【ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館】

Pocket

19世紀末のイギリス。ロンドンで弁護士として働くアーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は、4年前の妻の死を引きずっていた。

そんな彼に、弁護士事務所の上司は田舎町クライシン・ギフォードへの出張を命じる。

課せられた仕事の内容は、同地に建つイールマーシュの館へ赴き、亡くなった家主であるアリス・ドラブロウ夫人の遺書を見つけ出すというものだった。

やがて、アーサーは黒衣をまとった女が周囲の森や窓辺に出現するのを目にするようになり、館の恐ろしい歴史と町の子どもたちが次々と怪死している事実を知る。

シネマトゥデイより。

すっかり【ハリー・ポッター】のイメージがついてしまったと思っていたダニエル・ラドクリフが頑張っているホラー・スリラー。意外にハリーだとは思いませんでしたね。

内容は遺言を屋敷から探してくるように命じられた弁護士が、屋敷のある町に行くと、やけに煙たがられ、帰らせようとされる。

町では子供たちが怪死するという状況が続いており、住民たちは何かが起きていて、原因も想像出来るのに何も出来ないことに苛立っている様子に見えます。

そんな中、遺言を探し始めたアーサーの周りで不可解なことが起こるというストーリー。

確かにゴシックホラーらしく、いかにもな中世っぽい幻想的な映像が続き、ショックシーンもスプラッタではなく、恐怖を感じさせるような映像。

ある意味温故知新。

ただ、寝不足な状態で観てしまうと寝ます。それくらいのんびりした展開なんですが、霊の悲鳴で目が覚めます。というか、映像では驚かないので、ビクッとなるの悲鳴くらいなもの。

その辺を含めてゴシックホラーと思うべきなのかもしれませんね。

それにしても、ネットの掲示板とかで【リング】を引き合いに出す人がやけに多いんですが、どう考えても内容的には【呪怨】のビデオ版、もしくは劇場版1作目に近いです。

女性の怨念が呪いを産むというところで連想するのかもしれませんが、それなりの人数が【リング】に近いと思った理由がよくわからないので、かえって気になります。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(オチの意味がわかりづらいのが難点)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画リンク集
おすすめ推理映画リンク集
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [Blu-ray]

2件のコメント

  1. ダニエル君とは思えないような顔になりましたねえ~。寝るおそれがあるんですか・・・私確実に寝るだろうな。最近展開のゆっくりしたものを観ると寝てしまうんです(汗)気にはなっていた作品なので借りてみます。

    1. 完全におっさんでした。まあ、ハリーも完結編あたりではおっさん顔増えてましたが。
      ぶっちゃけると、何度も寝てしまい、霊の悲鳴で目が覚めての繰り返しでした。
      結局、2度観る羽目に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です