【クライモリ】

Pocket

ウエストヴァージニアの森林地帯。医学生のクリスは急ぐ余り、渋滞を避けた旧道で若者たちの車と事故を起こしてしまう。

クリスとキャンプに来ていた5人の若者の車は走れなくなっており、他に車が通る様子もない。携帯も通じないため、若者の2人を残して、公衆電話まで歩くことにした。

クリスたち4人は暗い森の中、一見のあばら屋にたどり着く。その頃、見張りのために残ったふたりには、残虐な殺人鬼たちが迫っていた。

え~と、冒頭で別の殺人シーンがあり、その殺人鬼の正体と思うようなニュースが流れます。そのため、ネタバレもへったくれもないのですが、殺人鬼の正体は近親交配を繰り返した結果、異常性を持った奇形の人間です。

もう初めからそれが判明しているため、あとは

どういうシチュエーションで殺されていくのか

以外、展開のしようがありません。

ただ、近親交配での異常性にしては、ほぼ不死身のようなタフさを持っているのと、何故か社会的なのが解せません。

殺人鬼たちは、食人族でもあり、人間を殺しては食料にするんですが、とてもじゃないけど、社会に入れる感じではありません。にも関わらず、車は普通に運転するし、罠や武器の扱いに妙に長けています。本当にどこで習ったものなのやら。むしろ、知能は高いように思えます。

殺人描写に関しては、あまり恐怖感は感じませんでした。確かに大量の内臓や血液が出てくるので、気持ち悪さや残酷さは伝わってくるのですが、、いまいち恐怖として変換されない。カップルがたくさん映ったら、ラブストーリーかと言ったら違うような印象ですね。

ただ、殺人鬼たちは一家(もしくは一族)なんですが、そのうちの痩せた一人の演技だけは精神的に怖いです。映画の中の怖さ以上に、このレベルの精神異常者を役者が演じているという怖さ。演技とはいえ、なかなか出来るものじゃないんじゃないかと。

よくホラー映画で無言の殺人鬼はいますが、あれってまだ一線引いてる気がするんですよ。殺すのも作業している感じで。この映画の彼は、食べるためでもありますが、しょっちゅう奇声を発していて、まるで無邪気に虫を殺す子供のよう。そのため、どうしても感情が入っているように見えます。

基本的に食人一家にどう殺されていくかを観る映画だと思うので、ゴア系が嫌いな方や、食事中は観ない方がいいと思います。

オススメ度(10段階)……★★★
(ゴア系の映画としては充分良い映画ですが、一般向けではないです)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
【クライモリ】シリーズ
おすすめホラー映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


クライモリ デラックス版 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です