【死霊館のシスター】

Pocket


死霊館のシスター ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

1952年、ルーマニアの修道院で一人のシスターが不審な死を遂げる。

教会は、この事件の調査のためにバーク神父(デミアン・ビチル)と見習いシスターのアイリーン(タイッサ・ファーミガ)を修道院に派遣する。

二人は調査を進めていくうちに、修道院の恐るべき秘密にたどり着く。

シネマトゥデイより。

【死霊館】サーガのスピンオフで、【死霊館 エンフィールド事件】の前日譚にあたり、悪魔の尼僧『ヴァラク』について描かれています。

【死霊館】サーガの始まりを描いたと言われてますが、このシリーズ、どんどん遡っていくので、初期と言った方がいいのかもしれません。

実際、時系列的には【アナベル 死霊人形の誕生】で人形が作られる方が古いようですし。

修道院で起きた変死事件の調査に訪れた神父と、同行を命じられたシスター見習いが現地を訪れるんですが、明らかに様子がおかしい環境。

配達のために訪れるフレンチ以外は修道院と接点がなく、フレンチが配達に来なければ入口に吊り下げられていたシスターの変死体も見つからなかったかもしれないくらい。

一見、墓地に見える周囲に立てられている十字架も、まるで修道院を封じているかのように見え、違和感だらけ。

フレンチと別れたバークとアイリーンは、それぞれで修道院を調べることになるんですが、その土地にまつわる真実を知ることになるという展開。

修道院とはいえ、シスターになってすらいない

見習いをひとりで様子がおかしく、自分の目の届かない場所を調べさせる神父

の人でなし振りがすごい。

そんなことをしているので、自分も酷い目にあうんだと思います。

とはいえ、痛さを売りにした作品ではなく、今回はアナベルの話ではないので、さほどビックリ系の演出もなし。

どちらかというと、ゴシック系のオカルトホラー色が強い作品に仕上がっています。

いままでの【死霊館】サーガとも雰囲気が違うため、一連のシリーズが好みの人には合わないかもしれません。

逆に昨今主流のスプラッターや、ビックリ演出が好きではないけど、ゴシックホラーが好きという人にはおすすめ。

グロ表現がまったくないわけではないので、注意が必要ですが。

オススメ度(10段階)……★★★★★★★
(【ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館】とか好きならおすすめだけど、好みが本当に分かれる作品)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


死霊館のシスター ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください