【富江】

Pocket

3年前の事故で記憶障害と不眠症を患い、精神科に通う少女・泉沢月子。神科医の細野は、彼女の記憶を催眠療法で探り、“トミエ”という名前を聞き出す。しかし月子にはその名前が誰なのか思い出せない。そして、月子の生活に突如として奇怪で恐ろしい出来事が起こりはじめる。そんなある日、警視庁の刑事が細野を訪てくる。彼は川上富江という女性について調べていた……。

allcinema ONLINEより。

伊藤潤二の同名コミックが原作。ぶっちゃけ、

コミックの方が気持ち悪い

というか、怖い。気持ち悪いとは言っても、グロいという意味でもない。

純粋に不快というか、不安にさせる絵柄で、読み始めは普通に思えるんですが、よく考えると結構言動がおかしい人物が多い。

それなのに許容範囲な気がしていた自分に気付く。そんな不思議な作品なので、映像化するとチープになると思ってました。

女優業に行き詰まり、ヌード写真集『NUDITY』とか出してゴタゴタしていた菅野美穂が『富江』を怪演。同じ年に【催眠】にも出てましたが、少し前の【イグアナの少女】のイメージもあり、当時はホラー女優のようなイメージがありました。

テレビドラマ【ギルティ 悪魔と契約した女】の演技に驚いた人が多かったですが、昔はこんな役が多かったんですよね。

他にも田口トモロヲや温水洋一とか出ているんですが、この【富江】シリーズ。実は実力派が出ていて、邦画のホラーとしてはかなり良い出来だと思います。

登場人物たちの理解不能な行動は、原作自体がそういう設定なので、しょうがない部分でしょう。

多分、観ていて思う最大の疑問は、なぜ男たちが『富江』に心を奪われるのかだと思いますが、単純にフェロモンに吸い寄せられる昆虫のように思うしかありません。

これは作品を重ねるごとに強く現われる傾向なので、そこを割り切れないと、ただのシュールな作品に感じるかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★★
(怖さが足りないと思ったら、原作コミックをオススメします)

blogram投票ボタンにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←頑張る度合いが上がります

《関連リンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です