墟を探検する様子が記録されていた。

しかし次々に怪現象が起こり、彼らの目の前に不可解な人物が現れる…。

公式より。

テレビ局に送られてきた投稿動画で若い男性3人が廃墟の中を撮影しているというもの。

口調の感じだと先輩ふたりと、撮影している後輩ひとりみたいです。

うろうろと探索していると、謎のドンドンと叩きつけるような、飛び跳ねているような音がし始めます。

上のフロアから音がしたため、下のフロアをチェックした後、上のフロアへ行く3人。

しかし、上のフロアに行っても誰もおらず、逆に誰もいなかったはずの下のフロアから音がし始めます。

途中、撮影をしていたひとりが黒い椅子のようなものが見えたのに、なくなるということがあったんですが、その椅子が出没。その真上には首吊り用のロープが設置されています。

先輩っぽいふたりは、撮影している若者が友人に頼んで仕込んだと思い、責め立てるんですが、撮影者も他のふたりが仕込んだと思っている様子。

変な空気の中、ジャンケンに負けた者が、黒い椅子というか、座る部分に大量の髪の毛のようなものが乗っているような椅子に触ることに。

結局、ジャンケンをしなかった若者が不戦敗になるんですが、何故か首を吊ろうとします。

慌てて助け、外に出ようとすると、階段の下に変な仮面をつけた黒装束の男が。どこからどう見ても不審人物です。

階段を降りないと外に出れないにも関わらず、パニックになって逃げ回るものの、何故か前に仮面の男が現われます。

気づいたら、首を吊ろうとした若者を置いてけぼりにしていて、探しに行くと変わり果てた姿に。

その後、残ったふたりも襲われて終了なんですが、そうすると、動画は誰がと思うわけです。

で、インタビューを受けていたテレビ局のスタッフのおばさんが、投稿映像と一緒にメモが入っていて、気づいたらメモはなくなっていたことを話し出します。

メモに衝撃の言葉が書いてあったのかなと思って見ていると、「なんて書いてあったと思います?」なんていう

年齢聞いてるのに、「いくつだと思う?」なんて質問で返してくる合コンのいかず後家

のようなことを言い出します。オチなのでわからなくもないですが、正直言って、そういうのいらないです。

『黒い人』

医学系の大学院生から提供してもらった映像。

交通事故で重傷を負った男性患者が治療の一環として撮影したものであるという。

彼が事故時に経験したという信じがたい事実とはいったい?

公式より。

松本人志を若くした感じの男性が治療の一環でとっているビデオ日記。

はじめのうちは短い内容とはいえ、比較的まともです。というか、男性自体は基本的に根が真面目で、まともな人間のようです。

しかし、事故の際に不可解なものを見ていて、それに異常に怯えていて、何度も夢に見ているらしい。

それがタイトルの『黒い人』絡みなんですが、特に夢に見る以外は実害がない様子。

そんなわけで治療は順調に進み、ひきこもり生活だった彼もカーテンを開けられるまでになった矢先、悲劇がという展開。

ほとんどが当事者の男性のアップなので、【ブレア・ウィッチ・プロジェクト】のような印象を受けるかも。

明らかにおかしなものが映っているのに、治療は順調としか言わない馬鹿な大学院生が、「映ってたやつってなんだと思います」って聞きながら、ゆっくりカメラ目線になるのが『いすのおじさん』のテレビ局のスタッフのおばさん同様イラッとします。

『事故物件』

某テレビ番組制作会社は事故物件の取材をすることになり、AD2人が下見として宿泊してみることになる。

しかしそこは決して足を踏み入れてはいけない禁忌の場所だった!

公式より。

3本の中では一番面白いと思った反面、意味がわからない部分も多い話。

事故物件へタレントをいかせるという企画の前にADを泊まらせてみるということになり、ふたりの女性が泊まることに。

買い物に行ったら部屋の真下の道路で男性が花を供えて拝んでいたり、窓に白い手がついていたり、何もないところから音がしたりと色々てんこ盛り。

ただ、個人的には押入から音がするから開けるという場合は、音がしている状態で開けて欲しいと思います。

音がやんでから開けてみて、何もいないって言われても、そうだねとしかなりません。

とにかくこの話は謎が多過ぎて、どこの部分を書けばいいのかも説明しづらく、書いてしまうと面白さ半減というネタバレにもなりかねないんですよね。

かと言って書かないと、自分もそこは結局どういうことなのかわからなかったということが伝えられないというもどかしさ。

結局、どんな事故物件かもわからず、起こっていた現象のオチもわからず、襲ってきたものの正体も一切不明。

おかしいなとは思っていても、大して気にはしていなかったことがクライマックスでパニックになる引き金になるという展開は、個人的にはちょっと熱いと思いました。

他にも進行中には普通に受け止めていたことが、終わってからおかしいと判明したりと本当に面白い。

ADのひとりが窓際でカワサキという女性と話していたのを見たのに、本人は知らないと言うし、カワサキも来ていないという話の流れで喧嘩になるんですが、未来予知なのかと思ったら違ってたのがちょっと意外でした。

てっきり来るはずの人物が来ず、代わりにカワサキが来て、その光景になって……ということかと思ったんですけどね。そうでないと、部屋に来ていないカワサキが携帯に映るとは思えなかったので。

基本的に単発ものの【闇動画】なので続編はないんでしょうが、追跡調査みたいな展開が見てみたいです。

収録本数が3本になったものの、それぞれが長くなったことで面白くなっていると思います。

小ネタみたいに出オチで当たりはずれがあるよりも、じっくり怖さを増している分、クライマックスで気持ちが高まる感じがたまりません。

ただ、投稿者にあたる人物が軽くイラッとするのはなんなんでしょうね。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★★
(投稿動画系としては結構楽しいし、無駄にグロくないのがいいです。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


闇動画12 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です