【サスペリア(2018)】

Pocket


サスペリア [DVD]

1977年、アメリカからベルリンの世界的舞踊団への入団を目指すスージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)は、オーディションでカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の目に留まり、次回公演の大役に抜てきされるが、スージーの周囲では、ダンサーたちが次々と行方知れずになる。

患者であるダンサーたちを捜す心理療法士のクレンペラー博士(ルッツ・エバースドルフ)は、舞踊団の暗部に迫っていく。

シネマトゥデイより。

70年代のダリオ・アルジェントのオカルトサスペンスのリブート。

のはずなんですが、オリジナル版と比べて、こんなだったかなあという印象。

オリジナルはもっと原色というか、ビビットな色彩で、リアルというよりファンタジーな印象なんですよね。

ただ、実際見たのはもう20年くらいは前なので、思い出補正みたいなものかもしれません。

とりあえず、ゴシックホラーにありがちな青みがかった雰囲気になってました。

また、バレエからコンテンポラリーダンスに変わっているのも、時代の流れなんでしょうね。

結構、バレエではなく、もはや暗黒舞踊と言いたくなるコンテンポラリーダンスになっていることが異質さをかもしだしていていい感じです。

多分、いまの時代にバレエで描いても厳しいとしか感じず、この作品の異質さは感じなかったんじゃないかと。

しかも、状況設定が大戦後のベルリンで、ドイツにおけるナチスの立ち位置等がわからないと、魔女の扱いがピンとこない気がします。

現実問題として、下調べなしに見ても、

初見じゃよくわからないまま、突然クライマックスの激しいシーンになる

ので、見落としたのか不安になるレベル。

本当に静かに静かに物事が進み、突然最後でドーンって始まるから困る。

この作品のみどころは、そのクライマックスのサバトシーンなので、意味がわからないとなんでそんなことになったのかわからないと思います。

よく言えば、静と動とも言えますが、静の部分が溜めではないので、疑問符がつくパターンですね。

とはいえ、魔女を題材に扱った作品には多い展開なので、魔女系の作品が好きな人たちなら楽しめるかも。

あえて補足しますが、魔法少女でなく、西洋系の魔女ですからね。

最終的に3部作となって1作目では謎のまま終わるオリジナルと比べたら、どういうことかわからないとモヤモヤする人にはリブート版の方がいいかも。

オススメ度(10段階)……★★★★★
(かなり好みが分かれる作品。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

《関連リンク》
おすすめホラー映画
おすすめ推理映画
映画|エンタカフェ
エンタカフェ


サスペリア [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください