【富江 replay】


ある夜、とある病院にお腹を異常に膨らませた少女が救急患者として担ぎ込まれてくる。やがて腹は大きく裂け、そこから女の頭部が現われ、“私は富江”とつぶやく……。それ以降、手術に立ち会った院長や看護婦たちに次々と異常なことが起こる……。

allcinema ONLINEより。

前作の【富江】が『富江』の特性を描いていたのに対し、本作では

『富江』の悲しい部分を
描いています。

とはいえ、続編ではなく、別解釈バージョン。【富江】を観ていなくても問題なく観れると思います。

『富江』再生シーン等ちょっとグロいシーンもありますが、比較的万人向けに作られていて、【富江】より怖いかもしれません。

ただ、【呪怨2】を観た後に観ると、物足りなく感じるかもしれないので、出来れば【呪怨】シリーズとは続けて観ない方が楽しめるでしょう。

出演者も一掃され、富江も菅野美穂から宝生舞に。正直違和感アリアリです。美人ではあるんでしょうが、原作の富江とはベクトルが違い過ぎる気がします。

山口紗弥加や窪塚洋介の演技が初々しいのが時代を感じさせますが、遠藤憲一は全然変わってません。

オチがいまいちベタ過ぎるのが万人向けの限界なんでしょうが、それを含めても原作ファンでなければ、邦画ホラーにしては良質な作品でした。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(コアなホラーファンだと物足りないと思います)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です