【ゴースト・ハウス2】

Pocket

米ノース・ダコタ州のしがない農家、ジョン・ロリンズのとうもろこし畑は、度重なる干ばつやカラスの被害で不作続き。

借金は膨らむ一方で、一家は窮地に立たされていた。ある日、引っ越してきた隣人の薦めで、納屋に眠っていたスケアクロウを畑に立てたジョン。

好方に向かうかに見えた彼の運気だったが、一方で周囲の人間が次々と謎の死を遂げる。

その嫌疑が自分に掛かる中、次第にジョンはスケアクロウの呪いが原因ではないかと信じ始める…。

公式より。

ゾンビドラマの【ウォーキング・デッド】の人気登場人物ダリルを演じているノーマン・リーダス主演、サム・ライミ製作総指揮のホラー。

タイトルは【ゴースト・ハウス2】となっていますが、

屋敷系ホラーではなく、殺人案山子もの

です。

そして、前作【ゴースト・ハウス】のビギニングものという予告になっていますが、なんとなくかすってる程度。

ストーリーが変わっているので気づいていない人たちも多いようですが、本作の主人公は前作の元凶ジョン。

家族もちゃんと、メアリー、リンジー、マイケルになっています。

家族構成とエピソードだけ使ったifストーリーのような展開ですが、【ゴースト・ハウス】を観ていれば、この一家がどうなるかわかります。

そんなわけで一応のビギニングものなんですが、前作より過去の話なので、屋敷に幽霊は出てこず、出てくるのは案山子。

カラスのせいで作物が育たず、仕入れ先の店にもツケを断られたジョン。

納屋で見つけた案山子を立てたら、カラスは大量死、作物が1日で育つという超常的な状況に。

それでもメアリーは喜び、ジョンも不審がりながらも受け入れちゃいます。

これでうまくいくかと思ったら、ジョンに不都合な人たちが死に、その持ち物をジョンが畑で拾っていたことで疑われたり、浮気を疑われたり、アルコール中毒のカウンセリングの予約を忘れて夫婦の危機になったりします。

隣人は隣人で不審な上に、隣人の奥さんはすぐオッパイ出したり、ビッチ化するので隣人づきあいが面倒臭そう。

前作は忍び寄る狂気的な展開でしたが、今回はエロ有の典型的なB級物理的恐怖といった内容なので、ホラー全般が好きでないと、両方は楽しめないかも。

未消化の部分もあり、本作のラストから前作の状況につながることに納得いかない人もいるでしょうし。

同じ案山子モンスターものと考えたら、【案山子男】の方がオススメしやすい。

全般的に、なんかどこかで見たものの劣化版という印象はぬぐえませんでした。

オススメ度(10段階)……★★★★
(B級ホラー好きと、ノーマン好きにはオススメできるかな)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング

《関連リンク》
おすすめホラー映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


ゴースト・ハウス 2 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です